第9地区(2009)

衝撃の世界観に批評家困惑、そして絶賛!

映画『第9地区』のフル動画を無料視聴する方法を直球でレコメンドしています! リンクが多すぎて混乱したりはしません。
今すぐ『第9地区』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:District 9(「ディストリクト9」) / アメリカ(2009年) / 日本公開:2010年4月10日 / 111分 / 制作:QED International / 配給:ワーナー・ブラザース、ギャガ / 製作費:3000万ドル / 興行収入:2億1000万ドル

『第9地区』最新予告編

(C)2009 District9 Ltd All Rights Reserved.

動画
▼『第9地区』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2 Huluで動画を見る 解約簡単

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『第9地区』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

それを見ないのは人生損!
独自の設定で観客を驚かせるサプライズ満載のSFはそれだけで魅力があります。そんなユニークなスペクタクル大作を観たいときは動画配信サービスを利用するといいでしょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらも便利ですが、支払いタイミングが異なるなど微妙な違いがあるので、その部分だけでも気をつけましょう。

「無料」を見逃すな!
「有料コンテンツだしお金もいるのは変わらない」いいえ、まずは無料試用で作品動画を見れますのでそれからです。アカウント登録を初めてする際に、無料お試しの適用を受けることができます。この際は自分が初回ユーザーであることを確認させることが必要です(クレジットカードなどで判断)。「フル動画は当然だけどテレビでも見られるのだよね?」「完全な動画視聴を確保できていないのならば興味はない」そのとおりです。よってDVDと変わらない感覚で視聴できます。インターネットだからといってパソコンやスマホの小画面に限定されるわけではないのです。ニール・ブロムカンプ監督の「第9地区」もアリ。

ダメサイトは駆除しよう!
なお、巷に溢れる危険が充満しているイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでシャルト・コプリー出演の「第9地区」の鑑賞はダメです。常にあらゆる手段を悪用してきますが、最近だとビットコインなど仮想通貨で寄付のようにお金の支払いをさりげなく求めてくるものもあり、こういうものはかなりアウトだと見なしていいです。一度その手にのっかると個人情報を引っこ抜かれ、延々と不正利用のリスクに晒され、落ち着かない怖い状態になります。これらアンダーグラウンドなサイトが安全になることはあり得ないので、素直に使用をストップするのが吉です。

いちはやくウォッチ!
映画はインターネットで見るものという習慣はすでに若い人の間では定着以前に常識になり、VODは頻出手段でもあります。百聞は一見に如かずなので試したいのはやまやまなのですが、しかし、その手がピタッと止まってしまう要因になるのがVODのあまりの種類の多さです。選ばないといけません。ジェイソン・コープ出演の「第9地区」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。真っ暗な洞窟を手探りで進むのは大変危険なように、VODの洞穴もなかなかのデンジャラス。そこでこのページでは先を照らす松明のように、明るい光で無料動画への足場を示して、迷わないようにさせてあげます。1日1回の更新とはいきませんが、他サイトよりははるかに頻繁な情報アップデートで、動画へのアクセスを促進しています。無料ホームシアター級のエンターテインメント体験を家にいながら、もしくはハンドサイズに収まっているスマホの中で、ネット上でエキサイトできるチャンスです。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。熱演を披露する役者の演技をダイレクトに満喫するなら迷うことなく字幕でしょうし、そうじゃなく字幕は画面が汚れる感じで嫌だという人ならきっと吹替一択になるはず。一長一短のメリット&デメリットを抱えており、完全な好きな方を選ぶべき話です。VODはダブルタイプ選択可能な作品も収録済みなので、見比べるor聴き比べるのも新しい「第9地区」の面白さの意外なコンタクトにつながるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は焦る気持ちを抑え再生機器の条件を満たす必要が「第9地区」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。ブラウザは負荷がかかると正常な挙動を妨げます。無駄に無数のタブを開かず、無くてもいい拡張機能は思い切って削除しましょう。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

