プレシャス(2009)

過酷で絶望的な人生。でもそこにある希望

映画『プレシャス』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画鑑賞で終わらず、さらなる楽しみも。
今すぐ『プレシャス』を見るなら動画リンクをチェック。

サファイアの小説「プッシュ」を、リー・ダニエルズが映画化。製作総指揮はオプラ・ウィンフリー、タイラー・ペリー、リサ・コルテス、トム・ヘラー。1987年のニューヨーク・ハーレムで、両親の虐待を受けながら希望のない日々を生きる黒人少女プレシャス。ここにあるのは貧しい生活と、救いのない社会。それでもひとかけらの希望が彼女の背中を後押しする。レイン先生に読み書きを習い、つたない文章で自分の心情を綴り始めたプレシャスは、自分の居場所を創り上げて、ひたむきに人生の希望を見出していく。

原題:Precious / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開:2010年4月24日 / 109分 / 制作:Lee Daniels Entertainment / 配給:ファントム・フィルム

映画『プレシャス』予告編

(C) PUSH PICTURES, LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『プレシャス』の無料動画を見る方法

様々な葛藤や苦悩を抱えながら自分らしく生きようと前に進む人間にスポットを当てた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信ならば他にはないメリットも多数。例えば、スマホからパソコン、タブレット、テレビなど視聴スタイルが自由で、なおかついくつの媒体で見ても個別に料金をとられるようなことはありません。初心者でも簡単に開始できます。

そして頭にカチッと記憶すべきなのが、無料トライアルのリミテッドなコースの存在。これが何よりも優先される重要点です。コストカットは会社ではなくとも個人でも重大な使命です。どうせなら請求される金額を少しでも減らしたくなるでしょう。一定期間の無料を確保できるなら最高ではないでしょうか。「子どもでもラクラクなくらいの敷居の低さなら…」と思っているなら、別に難易度は易しめなので安心。メールアドレス新規作成とほぼ同じ程度のスピードで完了して、数分以内に動画視聴できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトはシャットアウトしましょう。動画サイト上で起こるサイバー攻撃は日々、高度化・巧妙化し、知られている従来型のセキュリティ対策を易々と突破してくるものもあるので、油断は一切できず、気を抜けません。動画などろくに再生すらもさせてくれないので不快指数MAX状態になります。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

DVDで動画を見るのはお金に余裕のあるマニア向けになりつつあり、一方でVODは幅広い層に届く、デジタルなネット時代のトップバッターです。完全無欠のフルサービスに見えるこれらも大きな懸念がひとつ。配信の顔ぶれとなるラインナップの問題です。それは毎日何かしら変わっているので把握はかなり苦労します。「プレシャス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「今はとにかく私が見たいこの映画を配信するVODだけが知りたい!」そういう強い願望にもストライクに回答。Yahoo知恵袋なんかよりも明確にお教えできます。アイコン表示が全てです。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。「なんか試したことがないVODがあるな」と発見できれば、それはあなたにとっては運命のめぐりあわせ。無料動画へまっしぐらです。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、そういうものだと思って余裕をもって想定しておくしかないです。「プレシャス」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「プレシャス」でもあります。例えば、今では誰でも所有しているスマートフォンですが、映画などの大容量動画の長時間再生となると、それなりのスペックが求められます。少なくとも安い低価格スマホだと、再生がカクつくこともあるかもしれません。スマホで映画鑑賞するなら、大画面で高画質&優れたCPU性能のものを選択すると後悔しません。ただし、スマホならば各VODごとに専用アプリがあるので、そこまで真剣に機能性を考えなくても視聴に不便しないです。

『プレシャス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『プレシャス』をさらに知る

★スタッフ
監督:リー・ダニエルズ
脚本:ジェフリー・フレッチャー
撮影:アンドリュー・ダン
音楽:マリオ・グリゴロフ

★キャスト
ガボリー・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニー・クラビッツ

★『プレシャス』の評価

IMDbRTMETA
7.391%??
映画comY!FM
3.4???3.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『プレシャス』の受賞
第82回アカデミー賞で助演女優賞と脚色賞を受賞。

★『プレシャス』の感想

●無料ホームシアター 
主人公が環境があまりに悲惨なため、観ている間は結構つらい。とはいえ、安易に親子の和解を演出せず、真実を知って母親との永遠の決別を選択し、希望をもって立ち上がっていくというエンディングは、それまでの悲惨な展開のせいか、清々しい。なので、意外と視聴後の印象は良い。この映画のテーマは、観る人によってはたいしたものではないかもしれない。が、私はこんな映画が大好きだ。見終わったあとに感動の嵐が吹き荒れて満たされたのだから。
●シネマトゥデイ
何を美しいと感じ、大切に思い、共感でき、感動するのか。いい映画を見るたびに、大人になれる気がする。私にとっては、重要な作品だ。「プレシャス」がその1本になれたことは運命だと思うし、嬉しかった。彼女の人生は壮絶なんてものじゃない。絶望しかないと思う。でもこの映画はそこをあえて希望があるんだと描いて見せる。それは綺麗事ではなく、本気でそう思っていることを隠さない。だからこんなにも心を打たれて、かき乱されるのだろう。
●イオンシネマ
鑑賞時の衝撃度でいけば群を抜く作品。アカデミー賞ノミネート(助演女優&脚色で受賞)も納得の出来栄えだったが、その内容はまさに酷くプレシャスの置かれた環境には耐え難いものがある。ところで本作では、プレシャス役の新人女優ガボリー・シディベが、新人とは思えないほどのなりきりようでした。素晴らしい! 家庭環境がダメだった時に空想にとにかく耽けるのが楽しみという、言葉にすると可愛いが、実際の凄まじさが頭から消えない。
●FANDANGONOW
意外なキャストとして、登場するのがマライア・キャリー。マライアが演じたソーシャルワーカーのワイス婦人役は、普段の歌手としての姿とは別人のように違うノーメイク姿で役に挑んでいたのです。 ちょい役ではありましたが、どん底の主人公を土俵際で支える役柄として存在を発揮していました。救いようのない状況が続いた中で、マライヤの役回りは、確実に観客の心にほのぼのとした安心感を与えてくれました。 これから見る人はぜひ注目してください。