インセプション / Inception

これは夢なのか?現実なのか?驚異の映像体験

映画『インセプション』のフル動画を無料視聴する方法を映像劣化させずにレコメンドしています! すぐに動画サイトが特定できます。
今すぐ『インセプション』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Inception / アメリカ(2010年) / 日本公開:2010年7月23日 / 148分 / 制作:Legendary Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億6000万ドル / 興行収入:8億2500万ドル

映画『インセプション』予告編

(C)2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

動画
▼『インセプション』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『インセプション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

驚異の映像体験はネットでも!
圧倒的な映像で観客の視覚を刺激してくるビジュアル重視の作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信は画質が低いのではないかと心配しているのならば、そんなことはないと断言できます。それは昔の話。今はDVDと遜色のないどころか、サービスによっては4Kクラスの超ハイクオリティな映像を用意しているものもあるので最高の体験ができます。

「無料」ですよ!タダ!
「利用は料金が発生するし…」と考えても冷静に思案してみてください。これ以上のお得さは無いです。なぜなら無料お試しがあるのです。支払いは避けられないかもしれません。でも初回に限ってそのルールからは外れることができます。これは公式で用意された無料措置なのであり勝手なキャンペーンなどではありません。「さびついた旧作だけしか無料ではないとか?」「新作なんかはさすがに無理になってくるのかな」そんなガッカリ詐欺をしたりはしません。サービスによってはポイントで準新作にも手が届くことも。選び抜くことが必要ですが可能性は現実的な範囲です。クリストファー・ノーラン監督の「インセプション」もアリ。

動画は信頼を査定して!
不正な動画ウェブサイトは常にアウトな問題を抱えているので適法性・実用性の二点で非推奨。それでレオナルド・ディカプリオ主演の「インセプション」の視聴はダメです。具体的な危険の事例を知りたい人も多いでしょう。例えば、動画再生途中にいきなり特大の広告が表示され、普通の視聴再生に移れずに、それを消そうとクリックやタップをすると別ページにリダイレクトされ、情報を盗むサイトに誘い込まれる…などの手口です。注意喚起はしておくにこしたことはないですが、憤怒の感情で賠償を求めても無駄なので、オフィシャル安全動画が確実です。ウイルス対策はあまり意味がありません。能動的な動画再生には効果をあげないことが多いものです。

配信しているのはコレ!
そういえばあの話題作はどうなったのかなどと思っているうちにDVDよりも早くネット配信されている場合もあります。しかし、配信をリアルタイムで把握するのは極めて膨大な労力を必要とします。毎日アクセスするたびにラインナップが変わるのは嬉しいことではあるのですが…。渡辺謙出演の「インセプション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。フルムビバースの「フル」はただ動画が完結しているという意味だけではありません。安全性も含めてのフルパッケージでの紹介に専念しています。あくまで本当に使用スタートしたいと思ったときに登録すればいいので、一旦は考えるのでもいいのです。まずはサイト内で作品検索をして今日の配信有無を調べましょう。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。映画館だと必ず発生する「字幕派or吹替派」問題ですが、論争になってしまうのは時間の無駄です。VODは基本的には用意されているなら、両方とも利用できることが多いです。選択をすぐにできるので安心してください。聴力に不安がある人は日本語字幕で動画を見れます。意外な活用方法が英語字幕の利用であり、これを用いて外国語レッスンの教科書代わりに使っている人も。流し聴きしているだけで英語に耳が慣れます。ジョセフ・ゴードン=レビット出演のダイナミック映画「インセプション」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生のシチュエーションはいろいろでありその安定度は気になる部分ですが、真っ先に刃を向けられるサービス側の問題というよりは、使っているユーザーの通信環境の影響もかなり大きいです。マリオン・コティヤール出演の映像マジック「インセプション」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。理由もわからずイライラしてしまいがちですが、落ち着いて消去法でひとつひとつ対処です。まずは、無線LANから有線LANに接続して速度が改善するか確認。それで良くなったら無線環境が悪い証拠です。それでも良くならないならルーター自体が古いか、設定の問題かもしれません。

