リンカーン(2012)

アカデミー賞12部門ノミネートの名作

映画『リンカーン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画鑑賞で終わらず、さらなる楽しみも。
今すぐ『リンカーン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Lincoln / アメリカ(2012年) / 日本公開:2013年4月19日 / 150分 / 制作:DreamWorks Pictures / 配給:20世紀フォックス / 製作費:6500万ドル / 興行収入:2億7500万ドル

映画『リンカーン』日本版予告編映像

(C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION and DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC

動画
▼『リンカーン』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
AuVideo ▼TELASA
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『リンカーン』の無料動画を見る方法

時代の中で大きな成果を成し遂げた偉人にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるというもの。どちらでも便利ですが、使い勝手が異なるので事前に下調べをしておくと混乱することはないです。

初めてというのはハンデではありません。それはむしろ有利な武器になるものであり、トライアル無料チャンスです。お楽しみタイムはエンドレスで始まります。でもその前に無料お試しで、あれこれと並んでいるムービー・コンテンツを無料動画的な利用感で満喫して、その旨味の虜になってみませんか。「無料が旧作に偏っているなどの欠点は?」そのムービーラインナップは新作だって続々追加されています。付加ポイントの有効活用があなたの映画人生の武器になるので新規作品も心待ちにできます。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。専門的な話になってしまいますが、動画広告は業界の主流になってしまっており、ゆえに多種多様なアド・システムが流通しています。その中には悪質でユーザーのデメリットにしかならないものもあるのです。詐欺的な誘導をともなう広告は動画系のブラックサイトに多いです。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

まさにタイムリーだった公開から時間もホヤホヤの映画から、劇場スルーの隠れシネマ、さらにはクラシックな作品まで、そのカバーは広域です。百聞は一見に如かずなので試したいのはやまやまなのですが、しかし、その手がピタッと止まってしまう要因になるのがVODのあまりの種類の多さです。選ばないといけません。「リンカーン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その立ちはだかる障壁を壊すための手助けとなるハンマーを提供するのがこのページの仕事。VODを配信しているものに限定してリストでアイコン表示中。アイコンがない場合は配信していないかも。フルコンテンツだけでないセーフティリンクを掲載するこちらのページでは、アンテナページ等へのデメリット誘導は一切行っていません。慣れてなくても大丈夫で、インターフェースがしっかりしているので混乱しないで済みます。見たい映画を選んで再生するだけの簡単な作業です。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「リンカーン」の面白さの発見につながるかもしれません。

お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、最初に登録した月の最後の日(4月なら30日)となるパターンもありえます。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ダニエル・デイ=ルイス」を見た気すらしません。つまり作戦が大事になってきます。「よし今日から土日は一気に映画を見まくる日にしよう!」という思いきった休みの使い方が、動画を見る上でも最良の手です。

『リンカーン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『リンカーン』をさらに知る

スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。『リンカーン』の製作総指揮はダニエル・ルピ、ジェフ・スコール、ジョナサン・キング。貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、努力と独学で身を立て大統領の座にまでのぼりつめる。それは驚くべきキャリアを歩む人生であり、大成功を手に入れたともいえる。しかし、そんな単純な話でもなかった。権力の座に安住することなく奴隷解放運動を推し進めたリンカーンは、さまざまな利害に巻き込まれていく。その運動が引き起こした南北戦争で国が2つに割れるという未曾有の危機にも直面していく。

★『リンカーン』のスタッフ
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★『リンカーン』のキャスト
ダニエル・デイ=ルイス、トミー・リー・ジョーンズ、サリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レビット、デビッド・ストラザーン、ジェームズ・スペイダー

★『リンカーン』の評価

IMDbRTMETA
7.489%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『リンカーン』の評価
第85回アカデミー賞で主演男優賞を受賞。

★『リンカーン』の感想

●『リンカーン』無料ホームシアター 
アメリカにとって非常に重要な人物ですね。映画は南北戦争終結間近となる1865年からスタートします。リンカーンは2度目の大統領選挙に勝利し、リンカーンが最後に腐心したアメリカ合衆国憲法の第13条の修正案を可決するに至る取り組みにスポットをおいた伝記作品です。とにかく取捨選択が上手い。リンカーンの代名詞と言える例の演説もさらっとセリフで振り返るだけ。この媚びない感じはさすがスピルバーグ。シンプルな姿勢に感服です。
●『リンカーン』シネマトゥデイ 
リンカーンの唱える「奴隷制度廃止」を一貫して描き上げた非常に真面目な映画であった。スピルバーグ監督作品は、エンターテインメント映画とシリアス映画がクッキリと区別されているように思えていたが、結局は「両者ともに、ある災難とか苦難に立ち向かうヒーローを描いている事」は一貫していると思う。そして、決して退屈しないのは凄い。歴史映画なので、ドキュメンタリーのように進みますが、僕はグイグイと話に惹き込まれました。
●『リンカーン』ユナイテッドシネマ 
アメリカ万歳映画ではない。リンカーンを伝記的に描いたのでもなければ、その人格の素晴らしさを描いたものでもない。「政治家の本質」に鋭く迫った議会劇だ。リンカーンの功績とされる「奴隷解放」という理念は、何もリンカーンという素晴らしい人格者が天才的に生み出したものではなく、時代の流れにそった、やや凡庸なくらいのものとしても描かれている。この一歩引いた視線は素晴らしく、あえて彼の血塗られた手腕に光を当てるのだった。