甘い鞭(2013)

壇蜜の愛しくも乱れる演技を堪能

映画『甘い鞭』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不快で有害な広告は一切ゼロです。
今すぐ『甘い鞭』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:甘い鞭 / 製作:日本(2013年) / 日本公開:2013年9月21日 / 118分 / 制作: / 配給:角川書店

『甘い鞭』予告編

(C)2013「甘い鞭」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】ノイズ無し
VOD2【Hulu】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る
FOD ▼FOD(1か月)
 今すぐ見る

▼『甘い鞭』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

過激に妖艶に魅了する動画も!
人間の内側に潜む欲望をむき出しで描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、映像規制もない動画配信サービスを使いましょう。ネット配信はウェブサイトにアクセスするだけで、テレビのようにレーティングも気にしなくていいので、自由に鑑賞できます。レンタル店でDVDを借りる場合と違って、店で人目を気にする必要もないので、プライベートな空間で誰にも邪魔されずに見られます。

「無料」を見逃すな!
「どちらにせよ有料だし…」と考えるなら、でもまずはお試し選択を得ることで最初は無料なんだとも解釈できるでしょう。モノを買えばカネを出すという資本主義&通貨システムの基本ですが、その当然性の例外となるのが初回登録時のお試しなのです。タダで試用しながら自分にマッチできるか試着する気分。「料金もなしに無料で動画を見るって合法的なの?」という当然の問いかけもあるでしょうが、これは公式提供なので自信をもって推奨することができます。動画は手招きしてあなたを呼んでいます。「甘い鞭」もアリ。

怖いと思ってからでは遅い!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「甘い鞭」の再生はダメです。これらの問題サイトは運営しているサーバーなどが貧弱で、無駄に広告も過剰表示されているため、とにかくパソコンやスマホに極端な負荷をかけます。CPUを食いつぶし、オーバーヒートさせ、機器の寿命を下げることになり、故障の原因にもなります。「私は高いお金を払ってセキュリティ対策ソフトを導入している」そんな豪語もこの手の不正サイトにはあまり通用しません。

これに決めた!
「こんなの見せられたら真顔で登録画面に向かっちゃうよ」と思ったのならば、その動画への本能を止めてはいけません。しかし、少し一考を。月に叢雲、花に風。予想外の邪魔な落とし穴があるかも。それが今の配信状況のチェックです。これをスルーすると登録の意味すらもない事態に。「甘い鞭」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。助けをネットに求めているならばこの今まさにあなたが見ているページこそ最適のヘルプ素材となります。「視聴できるかも」という可能性の高いものをスクエア・アイコンで表示して簡易的な道案内になっています。よくありがちなVODを紹介するサイトでは、基本的に一部のサービスを案内するだけで終わってしまうので情報が古いです。無料動画で夢心地になれる数少ない絶好の機会です。いつまでも配信が続くわけではないので、観たいと思った時に行動しましょう。

古い作品ならもしかして…
通常ネット上に無造作に転がっている映画本編動画は違法性が高いです。しかし例外があります。それは古い作品で起こり得るパブリックドメイン映画というものです。これはつまり著作権が切れている状態です。著作権は永遠に続かないのでいつかは切れてしまいます。その期日を迎えてしまった映画はアップロードしてもいいでのアーカイブサイトが保存していることがあり、個人視聴も研究利用もフリーダムなのです。何がそれに該当するかは個別に判断必要ですが、フルムビバースは明記しています。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、意外に動画再生系の動作に支障を与えることも場合によっては起こります(とくにアップデート時の不具合など)。「甘い鞭」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「甘い鞭」は? 料金は永遠にタダになるわけではないですし、作品も無限の無料を保障しているものではないので、その範囲についてはしっかりカバーしておく必要があります。大事なのは無料作品はどれかということで、大きく分けて2種類と考えましょう。ひとつは見放題系のサービス。これは取り扱い作品はほぼお試し中は無料で見られます。もうひとつの単体購入系はポイント範囲内の制限があるのでやりくりが必要となります。この2パターン複合もあるので注意です。

