千と千尋の神隠し

世界が絶賛した宮崎駿の不思議世界

映画『千と千尋の神隠し』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期更新しているので確認に便利。
今すぐ『千と千尋の神隠し』を見るなら動画リンクをチェック。

スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。プロデューサーは鈴木敏夫、製作には松下武義、氏家齊一郎、成田豊、星野康二などが名を連ねる。10歳の少女・千尋は、両親と共に引越し先へと向かう途中、森の中の奇妙なトンネルから通じる無人の街へ迷い込む。不思議に思いながらも千尋の両親は飲食店で断りもなく飲み食いし、罰として豚にされてしまう。親を失い、パニックになった千尋も帰り道を失って消えそうになるが、この世界に住むミステリアスな少年ハクに助けられる。ハクは八百万の神々が客として集う「油屋」という名の湯屋で働いていた。油屋の主人は、相手の名を奪って支配する、恐ろしい魔女の湯婆婆で、最上に住んでいる。仕事を持たない者は動物に変えられてしまうとハクは千尋に教え、その状況に困惑しながらも手段は一つしかなかった。千尋は、雇ってくれるよう湯婆婆に頑張って頼み込み、名を奪われて「千」と新たに名付けられ、油屋で働くことになる。油屋で懸命に働き始めた千尋だったが、彼女はその出自から油屋の者たちから無視されて疎まれ、強烈な異臭を放つ客の相手まで押し付けられ、ろくに理解も乏しいままに悪戦苦闘する。しかし、彼女の実直な働きにより、客から大量の砂金が店にもたらされると、千尋は皆から一目置かれる存在になる。

原題:千と千尋の神隠し / 製作:日本(2001年) / 日本公開:2001年7月20日 / 124分 / 制作:スタジオジブリ / 配給:東宝、スタジオジブリ / 製作費: / 興行収入:308億円

Spirited Away – Official Trailer

(C)2001 二馬力・TGNDDTM


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『千と千尋の神隠し』の無料動画を見る方法

独創的な設定で観客を巻き込んで公開当時は大きな話題になった作品はそれだけの魅力がいっぱいです。そんなエンターテインメント大作をたっぷりお得に見るなら、動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信はさらにお手軽。パッケージディスクを手にしてしまった後に、配信に気づくと残念なことになるので事前にしっかり下調べをしておくと無駄な時間をかけずに済みます。

「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。たいして難しい計算ではないですが、劇場の映画代は1700円~1800円、高いとそれ以上します。でもVODはその1回分の料金で映画を無数に見られるのです。最高ではないでしょうか。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。「わざわざ高い金を払ってセキュリティアプリ入れてるし…」それも大事ですが、このタイプの不正動作は完全プロテクトしづらいです。

今やDVDなどのディスク提供はすでに旧時代のモノになりつつあり、デジタルコンテンツこそがメジャーとなっています。「花より団子だから無料なら何でもいいや!」そう思っていると、転んでしまいます。まずは準備です。つまり、どれで配信しているか確認する作業が必要です。「千と千尋の神隠し」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今あなたが見ている作品単位のページでは配信視聴の蓋然性の高いVODをアイコンできっちりと表示中。ロゴアイコンが一切ない場合は、配信の実態がないと考えられるので、もうしばらく時間をあけてアクセスしてください。YouTubeは無料動画ですが、品質の低いものが雑多に混じっています。フルムビバースは不純物なしの優良動画のみをセレクトしています。なお、最終的な配信状態は当日しかわからないものなので、登録前にラストとして公式サイトで目視しておくのを忘れずに。

試写会に行ったことのある人はどれくらいいるでしょうか。映画好きなら結構な頻度で言っている人もいるかもしれません。でも結局は抽選なので運の問題。そんな風に諦めていませんか。オンライン鑑賞も可能な場合もあるので意外に手軽です。映画配給会社のサイトを確認してみるとアナウンスがあるかもしれません。遠くの映画館には行けないという人こそネットは良いです。もちろんレビュー試写なら感想をコメントする必要があるのですが。タダで動画を見ているのですからそれくらいはしないとダメです。

家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「過激な内容とか、アダルトな映像だったら、どうする?」という疑念です。細かく設定可能なフィルターはないですが、その代わり、子ども仕様にアカウントを切り替えることができます。これで大人向けの作品が表示されることはなくなります。家族で好みも違うので、私はこれが見たいという需要があるときに、喧嘩するかもしれませんが、使い分けでトラブルも回避できます。逆に中には完全な大人オンリーの動画を集めたサービスも別個にある場合も。

『千と千尋の神隠し』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『千と千尋の神隠し』をさらに知る

★スタッフ
監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
プロデューサー:鈴木敏夫
音楽:久石譲
主題歌:木村弓

★キャスト(キャラクター)
柊瑠美(荻野千尋/千)、入野自由(ハク)、夏木マリ(湯婆婆)、内藤剛志(荻野明夫)、沢口靖子(荻野悠子)、我修院達也(青蛙)、神木隆之介(坊/ネズミ)、菅原文太(釜爺)、玉井夕海(リン)、大泉洋(番台蛙)、上條恒彦(父役)、小野武彦(兄役)、中村彰男(カオナシ)、安田顕(おしらさま)

★『千と千尋の神隠し』の評価

IMDbRTMETA
8.697%??
映画comY!FM
4.0???4.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『千と千尋の神隠し』の受賞
第75回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞。第52回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞。

★『千と千尋の神隠し』の感想

●無料ホームシアター 
おそらくジブリ作品を圧倒的な高みまで持ち上げた究極の一作がこれなのだろう。美術による最高クラスの世界観構築力が凄まじいの一言。異世界的なモチーフは世界にどれだけ魅力があるかにかかっている。それに対して今作の説得力は言葉にできないレベルでパーフェクトであり、ワンシーンごとに見入ってしまう。創造性のパワーを見せつけられたような、衝撃。そんなことを感じたのはアニメーション映画では初めてだった。これは偉業だ。
●FILMAGA 
少女が働く話。簡単に言ってしまうとそう表現できてしまいます。資本主義よりも社会のために働くことが第一だと考える宮崎駿監督らしいテーマ性がよく見えます。人生につまらなさを感じ、そんな感情不全に陥っている少女が、全く知らない世界で、汗を流し、生きる意味を見出し、それが周囲を変えていく。物語に邪魔な親をばっさりとブタに変えてしまうという大胆さもマネできない演出であり、その正直な排除も物語を気持ちよくしています。
●CRUNCHYROLL 
キャラクターがとにかく魅力的で、一発で覚えられるインパクトがあって、凄いです。どこからこんなアイディアが生まれるんだろうと不思議でならないです。題材になっているのは、風呂なので、日本人にも世界の人にもわかりやすいのがいいですね。ジブリ作品は毎回タイトルも印象的ですが、この「千と千尋の神隠し」も見事なセンス。日本で異常なまでに大ヒットした事実は今も不滅。応援上映などがない時代でこの興行収入なんて信じられません。