アルゴ / Argo(2012)

アカデミー賞で作品賞を受賞

映画『アルゴ』のフル動画を無料視聴する的確な方法を、最速・最新・安全なスタイルでわかりやすくお届け。
今すぐ『アルゴ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Argo / アメリカ(2012年) / 日本公開:2012年10月26日 / 120分 / 制作:GK Films / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:4400万ドル / 興行収入:2億3200万ドル

映画『アルゴ』予告編

(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

動画
▼『アルゴ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2 Huluで動画を見る 高品質

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『アルゴ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

それは利用しない手はない!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスをたっぷり満喫できるのは映画の醍醐味。そんなスリル満載の映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらも便利ですが、使い勝手が違うので事前にしっかりチェックしておきましょう。

「無料」で感謝!
動画が見れるだけで満足してはいけません。なにせトライアルを無料で体験できる利点が初心者限定でセットアップされています。登録という記念すべきファースト・デイがあると思いますが、それを起点に特定の期間まで、あらゆる機能を含めて基本は制限もなくそのサービスも体験できるもので、欠点もなし。「映画を観終わったら無料期間でも退会できるのかな」「素直にやめることはそそくさと実行できるの?」これは最も寄せられる質問ですが、その答えは「大丈夫なので安心してください」です。解約は登録したその日にでもできてしまうので、自由です。ベン・アフレック監督の「アルゴ」もアリ。

アウトゾーンに立ち入るな!
不正な動画ウェブサイトは逃げようにも逃げられないほどにしつこく適法性・実用性の二点で非推奨。アラン・アーキン出演の「アルゴ」もダメです。危険性判定のためにそうしたサイトの一部を選出してセキュリティ対策システムでスキャンしてみると「不正プログラムの検出」が容易にできます。とても簡単であっという間です。つまり、それくらいナチュラルに恐ろしい罠が潜んでいるということであり、足を踏み入れたら最後、怪我では済みません。どうせならちゃんと製作者に還元できる視聴をしましょう。それが応援であり、次の作品を生む原動力にもなるのです。

いちはやくウォッチ!
「配信の瞬間を臨戦態勢で待機してます!」というあなたにもぜひ。お試しの扉が手招きして誘ってくれます。ところがどっこい、光陰矢の如し。VODも配信状況も激流のごとく変化してしまうので、今の時点で何が配信中なのか、情報を追いかけるのは普通にすれば苦労ばかりで至難の技です。ブライアン・クランストン出演の「アルゴ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。1分1秒を無駄にしたくないという現代人にはタイム節約になるサポートページが役に立ちます。こちらでは該当作品を配信中のVODを探す作業を簡略化する頼もしいスーパーヘルパーになれます。皆さんがどこかで目にしているかもしれない動画リンク集サイトでは、無関係なランキングページに誘導するものもあるでしょうが、こちらではそんな行為は一切していません。お望みの無料動画にタッチできるかは今のタイミングしだいです。それは永遠を確保しているわけではありません。明日、明後日の配信を保証はできないので、関心を持ったときが使いどきです。

あなたはどっち派?
「やっぱり役者さんの演技の声を聴きたいので字幕は必須だよね~」「字幕なんて省略されて翻訳されているから吹き替えの方が自然だよ」「いやいや吹き替えは芸能人起用で最悪のケースもあるし…」そんな喧々諤々のエンドレスな討論もVODには無縁です。もういい加減やめてしまいましょう。どちらがいいかは選択可能(作品によりますが)。映画を英語字幕で見て外国語学習に応用することもできたりします。どちらが間違いということもなく、別の価値があるこそ、双方を体感してこれまで気づかなかった「アルゴ」の面白さの発見につながるかもしれません。

情報の充実度はピカイチ
ただの動画データベースではないフルムビバースでは掲載情報は他のサイトとは毛色が違います。まずは紹介VODのラインナップはスポンサー契約など関係なしに網羅的に採用。どこよりも追加されるスピードが速いので多いです。もちろん法律に準拠した正規の許可を得たサービスです。そのサービスごとに配信映画をズラッと一覧表示することもでき、公開年月や製作国、細かいジャンルなどで分類しているので、そこからの検索も可。予告動画を見るのも良し。俳優としても大活躍な「ベン・アフレック」監督作を調べるも良し。レビューポイントの評価得点をじっくりとあれこれ参考にするのも良し。感想コメントからどういうものなのだろうと期待を膨らますのも良しです。