高評価作品は観る価値あり
賞に着目をしたことがないという人もいるでしょう。それはもったいない。映画を何から見ればいいのかという質問があるのならば、真っ先に回答すると「受賞作をとことん見まくれ!」ということです。全部が納得の名作とは限りません。個人の趣味もありますから。でも映画がなぜ評価されているのかを分析してみるのは自分の刺激になるものです。フル動画で映画を観るだけに特化して考えていくだけでは視野は狭いままです。デビッド・ジェームズ出演の「第9地区」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画というのは本当にいろいろな意味があるものでそれらに触れることで新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
バネッサ・ハイウッド出演のショッキング作「第9地区」を無償で視聴する手段や無料鑑賞サイトを探す気持ちは理解できます。「dailymotion」でもいいですし、「BiliBili」「Pandora」「Miomio」などの中華動画大手も存在感があり、「cloudvideo」「clipwatching」「openload」「mixdrop」「vidia」という次から次へと新参が登場する動画サービスもしつこく残っています。しかし、それらはスルーすべきです。仮に紹介されていたら十中八九、それは不正誘導と考えられるでしょう。検索ページだけでも本質は変わりません。どちらにせよそれでは良質動画は見られないのです。

『第9地区』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月22日時点での『第9地区』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『第9地区』をさらに知る

南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年製作の自作短編「Alive in Joburg」を長編として作り直したSFアクションドラマ。『第9地区』の製作総指揮はビル・ブロックとケン・カミンズ。1982年、南アフリカ上空に突如UFOが飛来。それは敵として襲ってきたわけでもないようで、彷徨ったあげくのようだった。政府は不気味な容姿をした異星人を難民として受け入れるが、やがて彼らの特別居住区「第9地区」は法律も何もないスラムと化す。そこは他にはない異様なコミュニティが存在していた。2010年、難民のさらなる人口増加を懸念した超国家機関MNUは難民を「第10地区」に移動させる計画を立てる。

★『第9地区』のスタッフ


監督:ニール・ブロムカンプ
脚本:ニール・ブロムカンプ、テリー・タッチェル
撮影:トレント・オパロック
音楽:クリントン・ショーター

★『第9地区』のキャスト


シャルト・コプリー、ジェイソン・コープ、デビッド・ジェームズ、バネッサ・ハイウッド、マンドラ・ガドゥカ、ジョン・サムナー、ウィリアム・アレン・ヤング、グレッグ・メルヴィル=スミス、ニック・ブレイク、ケネス・ンコースィ

★『第9地区』の評価

IMDbRTMETA
7.990%??
映画comY!FM
3.6???3.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『第9地区』の受賞


第82回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、編集賞、視覚効果賞にノミネート。

★『第9地区』の感想

●『第9地区』FILMAGA  
ニール・フロムカンプの傑作中の傑作。本作があまりにも名作ゆえに、これ以降の作品が霞むほど。それぐらいの衝撃作だ。見ていない人は評判なんて調べている暇があったら、黙って見るべき。宇宙人というと、人間を脅かすイメージを持っている人が多いと思うが、この作品では、宇宙人も人間と対等、もしくはそれより下に扱われている。この設定がとにかくユニークで、映画内で起こるすべての事象に驚愕するばかりとなる。本当に凄い映画だ。
●『第9地区』ユナイテッドシネマ  
差別というテーマを根本に据えて、エキサイトなアクションで肉付けしたとてつもない個性が光る映画になっています。ドキュメンタリーっぽい最初の導入といい、一瞬、本当にこういう世界が現実にあるのかと錯覚します。シャールト・コプリー演じるヴィカスの憎たらしい軽薄さ・身勝手さが、人間でなくなっていくとともに強烈な人間臭さへと転化するのが、巧みな逆転として心に刺さる。エイリアンに感情移入した映画なんて初めてでした。
●『第9地区』DAILYMOTION 
宇宙船からエイリアンがやってきたら侵略される。それは人間の先入観である。そもそもエイリアンの方が強いと誰が決めたのだろうか。そんな疑問を真正面から受け止めて大胆に映像化したのが本作だ。その内容は全く予想がつかない。最終的なオチはネタバレになるのでもちろん伏せるし、絶対に知らない方がいいのだが、単なるジャンル映画にあるような雑なエンディングではない、深みを味わえるので期待してほしい。「第9地区」、恐ろしい。