高画質で見られる?
高画質動画を忌避する人はいないと思います。低画質動画はノイズブロックがあったり、ビットレートが低いので細部が見えないし、シーン飛びが起こったり、最悪の場合は動画再生自体が停止します。これでは何も意味がありません。VODは常にハイクオリティ・ムービーです。DVDより劣化するなんてことはありません。それが単品金額換算で数百円なのですからディスクよりもはるかにお得。画質が良すぎて逆に重いということはないのかという問題ですが、VODは再生機器の性能にアジャストできますので、個人状況に合わせてエレン・ペイジ出演の「インセプション」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
超巨大なIMAXレーザーホームシアターは構築できませんが、自宅空間にフィットしたもので、ほどよい大きさならばそこまで夢ではありません。これが最高体験のチケットになるでしょう。この魅力はかなりの沼です。パソコンで動画を観るのがバカらしい感覚になるのでちょっとした価値観の激震が起こるでしょう。無料映画館の開設です。トム・ハーディ出演のクラクラするシネマ「インセプション」も最高級に。かといってそのホームシアターワールドを瞬間的に構築できるわけではありません。それなりの予算を投入しないといけないので覚悟はいります。しかし、それだけの達成感と充実感を得られ、それは何物にも代えがたい経験になります。

『インセプション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月2日時点での『インセプション』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『インセプション』をさらに知る

クリストファー・ノーラン監督が、オリジナル脚本で描くSFアクション大作。『インセプション』の製作総指揮はクリス・ブリガムとトーマス・タル。その夢は現実かもしれないし、その現実は夢かもしれない。人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブは、常に特殊空間でも冷静に活躍していた。しかし、その才能ゆえに最愛の者を失い、国際指名手配犯となってしまい、人生は一変。それからは完全に評価も覆ってしまう。そんな彼に、人生を取り戻す唯一のチャンス「インセプション」という最高難度のミッションが与えられ、この試練に打ち勝つために挑むが…。

★『インセプション』のスタッフ


監督:クリストファー・ノーラン(関連作品:『ダークナイト』)
製作総指揮:クリス・ブリガム、トーマス・タル
脚本:クリストファー・ノーラン
撮影:ウォーリー・フィスター
音楽:ハンス・ジマー

★『インセプション』のキャスト


レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、ディリープ・ラオ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケイン、ルーカス・ハース、ピート・ポスルスウェイト、タルラ・ライリー

★『インセプション』の評価

IMDbRTMETA
8.886%??
映画comY!FM
4.0???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『インセプション』の受賞


第83回アカデミー賞で撮影賞、視覚効果賞、音響編集賞、音響録音賞を受賞。

★『インセプション』の感想

●『インセプション』シネマトゥデイ  
難しそうな話だなと思ってたら難しい話だった。だって夢の中で夢を見るのですから、もうややこしいったらありゃしない。でも肝心の「インセプション」というギミックがストーリーに与える影響は丁寧に描写されるし、なにより映像的な迫力が凄いので、全くノープロブレムでエンジョイできる映画なんですけどね。物語、人物らの距離感やキャラクターの情報量、魅力的な設定、全てが絡み合って複雑にならずにあっさりとSFを見せるテクニックはさすが。
●『インセプション』TOHOシネマズ 
何層にも重なる概念を手繰りながらどこが現実でどこが夢想世界なのか分からなくなるという、まさに観客の頭の中さえも多重に攻撃してくるようなマインド・ムービー。夢の中でのルールがしっかり決められていて、1つ1つが緻密に絡み合っている。このルール上で進むストーリー展開で脳みそフル回転。鑑賞後は無性に疲れる。クライマックスの計算された畳み込む展開は絶句です。アイディアが異次元級だし、それを実現しちゃう製作陣も凄いです。