リアル・スティール

ロボット格闘技で高め合う父子の絆

映画『リアル・スティール』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! サイトを埋め尽くす広告はゼロです。
今すぐ『リアル・スティール』を見るなら動画リンクをチェック。

ヒュー・ジャックマン主演、ショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。製作総指揮にはジャック・ラプケ、ロバート・ゼメキス、スティーブ・スターキー、スティーブン・スピルバーグなどが名を連ねる。2020年、リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。メカが激しくぶつかり合うその姿に大衆は熱狂した。プロボクサーからロボット格闘技の世界に身を転じたチャーリーは、スクラップ寸前のロボットを闇試合に出場させて、いつか莫大な金を手に入れようと一攫千金を夢見ていた。そんなある日、離婚のため離れて暮らしていた11歳の息子マックスを預かることになり、生活に変化が生まれる。そうは言っても子育てなど無縁で慣れない父子の共同生活が始まるが、廃工場で旧式ロボット「ATOM」を発見したことから2人の運命が大きく変わっていく。

原題:Real Steel / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開:2011年12月9日 / 127分 / 制作:Touchstone Pictures / 配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ / 製作費:1億1000万ドル / 興行収入:2億9900万ドル

映画『リアル・スティール』予告編映像

(C)DreamWorks II Distribution Co. LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『リアル・スティール』の無料動画を見る方法

白熱のヒートアップしたドラマ性と独創的な設定で観客をワクワクさせる作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、少数の映画でいいならこれが適切。もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもので、たくさんの作品を見るなら有利です。

どうせならば動画は無料でちょっと見てみたい。でしたら、無料のトライアルで思い切ってお試ししてみませんか。たいして難しい計算ではないですが、劇場の映画代は1700円~1800円、高いとそれ以上します。でもVODはその1回分の料金で映画を無数に見られるのです。最高ではないでしょうか。「退会した瞬間に無料ではなくなるとか?」という疑念は大丈夫です。解約することは無料期間中でもできますが、その時点でお金が発生したりはしません。解約料はないのでお気兼ねなくどうぞ。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。不正アプリが審査をすり抜けて公式アプリストアに紛れ込む例もあり、サイト利用を通して自然にインストールを促される場合も。あれこれと手口を変え、姿を変えて侵入を試み続ける「良くない存在」にとって、違法動画視聴者は絶好の騙しやすい相手です。今は何ともなくともいつ何時、底の見えない足場で地雷を踏んでしまうかはわかりません。足が吹き飛べば動画の気分も爆散します。

「配信ムービーを見物しているだけで、とにかく生で見たい欲がヒートアップ!」だったら解放しましょう。しかし、少し一考を。月に叢雲、花に風。予想外の邪魔な落とし穴があるかも。それが今の配信状況のチェックです。これをスルーすると登録の意味すらもない事態に。「リアル・スティール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。無料動画を夢心地で見るためにも配信情報の収集は必須。このページでは最も肝心な該当作品を配信しているVODをアイコン表示。面倒な確認作業をショートカットして時間を有効活用できます。目の前に「これだけ使ってください!」とこれみよがしに押し付ける鬱陶しい宣伝はなく、オール・フェアにVODを提示しています。オンラインなビデオオンデマンドは検索性に優れています。今、この瞬間の配信確認は公式サービス上で行いましょう(アプリでなくブラウザでアクセスできます)。

海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。VODはまさにどちらの需要にも答えられるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。「リアル・スティール」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、登録した月の最終日を期間の終わりとするサービスも存在します。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ヒュー・ジャックマン」を雑に流してしまいかねないのです。要するに何か無駄にしたくないのならばあなたは考えるべきです。どの動画を見たいのかを。まずは見てみたい作品を上位10作くらい挙げてみましょう。

『リアル・スティール』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『リアル・スティール』をさらに知る

★スタッフ
監督:ショーン・レビ(関連作品:『デート&ナイト』)
脚本:ジョン・ゲイティンズ
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ダニー・エルフマン

★キャスト
ヒュー・ジャックマン、エバンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・マッキー、ケビン・デュランド、ホープ・デイヴィス、ジェームズ・レブホーン、カール・ユーン、オルガ・フォンダ、ジョン・ゲイティンズ

★『リアル・スティール』の評価

IMDbRTMETA
7.160%??
映画comY!FM
4.0???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『リアル・スティール』の感想

●映画無料夢心地
親子愛、ロボットアクション、ボクシング…燃えない要素がどこにもない、フルコースを用意された非常に胸熱な作品。色々やって詰め込みまくってもちゃんとボクシング映画の範疇を全く超えていないのが素晴らしい。SF要素もあるから、ロッキーオマージュをしても全然クドくない。まさに「ザ・アメリカ」の映画で、テンション上がってしまいました。日本絡みが沢山あったので、日本人にはちょこちょこ「おっ」となるシーンもあります。
●TOHOシネマズ  
簡単に言うと、ロボットがボクシングする映画です。人間がボクシングをしろよと思ったのですが、これが予想外に楽しい。目の前で闘いが起こっているような、私も観客の一部のような感覚になります。初めて映画を観て興奮して立ち上がって声を出しそうになりました。もうこれぞまさにエキサイティングって感じです。観客と一緒に拍手して、一緒に応援したくなります。20体以上あるロボット全部、造ったそうで、私も一体欲しいな…。
●ユナイテッドシネマ 
次世代型ロボットボクシングを通して父子の絆を描いた物語です。まさかの号泣でした。現実世界においてヒュー・ジャックマンは家族愛や子煩悩で有名なのに、映画では何故か不器用な父親役になる事が多いのですが、作中ではいつも好演してくれる安心のクオリティ。あとはロボットがカッコいい。人がいなくなった廃工場を連想するようなアンブッシュの錆びついたデザインの渋さ。謎の日本語さえも許してしまうくらい、惚れ込みました。