ボヴァリー夫人とパン屋

彼女は私を発酵させる

映画『ボヴァリー夫人とパン屋』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ボヴァリー夫人とパン屋』を見るなら動画リンクをチェック。

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。製作はフィリップ・カルカソンヌ、マチュー・タロ、シドニー・デュマ、フランシス・ボーフルー。フランス西部ノルマンディーの小さな村で稼業のパン屋を継ぎながら平凡な毎日を送るマルタン。彼の唯一の楽しみは文学。中でも「ボヴァリー夫人」は繰り返し読み続けている彼の愛読書だ。ある日、彼の向かいにイギリス人夫妻、ジェマとチャーリー・ボヴァリーが引っ越してきた。この偶然に驚いたマルタンは、小説のように奔放な現実のボヴァリー夫人=ジェマから目が離せなくなってしまう。夫の目を盗み、若い青年と情事を重ねるジェマの姿に、マルタンは小説と現実を重ねあわせて妄想をふくらませ、思わぬ行動に出るのだった。

原題:Gemma Bovery / フランス(2014年) / 日本公開:2015年7月11日 / 99分 / 制作:Albertine Productions / 配給:クロックワークス

映画『ボヴァリー夫人とパン屋』予告編

(C)2014 – Albertine Productions – Cine – @ – Gaumont – Cinefrance 1888 – France 2 Cinema – British Film Institute


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ボヴァリー夫人とパン屋』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
様々な葛藤や苦悩を抱えながら人間模様を重ねていく作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使用しましょう。レンタル店でDVDを借りることは今では一般的ではなくなりつつあり、ネット配信がスタンダードになってきました。スマホでもパソコンでも鑑賞できますし、テレビで見たいのならばそれでもOK。サービスの中には登録せずにそのまま視聴できるものもあります。

「無料」で感謝!
加えて、慣れていない初心者にも朗報です。いきなり有料スタートが嫌なら、無料お試しで初めの一歩を踏み出しましょう。何が起こるかもわかりません。おカネを浪費するのは避けたいところです。安さを求めるのはみすぼらしくないです。そんなあなたが無料お試しを使うというのは最適なチョイスではないでしょうか。「全部が見れない見れない詐欺じゃないか」そんな疑心暗鬼もわからないでもないです。でもフル動画を保障できるので、不確かな情報を鵜呑みにせずに、整備された公式動画サービスだけを信じていましょう。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。パソコンやスマホが熱くなることはたびたびあると思いますが、悪質な動画サイトはその熱の帯び方が尋常ではありません。夏場にもなると火傷するほどの温度になることもあり、機器を焦がすことになって、破損につながります。かなりの痛手になります。自滅しても誰にも相談はできません。警察も専門家も被害の補填はしてくれないのです。後に残るのは虚しさだけです。

使うべきはどれ?
「クソ~、あれもこれも見たすぎるぞ。見きれないのが困る!」そんな狂喜乱舞も納得の映画動画の玉手箱です。これであとは一直線にアクセル全開で突き進むだけなら良いのですが、思わぬカーブがあるという注意標識が。それはVODの選択問題。道は何十通りにも分岐しているのです。「ボヴァリー夫人とパン屋」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページをベースにすれば配信VODの面倒な確認作業を大幅にタイムカットできます。表示されているアイコンがあれば配信可能性は高いということです。あとは該当動画リンクをみてみるだけ。「最新じゃないと情報には利益もない」というご要望に可能な限り答えるべく、手動でできる範囲の更新を丹念に心掛けています。「自分は作品の配信を確認したいだけだから、登録は急ぎたくないのだよな…」そういうことでもOKで、サービス内での検索は未登録でも可能なものも。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ボヴァリー夫人とパン屋」でもあります。「やっぱり大画面でしょ?」とその一点に集中突破したいならテレビでの視聴を検討したいところ。その場合は対応TVが必須。パソコンでいいならSafariやChromeなどブラウザで見ることになり、機種メーカーは関係ないです。ブラウザは重たくなると上手く動作しなくなるものです。不必要なタブを閉じたり、使わない拡張機能は停止しましょう。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでも期待がグングン増えていきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「アンヌ・フォンテーヌ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeなどブラウザで動画視聴のために外部リンクをクリックした際に「ポップアップがブロックされました」といきなり表示されて無反応…そういう状況が強制発生する事例が稀にあります。その原因は広告ブロックツールだったりします。ブラウザと広告除去機能が組み合わせによってはエラーとなるケースが、とくにバージョンアップ時にたびたび報告されやすいです。これでは動画の安定視聴さえも阻害されます。「ボヴァリー夫人とパン屋」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

動画はフルの方がいい
基本的には1・2時間から長いもので3時間を超える長尺コンテンツである映画。オープニングからエンドクレジット(オマケがあるかも)まで隅々まで味わってこそフルで楽しんだと言えます。細かい小ネタもたくさんありますし、セリフひとつも見逃せません。伏線だってあるかもしれないですから。しかし、カットされていたら嫌なものです。TV放映だとそういう都合で短縮される場合もあります。「ボヴァリー夫人とパン屋」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『ボヴァリー夫人とパン屋』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ボヴァリー夫人とパン屋』をさらに知る

★スタッフ
監督:アンヌ・フォンテーヌ
脚本:パスカル・ボニツェール、アンヌ・フォンテーヌ
撮影:クリストフ・ボーカルヌ
音楽:ブリュノ・クーレ

★キャスト
ファブリス・ルキーニ、ジェマ・アータートン、ジェイソン・フレミング、ニール・シュナイダー、イザベル・カンディエ、メル・レイド、ピップ・トレンス、ケイシー・モッテ・クライン、エディット・スコブ、パスカル・アルビロ、エルザ・ジルベルスタイン

★『ボヴァリー夫人とパン屋』の評価

IMDbRTMETA
6.4??%??
映画comY!FM
3.4???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ボヴァリー夫人とパン屋』の感想

●映画無料夢心地
思っていた以上にコミカルで、ラストのオチも好きです。予想外にいろんなジャンルがミックスされているので、ジャケットの画像だけでは判断できないと思います。ルキーニ演じるパン屋の視点で隣人の不倫の顛末を垣間見るのですが、官能的にはそれほどなりません。でも謎のエロさはありますけどね。パン屋のおじ様が、隣の婦人に脳内でエロい妄想をするという安っぽいアダルトな物語のようですが、そこはおフランス、ちゃっかり洒落てます。
●ユナイテッドシネマ  
文学好きで妄想癖のあるどうしようもないパン屋のオジサンがなかなか個性的。ボヴァリー夫人役の女優さんが見事なグラマラスな体で、官能的で見惚れたし、妄想も無理はない。パンという言葉が卑猥に聞こえてくる。好奇心旺盛で懲りないオジサンは、新たな隣人にもまた妄想を巡らせることだろう。ラストの噛み合わない会話と風景が、一層このヘンテコな絡みを面白いものにさせる。でも、創作者にとって妄想は大事だけどね。パンは知らないけど。
●イオンシネマ  
文学マニアのパン屋の老人が、近所に引っ越してきた人妻にボヴァリー夫人を重ねあわせて欲の欲するままに妄想を膨らませる。ということで途中までは多少退屈で高貴な文芸喜劇だったのが、ラスト15分の展開で完全に斜め上から心奪われた。アホすぎる。天才じゃないか。フランス的エロ妄想がユーモアに昇華されている感じがこの上なく楽しい快作なので、観て損はないですよ。人生の皮肉に落とし込んでいるバカバカしさがまた愛らしいのです。