アバター(2009)

圧倒的な映像体験がそこにある

映画『アバター』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不利益しかないサイトは紹介していません。
今すぐ『アバター』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Avatar / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開:2009年12月23日 / 162分 / 制作:Lightstorm Entertainment / 配給:20世紀フォックス

映画「アバター」予告編

(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『アバター』の無料動画を見る方法

幻想的な世界観を最新のコンピュータ・グラフィックスで再現した映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを上手く用いましょう。レンタル店でDVDを借りるのが一般的だった人でも、ネット配信は試す価値ありです。多くのメリットがあるなかで、とくにダウンロード機能は利便性が高いもののひとつ。通信制限を気にすることなく、視聴も可能です。

ありがたさはここからが本領発揮。初心者を救いだす理想の導きのような無料サービスお試しが完備しているものが多数です。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「十数年前の観飽きた作品ばかりだと魅力はないな…」とテンション低めならば、一気に期待を爆上げしましょう。配信開始した新作もいち早く取り揃え、即視聴できるサービスが期待を高めてくれます。「アバター」もアリ。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アバター」の視聴はダメです。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」と。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので関わらないようにしましょう。被害対策の最善は公式のサービスを利用すること。これ以外の全方向で推薦できる自明な手段はないとキッパリ断言できます。

3か月か半年くらい経てば新作もネット配信されるようなインスタントな時代になってきましたので、行動あるのみです。登録したくなりましたか? 動画を見るぞと思っても一旦ストップです。どのサービスが良いのでしょうか。映画でさえも配信のラインナップは毎日毎週容赦なく変わってます。「アバター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。助けをネットに求めているならばこの今まさにあなたが見ているページこそ最適のヘルプ素材となります。「視聴できるかも」という可能性の高いものをスクエア・アイコンで表示して簡易的な道案内になっています。YouTubeは無料動画ですが、品質の低いものが雑多に混じっています。フルムビバースは不純物なしの優良動画のみをセレクトしています。新作はできれば映画館での鑑賞で爆音上映とか4DXとか最高体験をしたい…そういう要望ならばVODはサポート可能なものもあるので要注目です。

ネット上に転がっている低品質動画では翻訳が自動機械翻訳だったりして非常に粗雑もしくは間違いだらけのものになっています。それでは映画の内容を理解なんてとてもできません。VODは字幕と吹替を選択可能で(作品による)、ユーザーの嗜好に合わせるだけでなく、当然最高クラスのプロによる翻訳を提供しています。字幕では英語を選択できるものもあるので、勉強にも適宜使えます。「アバター」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

「VODを紹介するといってもどうせひとつだけとか、単に宣伝広告で使えるものだけなのでしょ?」という疑念。それは理解できます。確かにそういうサイトは多いです。でもこちらのページではどこよりも網羅的にVODを取り扱っています。その数は10種を超えて、トップクラスの品ぞろえ。そこから配信可能性を吟味して掲載しています。予告映画動画を視聴してから本当に登録してまで観るべきかを熟慮分析するも良し。「ジェームズ・キャメロン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『アバター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アバター』をさらに知る

巨匠ジェームズ・キャメロンが放つ、デジタル3DによるSF超大作。製作総指揮はコリン・ウィルソン。22世紀、地球から遠く離れた惑星パンドラへとやってきた元海兵隊員ジェイクは、その地球ではありえないような風景の広がる環境に圧倒される。そこには先住民ナヴィが独自の文化を築いていた。自らの分身となる“アバター”を操り、先住民ナヴィと交流していくと、その豊かな文化に触れて、感化されていく。しかし、平穏は続かない。やがて鉱物資源を巡って勃発する人類とナヴィとの戦争に巻き込まれていく。

★スタッフ
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ジェームズ・ホーナー

★キャスト
サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーブン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョバンニ・リビシ、ジョエル・デビッド・ムーア

★『アバター』の評価

IMDbRTMETA
7.882%??
映画comY!FM
3.8???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アバター』の受賞
第82回アカデミー賞で撮影賞、美術賞、視覚効果賞を受賞。

★『アバター』の感想

●映画無料夢心地
構築された世界観が素晴らしい。それも当然でこのCGでゼロから生み出されたワールドを観客にいかに体験させるかに全力投入されているのだから。コンピュータ・グラフィックスの技術レベルはどうしても時代によって違うため、古い年代の作品は粗が気になるようになる。とにかくCGは進歩が激しいのでなおさらだ。しかし、この作品のCGは物量が圧倒的すぎるために、簡単に古いと切り捨てられるような次元を超えている。CG映画史の大切な1ページだ。
●FILMAGA 
ジェームズ・キャメロン監督が久しぶりに長編映画を製作、この監督のやりたいことが久々に大爆発した作品となっただろう。計算させた配置で物体の構図の完成度がずば抜けていて、ストーリーの展開が実に巧妙で娯楽的。イメージ的には宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』の感じも非常に色濃く感じる。あくまでエンターテインメントなので、深い考察とか関係なしに老若男女が純粋に満喫できる。これほどクオリティの高いエンタメは他にない。
●TOHOシネマズ 
全編通して無駄がなく、非常にクオリティも高ければ、とにかく起承転結が美しい構成。お話は単純明快で、あえて言えば、人間vs自然という構図がワンパターン的な感じもするが、そのシンプルさはこの作品ではメリットになっているだろう。というのも、これで複雑なテーマ性を用意していれば、映像体験という一番の売りが損なわれてしまうからだ。あくまで観客はわかりやすいプロットの中で、安心して世界に浸ってほしいという工夫を感じる。
●109シネマズ 
歴代興行収入1位のジェームズ・キャメロン監督作品。日本でも大ヒットしました。これで3D映画を初めて鑑賞したという人も多かったはず。初めて映像見たときの衝撃はすごい。深みを感じる映画ではないが、エンターテイメントとしてのツボをしっかりと抑えていて、悔しいけど興奮した。足が使えないと言うコンプレックスをもつ男が、アバターに入って色んな事をやっていく。主人公の立場が非常に共感しやすいのもさりげない魅力。