表現規制を避けるなら
「手足がちぎれたり、内臓が飛び出たり、グロ映像や残酷表現は規制されるのかな」「ちょっと大人向けのアダルトな内容はさすがに編集されるのかな」そういう考えもふと頭をよびるのは映像作品ならよくある話です。テレビ放送ならば規制は避けられないのですが、VODであると案外と規制は少ないです。ネット媒体ゆえのユーザーフィルターが実行可能なので使い分けしやすいのが作品をそのまま提供する助けになっています。もし規制無しの映画を観たいのならばVODを選択するのは確実性があります。「甘い鞭」も無規制で。

『甘い鞭』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月12日時点での『甘い鞭』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『甘い鞭』をさらに知る

ショッキングな内容とエロティックな描写で話題を呼んだ大石圭の同名小説を、石井隆監督が映画化。エグゼクティブプロデューサーは井上伸一郎。隣人男性に拉致監禁され、それだけでも絶望的なのに、さらに1カ月にわたって弄ばれ続けた末に、その残忍な男を殺害して生き延びた女子高生・奈緒子。それは人格を破壊するのにじゅうぶんな出来事だった。トラウマを抱えたまま成長した彼女は、昼間は不妊治療専門の女医、夜はSMクラブの売れっ子M嬢というふたつの顔を持つようになり、乱れた人間性を解放していく。

★スタッフ
監督:石井隆
脚本:石井隆
撮影:佐々木原保志、山本圭昭
音楽:安川午朗

★キャスト
壇蜜、間宮夕貴、中野剛、屋敷紘子、中山峻、諏訪太朗、光山文章

★『甘い鞭』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『甘い鞭』の感想

●無料ホームシアター 
壇蜜のエロシーンがあるってことで、興味本位で視聴したのですが、なんとも考えさせられる映画。そして怖い。辛い。最初の拉致監禁シーンからしてこっちまで泣き叫びたくなるくらいに怖くてたまらない。ナレーションが壇蜜とも、間宮さんとも違う人であるが私は詳しくないのですがどうやら他の石井隆作品に出てくるある人物なのではないかと。憶測ですが。やはり見どころは荒々しく蹂躙される間宮夕貴だな。そこだけ記憶に刻んどいてください。
●映画無料夢心地
ただのエロ映画だと思っていると、びっくりする。壇蜜は薹が立ち色褪せて映る。好みなのだろうな。それにしても石井監督流の計算し尽くされたであろうエロには、他の作品でも痺れまくっている。壇蜜の濃厚シーンは本当に挿入しているのでは?と思うほどで、モザイクの裏側で何が起こっているか、気になるけど、知る術はない…。ここまでの本気は初めて観たし、覚悟が伝わってくるが、何もここまでやらなくてもという気持ちもないではない。
●DAILYMOTION 
間宮夕貴が、壇蜜の若い頃を演じるのは少し無理があるが、体当たり演技には感心させられる。近頃の若い子は達者になったものだとつくづく思う。壇蜜も、前作「私の奴隷になりなさい」が余りにも、みっともない通俗的な作品であったのに比べ、格段に演技力が身に着いている。ラストのシーンは、全身全霊を出し切った演技と言えよう。既に彼女は大女優であり、最早「コミカルでHなお姉さん」ではない。そんな彼女のマジな演技に拍手を送りたい。
●SHAREVIDEOS
内容は万人受けするものでは無いが、映画の表現方法のひとつを極めたともいえる。前作もそうであったが、SMとかSMクラブについて、この作品もまた、世間に間違った印象を与えてしまったことは否めない。ただ、これはこの映画だけの罪ではないし、完全のこのポルノ世界では誤解されていることなので、いまさらではある。甘い鞭という名にはあまりにも甘くない映像のインパクトに、若干下心しかなかった自分が情けなくなってくる。