ブルーバレンタイン

愛の始まりと終わりは必ず存在する

映画『ブルーバレンタイン』のフル動画を無料視聴する方法を、無関係なランキングページに誘導することなく、ピンポイントで紹介。
今すぐ『ブルーバレンタイン』を見るなら動画リンクをチェック。

ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズの共演で、夢や希望にあふれていた過去と現在を交錯させて2人の愛の変遷を切なく描くラブストーリー。製作はジェイミー・パトリコフ、リネット・ハウエル、アレックス・オルロフスキー。仕事が芳しくないディーンと、長年の勉強の末に資格を取り、病院で忙しく働くシンディの夫婦は、娘のフランキーと3人暮らし。家族は少しずつヒビが入り始めていることを、認識することはなくとも、感じとってはいた。2人はお互いに相手に不満を抱えていたが、それを口に出せばこのかろうじて維持できている平和な日常が崩れてしまうことを恐れていた。もしかしてもう終わりなのだろうか。そんな二人の最初の出会いは、とても運命的なものだと感じていたはずなのに…。

原題:Blue Valentine(「ブルー・バレンタイン」) / アメリカ(2010年) / 日本公開:2011年4月23日 / 112分 / 制作:Hunting Lane Films / 配給:クロックワークス

映画『ブルーバレンタイン』予告編

(C)2010 HAMILTON FILM PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ブルーバレンタイン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いろいろな問題を抱えながら二人の関係性を深めようともがく人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなロマンチックな映画をお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのも手です。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、すでにスタンダードになったネット配信。もっともユーザー数を獲得している大きな理由は、その利便性の高さ。ウェブサイトにアクセスするだけでいいので自由自在です。

「お金がキツイ…」とオロオロしているならば、不安解決。無料のサービストライアルは財布の味方で、安寧が手に入ります。不必要にコスト浪費をするのは勘弁してほしい。ましてやサービスが自分に合わないのは最悪。そんな心配症でも期間限定であれこやこれやとサービス内の動画を含む体験ができます。「お試し動画みたいなものが無料というオチでは?」などという疑惑も正しい情報で上書き保存してください。当然のように序盤からラストまで完全フル動画で公式のままに配信するので何も気にしなくてOK。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。さすがにそこまで楽観的な平和主義な人はいないと思いますが、ネットの世界の中でも特にデンジャーゾーンなのがこういう不法サイト。マルウェアを仕組まれて会社のパソコンが広域で大損害を受けたり、個人のアカウントを乗っ取られたり、被害例は後を絶ちません。動画共有サイトは誰でもアップロードできるぶん、とにかく無法地帯になっているので、そんな地雷原からはただちに立ち去りましょう。

現在は新作もそこまで待たせることなくネット配信されるのがスタンダード。無料動画も試しやすいです。これであとは一直線にアクセル全開で突き進むだけなら良いのですが、思わぬカーブがあるという注意標識が。それはVODの選択問題。道は何十通りにも分岐しているのです。「ブルーバレンタイン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この作品ページではそのクエスチョンの答えを導き出すためのアシスト方法を用意しています。もしアイコンがズラリと表示されていれば、視聴可能なVODがある可能性が高確率。動画はすぐそこです。フルムビバースの最優先事項は安全性。談合も稟議も裏取引もなく、素直に安心保障済みのサイトだけを動画リンクで紹介しています。ゆったり座って極上の体験ができる映画館が私は手放せない…そういう場合でもそのチケット代を格安にしたり、ゼロ円にしたりするVODも。

外国語の映画鑑賞(とくに英語)では、字幕と吹替の2バージョンが存在することが多く、どちらを見るかを選別しなくてはいけません。キャスト陣の声をダイレクトに耳にするならば字幕一択ですが、目で文字を追いかけるのが大変で、肝心の映像への集中ができません。一方の吹替は映像に専念できますが、声をあてた人の力量に左右されてしまうので、作品イメージがガラッと変わってしまうことも。一長一短があるので、少し比較してみるのも新しい「ブルーバレンタイン」の面白さの発見につながるかもしれません。

フルムビバースの特化型機能として、作品ごとに配信可能性の高いVODを一覧表示できます。類似のサイトは数多とありますが、どれも情報鮮度や種類が欠けていることが多いです。こちらは全体的な充実度はハイボリューム。特定のサービスをピックアップして今日の気分に合わせて映画を探すのも図書館感覚でワクワクするものです。魅力が短い映像に詰まったトレイラーを見たり、感想コメントを読むのも良し。「デレク・シアンフランス」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『ブルーバレンタイン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ブルーバレンタイン』をさらに知る

★スタッフ
監督:デレク・シアンフランス
脚本:デレク・シアンフランス、ジョーイ・カーティス、カミ・デラビーン
撮影:アンドリー・パレーク

★キャスト
ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ウラディカ、マイク・ヴォーゲル

★『ブルーバレンタイン』の評価

IMDbRTMETA
7.487%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ブルーバレンタイン』の受賞
第83回アカデミー賞で主演女優賞にノミネート。

★『ブルーバレンタイン』の感想
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●FILMAGA 
永遠は続かないということをこんなにも残酷に表現するなんて。恋の始まりのキラキラと交差してすれ違う二人を描写しているから余計にキツイ。リアルすぎて心をえぐられたという人が続出するのも頷ける。逆にこの映画を観てとくに何も思わないとか、感情が動かされないという人は、まだこういう愛の現実に直面していないか、愛に妄想を抱けている人なのかもしれない。それは幸せと言っていいのかは私にはわかりませんが、つかの間の平穏でしょう。
●109シネマズ 
これを観た多くの観客が自身の恋愛経験からトラウマを掘り起こされて憂鬱な気分になること、間違いなしと評判のダーク恋愛映画です。絶対にカップルや夫婦で観ることをおすすめしません。むしろ別れさせたいカップルがいたらこれを見せればいいかもしれないなんて危険な発想さえ思いつくほど。ただ、この映画を観たらしばらく恋愛なんてしたくなくなるから諸刃の剣ですけど。鋭すぎる切れ味のこのロマンスは取り扱い注意の一本なのです。
●DAILYMOTION 
あんなに愛してあっていた2人なのに、この破局を倦怠期だからの一言で済ましていいのか。これはきっと各人で自分の恋愛観を語るのが盛り上がる映画であろう。おそらくそれぞれ観客ごとに登場人物に対する見方がある。男に共感するものもいれば、女に共感するものもいる。どちらが正しいとかそういう善悪はない。ただ出会って結ばれてそれで離れていく。ラストの花火は映画史上最も花火の使い方が上手いシーンだと個人的には考えている。