ハート・ロッカー(2008)

究極の緊迫感にあなたは耐えられるか

映画『ハート・ロッカー』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『ハート・ロッカー』を見るなら動画リンクをチェック。

戦時下のイラク・バグダッドで爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍を描くサスペンス・ドラマ。製作はキャスリン・ビグロー、マーク・ボール、ニコラス・シャルティエ、グレッグ・シャピロ。2004年夏、これまでに870以上の爆発物を解体処理しているジェームズ2等軍曹がEODの新リーダーとして赴任してくる。それはかなり個性の強い人間で、周囲は困惑。しかし、腕は一流だった。部下となったサンボーンとエルドリッジはあと39日でEODの任務から外れる予定だったが、恐れ知らずのジェームズにより、これまで以上の命を削るような危険にさらされることになる。

原題:The Hurt Locker(「ハートロッカー」) / 製作:アメリカ(2008年) / 日本公開:2010年3月6日 / 131分 / 制作:Voltage Pictures / 配給:ブロードメディア・スタジオ / 製作費:1500万ドル / 興行収入:4900万ドル

映画『ハート・ロッカー』予告編

(C)2008 Hurt Locker, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ハート・ロッカー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
人間が積み重ねてきた負の歴史の象徴でもある戦争を痛烈に描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載の映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用するといいです。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも簡単であり、すぐに動画を観たい人は手軽に視聴できる方法です。スマホでもOKですし、大画面で観たいならテレビも最適。DVDと遜色のないハイクオリティな映像をお手軽に鑑賞することができます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。できればコストは削減したいと思うのは、別にお金に厳しい人でなくてもみんなが思うこと。どうせならその前にいろいろな機能を試せるほうが良いに決まっています。「全部が見れない見れない詐欺じゃないか」そんな疑心暗鬼もわからないでもないです。でもフル動画を保障できるので、不確かな情報を鵜呑みにせずに、整備された公式動画サービスだけを信じていましょう。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ハート・ロッカー」の視聴はダメです。恐ろしい体験談をした人は数知れず。例えば、ただ執拗な広告なんて無視すればいいと思っていてもそうはいきません。サイトにアクセスしているだけで裏では正体不明のプログラムが動作し、PCなどの機器に異常な負荷をかけてクラッシュさせてきます。低画質動画なんて使ってもそれで映画を観たことにはならないくらい印象が激減してしまうので、絶対にやめるべきです。

配信しているのはコレ!
旧作ばかりの古臭い顔ぶれではないです。比較的新顔な新作や準新作もありますし、劇場公開されなかった作品も陳列中です。ただし、この難点は避けられない面もあって、それはユーザーの望む作品を扱うサービスの特定作業。どうしてもこれは外せないものになっています。「ハート・ロッカー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはそういう時に真価を発揮します。フルムビバースでは「この作品を取り扱っているVODはこれです」とわかるようにアイコンで表示。しっかり定期的な更新もしているので安心です。同類サイトは山ほどありますが、フルムビバースでは情報更新の勢いがあり、こまめに対応しているので密度が違います。まずは少しだけ配信作品の現状が知りたいなという人もいるはずですが、それであれば公式サイト内のタイトル検索でわかります。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。ご存知のようにDVDやBlu-ray Discならば、最初の設定で字幕か吹替かを選択できるのがスタンダード。VODでもしっかりその2種類を用意しているものもあります(作品で異なるので要チェック)。英語字幕アリのものだと、そのままリスニングの練習に使えるという教材感覚で利用も可です。「ハート・ロッカー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、その憂慮している事項は再生機器の使用環境における通信品質が重大でもあります。「ハート・ロッカー」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。ネックになりがちなのは無線LANで、どうしてもパソコンとルーターの間に壁や天井など障害物があるとすぐに電波の届きやすさに影響を発生させてしまいます。いっそのこと、中継機の活用の補助手段を検討するのも良いでしょう。無線チャンネルを変更して改善することもあります。

動画はフルの方がいい
あまり意識が向いていない人もいますが、TVでの映画放映は話題になりがちですが、それはフルではなくカットされていることが多々あります。中にはかなり重要なシーンがバッサリ削除されていることもあるので、映画本来の面白さを体験できません。VODは標準でフル動画を視聴可能。一方で長々としたエンドクレジットを見たくないなら、それを見ずにさっさと次の動画に移ることもできます。「ハート・ロッカー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

高評価作品は観る価値あり
昔はインターネットも発達しておらず映画情報を知る手段も無かったのでトレジャーハントのように映画との出会いを一喜一憂しているのも普通でした。しかし、今ならば高評価の作品を事前に調べることも容易いのです。それによって有効的に1日を無駄にせずに、より多くの作品を見られるのなら、全体を考えればプラスの利点と考えても良いのではないでしょうか。レビューサイトもいいですし、受賞の有無で判断するのも良いです。「ハート・ロッカー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ハート・ロッカー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ハート・ロッカー』をさらに知る

★スタッフ
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
撮影:バリー・アクロイド
音楽:マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース

★キャスト(キャラクター)
ジェレミー・レナー(ウィリアム・ジェームズ二等軍曹)、アンソニー・マッキー(J・T・サンポーン軍曹)、ブライアン・ジェラティ(オーウェン・エルドリッジ技術兵)、ガイ・ピアース(マット・トンプソン軍曹)、レイフ・ファインズ、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー

★『ハート・ロッカー』の評価

IMDbRTMETA
7.697%??
映画comY!FM
3.6???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ハート・ロッカー』の受賞
第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、音響編集賞、音響録音賞を受賞。

★『ハート・ロッカー』の感想

●無料ホームシアター
爆発物処理を専門とする特殊部隊を描くということでリアル寄りの作品なのかと思いましたけど表面上はかなりエンタメ感全開なんですね。そこに驚きました。主人公もかなりヒーロー然として描かれていますし、演じているのがジェレミー・レナーなのでなおさらカッコよさが隠せない。主人公の生に対する執着心が余り描かれていないのも超越した英雄っぽさが増している理由にもなっています。いい具合に戦争の重々しさが緩和され見やすいのではないか。
●シネマトゥデイ 
イラクに駐屯するアメリカ軍の爆弾処理班の主人公が全く恐怖を感じていないように次々と爆弾を処理していく姿を描いた話。他の戦争映画のように銃撃戦を描いていないため、一見地味に感じられますが、爆弾処理の時の緊張感は半端じゃないです。これぞ爆弾ものの面白さ。しかし、見方を変えればこれは戦争の強烈な批判ともとれます。「戦争は麻薬だ」の言葉のとおり、戦場を楽しみ始めたらもう終わり。これは戦争でイカレたヒーローの物語なのです。
●イオンシネマ
常にハラハラします。ハラハラドキドキなんて生易しい言葉では言い表すべきではないですけど。とてつもない緊迫感です。目の前の敵じゃない人の命を助けるために、死線を超えるかどうかのギリギリまでゲームのように近づく、越えればドッカーンという、運試しとしかいいようがない行為。でもそれが彼の仕事なのだ。功績だけ聞けばジェームズは英雄かもしれないが実際は狂気にも似たその心の内が悲しい戦争の残酷さを物語っている。彼も道具なのだ。