キック・アス(1作目)

クロエ・グレース・モレッツのブレイク作

映画『キック・アス』のフル動画を無料視聴する方法を、適度に情報更新しながらプレゼンテーション。
今すぐ『キック・アス』を見るなら動画リンクをチェック。

『キングスマン』を手がけたマシュー・ボーン監督が、マーク・ミラー原作の人気コミックを映画化し、当時まだ無名だったクロエ・グレース・モレッツの人気に火をつけることになったヒーローアクション。製作総指揮にはピエール・ラグランジェ、スティーブン・マークス、マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr.などが名を連ねる。ニューヨークに住む冴えないオタク少年のデイブは漠然とした疑問に向き合っていた。「誰もがスーパーヒーローを好きなのに、なぜ、誰もスーパーヒーローになりたがらない?」と思い立ち、その不満をため込む。そして、自分がその先陣を切ることを思いつく。何の特殊能力も持たないまま、ひとりコスチュームを着てスーパーヒーロー「Kick-Ass(キック・アス)」になる。だが、正義の味方として悪者を退治するのは骨の折れる仕事で、全然上手くいかないし、かなり痛いことだらけ。やがて、傷だらけになりながらもキック・アスとしての地味な活動を続けるデイブの前に、同じ稼業のビッグ・ダディとヒット・ガールが現れる。

原題:Kick-Ass / 製作:イギリス・アメリカ(2010年) / 日本公開:2010年12月18日 / 117分 / 制作:Marv Films / 配給:カルチュア・パブリッシャーズ / 次作:『キック・アス ジャスティス・フォーエバー

映画『キック・アス』予告編

(C)KA Films LP. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『キック・アス』の無料動画を見る方法

公開当時から魅力的な世界観とキャラクターで絶大な人気を集めた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するといいでしょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、まだという人でも今からでもすぐに始めることが可能。動画サイトと基本は同じで、配信の確認をするだけなので、ウェブサイトにアクセスして下調べをするのみです。

「コストは下げたい…」と思っているなら、一定期間は無料試用トライアルでタダにり、全体の年間支払いを節約することができます。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「私は不慣れなので全然理解不能でお手上げにならないかな?」と不安な気持ちをモヤモヤさせる必要はありません。アカウントをスタートで作成するステップも特別な知識なくすぐさま終えられます。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。これらのセキュリティ・クラッシュなサイトは「無料動画」と宣伝されていても、まずそんな淡い欲望は粉々に打ち砕かれます。意味不明な外国語ページの出現とともに、エラー音やアダルト広告を伴って、気づかぬうちに危険な状況に突き落とされます。口を酸っぱくして忠告してもなかなか届かないものですが、被害を受けた時にはご愁傷様ですとしか言えません。

「(/・ω・)/新作を待ってたよ!」と配信待機している皆さんもただ待つだけではなく、理想的な無料視聴を逃さずに。数に勝るものはないと言いますが、贅沢な悩みというのはわかっていても、このVODの多さだけはちょっと嬉しい悲鳴です。選択肢が多すぎて目移りしてしまうこと必須です。「キック・アス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。取り扱っているVODの多さには自信があります。最新のものから昔からあるものまで、その数は10種類を超えており、ほぼコンプです。ゴチャゴチャと書いていますが、とにかくあとは作品配信状況の最終チェックです。登録せずともそれは可能なので検索しましょう。

海外の外国語映画ならば選択しないといけないのは「字幕」か「吹き替え」か。この二択は日本特有のジレンマを発生させます。なぜなら日本語は言葉の量が長いこともあって、どうしても翻訳上の範囲におさめるためには省略が増えてしまうのです。ピュアな気持ちとしては原語重視で楽しめると良いのですが、そんな語学力はない。となるとやっぱり翻訳してもらうしかない。どちらがいいのかという問題になります。元も子もない言い方をすれば、比べるのが最良。「キック・アス」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、安易にサービスのせいだと決めつける前に、まずは自分の通信品質も疑ってみましょう。「キック・アス」の動画再生シークエンスが頻繁に停止しまくる、字幕や音声が大幅にずれる、シーンがカクついて部分飛びする…こんなときはサイトが重いせいもありますが、通信状態を確認すべきかもしれないのです。無線LANは便利ですがその範囲は障害物に弱く、2階建てなどの建築物は行き渡らないでしょう。そうなると増設・中継・設定変更という試行錯誤を繰り返すと改善する場合もあります。

『キック・アス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『キック・アス』をさらに知る

★スタッフ
監督:マシュー・ボーン
脚本:ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ボーン
撮影:ベン・デイビス
音楽:ジョン・マーフィ、ヘンリー・ジャックマン、マリウス・デ・ブリーズ、イラン・エシュケリ

★キャスト
アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング、オマリ・ハードウィック、リンジー・フォンセカ、ザンダー・バークレー、マイケル・リスポリ

★『キック・アス』の評価

IMDbRTMETA
7.675%66
映画comY!FM
3.94.193.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『キック・アス』の感想

●FILMAGA
主人公のキャラを食ってしまうほどクロエ・グレース・モレッツが演じているヒットガールの存在感が魅力的。彼女のもともとの幼い顔立ちが若干年齢を幼く見せて、その姿で暴力・残酷をいとも簡単にやってのける。そんな大活躍っぷりに全世界のロリコ…いや、根強い支持者を熱狂させたのも理解できます。バイオレンスなのに日本人受けしやすいルックですし、アメコミが苦手な人でも見やすいでしょう。ヒットガールに心をガッツリ掴まれてください。
●TOHOシネマズ 
マシューヴォーンはグロさ無しに人を殺すことができない。しかも音楽にのせてポップに殺しまくりなのがデフォルト。このスタイルを確立した時点で勝ちだと思う。本作ではあどけない少女が可愛くらしく下品ワードを連発してグサグサと殺す。この作品にリアリティを求めて批評する人はまさか居ないと思うので、終始飽きずに楽しめるアクションムービーとしてはかなり良質で、気軽に鑑賞できる。強くて可愛らしい女の子の活躍を是非とも観て欲しい。
●DAILYMOTION  
父親的存在と少女が銃や武器を手にして戦う。そういう映画はたくさんある。この「キックアス」がそれらとはひとつ違うことといえば、その暴力性を嘘偽りなく描いていることだ。つまりヒーローといえどもやっていることは暴力だよねという現実だ。しかし、それをノリノリな音楽でオブラートにくるめば皆気にしない。そんな私たち観客の都合のよさまでも予測してエンタメにしている、実に頭の良い映画だと思う。意外とバカな映画ではないのだ。