高評価作品は観る価値あり
ムービーチョイスの時間がハッピーな空間になるという声はよくあります。でも世間では時は貴重で、あっという間に過ぎていくものです。そこで効率を最高に高めるならば受賞作をチェック。アカデミー賞だけではないのであり、他の国際映画祭などで持ち上がった作品はどうでしょうか。このフルムビバースではそれらもページでまとめているので簡単に鑑賞をしていくこともできます。批評家気分で動画を視聴するのです。ジョン・グッドマン出演の「アルゴ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的というアプローチで映画を掘り起こしていくことでも新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
ケリー・ビシェ出演のリアルサスペンスの緊張がヒリヒリする「アルゴ」を無料で見る場合のよくある質問がこれ。「dailymotion」で見つかりますか?「Miomio」で探しているのだけど?「openload」で教えてください?「vidia」の動画はある?「clipwatching」の動画は発見できますか?「mixdrop」の動画を提示して? あらかじめ忠告しておきますがそういうものは意図がどうであれ極めてブラックに近い行為ですのでこちらは関与もしません。本サイトは合法かつホワイトなサイトオンリーでの紹介です。動画は健全なものに限ります。そのことはしっかり肝に銘じておいてください。

『アルゴ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月9日時点での『アルゴ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『アルゴ』をさらに知る

ベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描き、批評家から高い評価を得たサスペンスドラマ。『アルゴ』の製作総指揮にはデビッド・クローワンズ、ニーナ・ウォラルスキー、クリス・ブリガム、チェイ・カーターなどが名を連ねる。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリカ大使館を占拠する。52人が人質になるが、緊迫した事態が進みどんどん混乱していく中、6人のアメリカ人が自力で脱出。カナダ大使の自宅に身を潜める。しかし、もはや袋のネズミで国外への脱出は難しい。CIAで人質救出を専門とするトニー・メンデスは、6人を安全に国外へ脱出させるため、普通では思いつかない大胆不敵な作戦を立案。「アルゴ」という架空のSF映画を企画し、6人をその撮影スタッフに偽装して出国させようとする。

★『アルゴ』のスタッフ


監督:ベン・アフレック(関連作品:『ザ・タウン』)
脚本:クリス・テリオ
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:アレクサンドル・デプラ

★『アルゴ』のキャスト(キャラクター)


ベン・アフレック(トニー・メンデス)、アラン・アーキン(レスター・シーゲル)、ブライアン・クランストン(ジャック・オドネル)、ジョン・グッドマン(ジョン・チェンバース)、ケリー・ビシェ(キャシー・スタッフォード)、カイル・チャンドラー(ハミルトン・ジョーダン)、テイト・ドノヴァン(ボブ・アンダース)、クレア・デュヴァル(コーラ・ライジェク)

★雑学(トリビア)


・2007年の雑誌『WIRED』のジョシュア・バーマンによる記事「How the CIA Used a Fake Sci-Fi Flick to Rescue Americans from Tehran」を基に脚本が執筆された。

★『アルゴ』の評価

IMDbRTMETA
7.796%??
映画comY!FM
3.8???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アルゴ』の受賞


第85回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、編集賞を受賞。

★『アルゴ』の感想


町山智浩の映画塾!『アルゴ』<予習編>
町山智浩の映画塾!『アルゴ』<復讐編>

●『アルゴ』無料ホームシアター 
ここ数年のアカデミー賞作品賞受賞作の中でもダントツの出来栄えで、緊張感が尋常ではない。冒頭で米国とイランの長きに渡る軋轢について簡潔に述べられてるので本編は理解し易いし、そこまで社会派として重たい感じではないので気楽に見ることができます。まさに「事実は小説より奇なり」という言葉の合う映画で、映画の力が人命を救ったというのは、当然、批評家たちは絶賛するに決まっている。まさに映画賞をドストレートで狙った一作。
●『アルゴ』シネマトゥデイ  
ベン・アフレックは俳優としては軽いイメージだったんだけど、いつの間に貫禄が出て渋い監督さんとして成長し、イーストウッドの後継者なんて呼ばれるまでに成長した。まあ、その後にキャリアを転落させていったので、どうなるか不明なのだが。ただ、映画作りのセンスはしっかり発揮されており、登場人物が持つスリリングさをどんどん引き出していく腕は確か。フィクションとリアルの織り交ぜ方も上手いし、言うことなしだと思う。
●『アルゴ』ユナイテッドシネマ 
本作が実話ベースであるからして、必ず助かることを観客は知ってしまっているわけで、ゆえにかなり嘘も混ぜて、話を持っている。さすがにあんな空港での一幕はなかったし、実際は穏便だった。それでもそのアレンジが効果的に映画として効いている。実際にこれを観た人はこれが本当のことだと錯覚してしまうはずだ。まんまと騙されている。エンターテイメントとしての映画の力に見事に翻弄される。それは劇中の作戦と全く同じことなのだ。