デビルズ・ノット(2013)

史上最悪の冤罪事件を映画化

映画『デビルズ・ノット』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無駄なリンクや広告は存在しません。
今すぐ『デビルズ・ノット』を見るなら動画リンクをチェック。

1993年にアメリカで実際に起こった未解決事件で、逮捕された3人の少年に対する史上最悪の冤罪事件とも言われる「ウェスト・メンフィス3事件」を、関係者の視点からスリリングに描いた群像劇。製作総指揮にはモリー・コナーズ、マリア・セストーン、サラ・ジョンソン・リードリヒ、ホイト・デビッド・モーガンなどが名を連ねる。93年初夏、米アーカンソー州ウェスト・メンフィスで、児童たちが無残に殺される猟奇殺人事件が発生する。事件当日の不審者目撃情報が相次ぐものの、いずれも有力な証拠としての決め手に欠け、情報不足のなか、押し寄せたメディアによって報道は過熱。小さな田舎町の住民たちは、次第に不安ばかりが膨れ上がりパニックに陥っていく。やがて警察は16~18歳の若者3人を犯人と断定し、逮捕するが、そこに怪しい不自然さを感じた私立探偵のロン・ラックスは独自に調査を開始して、事件を紐解こうとする。一方、被害者のひとりの母親パムも、裁判を通して浮上したさまざまな矛盾に動揺していた。

原題:Devil’s Knot / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2014年11月14日 / 114分 / 制作:Worldview Entertainment / 配給:キノフィルムズ

『デビルズ・ノット』予告編

(C)2013 DEVILS KNOT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『デビルズ・ノット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけの面白さがあります。そんなスリル満載の映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りる場合だとどうしても店に行く必要があったり、貸し借りの煩雑な作業もでてきたりします。そんなときはウェブサイトにアクセスして視聴するだけの動画サイトと基本は同じこちらのサービスのほうが圧倒的に便利で、有利に使えます。

「無料」を見逃すな!
「財布と相談しよう」そんな一歩待つ姿勢は必要ないかもしれません。無料お試しがあるので後々で支払いは先送りできます。いくら便利便利と連呼されても自分の目が最大の信頼源ですから、初回無料を活用してサービスが自分の趣味嗜好やライフスタイル、保有機器に適しているか判断しましょう。「無料といっても期間が短時間なら意味はない」と心をソワソワしなくても大丈夫。動画を見るうえでも必要である時間以上に、それこそ何作も見られるほどの日にちの余裕があるので吟味可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「デビルズ・ノット」の鑑賞はダメです。無料で見られるからといって迂闊に手を出すと、理想とは全く違うことを思い知らされます。動画は非常に質が低く、鮮明には映っていないので、何が起きているのかもわからないほどです。これでは映画鑑賞どころではないので、意味がありません。ベストは何かという話ではなく、マストで気を付けるべきことであり、あなたの動画体験の味方は正しさを基準にすべきです。

使うべきはどれ?
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。明日は明日の風が吹く。VODも気まぐれなもので、配信作品なんてガラリと変わってしまうことも。場合によっては1日で100作以上が配信終了になるパターンもあります。「デビルズ・ノット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。「何度もリンクをクリックしても全然違うサイトに飛ばされるのだけど…」そんなアクセス稼ぎサイトと違って、フルムビバースは誘導無しの適切な客観的紹介に専念しています。作品配信の有無を調べるのにアカウント作成の必要はありません。いつでも誰でも自由にサイトにアクセスして目視調査できます。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「デビルズ・ノット」でもあります。ホームテレビを利用するなら、対応しているものである必要があるのでテレビの機種をネット検索して使えるか確認しましょう。PCの場合は、SafariやChromeなどのどのブラウザでもだいたいは使用可能なので心配することもないでしょう。過剰利用でブラウザを酷使しているとメモリの消費量やCPU負荷が増大して肝心の動画再生の妨げになるので注意です。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

見たい動画をメモしよう
ただの動画配信サイトリンク集ではないフルムビバースでは作品メモ機能があります。いわゆるウォッチリストやマイリストと呼ばれるものです。この作品一覧はプライベートなもので他人に覗かれることはありません。自分だけのノートに活用できます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「デビルズ・ノット」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、動画が途中でいきなり別画面に切り替わって大音量の鬱陶しい映像宣伝が流れ始めたり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「デビルズ・ノット」視聴を妨げません。問題視されて業界事業者が「良くない」として排除している広告というものがあります。どれもユーザーエクスペリエンスを減退し、満足度を損傷させるものばかりであり、本サイトでもそんな広告とは関わりを断っています。

動画はフルの方がいい
このサイト名が「フル」ムビバースであるとおり、こちらでは必ずフル動画を紹介しています。VODのフルは正真正銘のオール・フルです。テレビ民放放送のように時間枠におさめるためにシーンをカットしたりはしません。これぞVODの隠れたメリットでもありますが、タイムリミットがないのでフルコンテンツを提供していることがほとんどなのです。クレジット後のオマケまで余すところなく全編を鑑賞可能です。「デビルズ・ノット」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『デビルズ・ノット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『デビルズ・ノット』をさらに知る

★スタッフ
監督:アトム・エゴヤン
脚本:ポール・ハリス・ボードマン、スコット・デリクソン
撮影:ポール・サロシー
音楽:マイケル・ダナ

★キャスト(キャラクター)
コリン・ファース(ロン・ラックス)、リース・ウィザースプーン(パム・ホッブス)、デイン・デハーン(クリス・モーガン)、アレッサンドロ・ニボラ、ブルース・グリーンウッド、エイミー・ライアン、ミレイユ・イーノス、ジェームズ・ハムリック、セス・メリウェザー、クリストファー・ヒギンズ、イライアス・コティーズ、スティーヴン・モイヤー

★『デビルズ・ノット』の評価

IMDbRTMETA
6.123%??
映画comY!FM
3.1???3.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『デビルズ・ノット』の感想

●シネマトゥデイ 
1993年にアメリカで起きた未だ真相のわからない未解決の男児3人殺害事件を基にされた作品。本来の事件がこういう状態になっているだけあって、映画を見てもモヤモヤするばかりでスッキリしたい人はそもそも場違いである。本作の本質はいかに人間が雑だらけであやふやで、それでいて自分の意識に自惚れているかを理解することにあるのではないだろうか。これを観てイライラするという人は正しい反応だ。人間の欠陥がよくわかる映画なのだから。
●TOHOシネマズ 
いつの時代も風変わりというか枠から外れてるヤツはこういう目の向け方をされるのかっと思ってゾッとした。哀しいですが、これが現実なのですよね。警察のことを信用できなくなるし、社会不信にだってなる。「人が人を裁くことの難しさ」について考えさせられると同時に、私たちがふだんテレビやネットで見ている事件の捜査を間違っているのではないかと疑いたくなります。冤罪が怖いのはそれが起こっている最中は当人以外気づいていないことです。
●DAILYMOTION
テレビ番組の特集で事件はある程度知っていたので、終わり方も予想の範囲内でした。それにしても1990年代、犯罪プロファイリングやDNA鑑定の精度の良さは一定の評価がされていると勝手に思ってただけに、警察や世の中はこんなものだったことにいささかショックです。結局はどんなに精巧な技術や専門的手法があっても、それを使う側のモラルの問題でしょうか。「悪魔崇拝やヘヴィメタル=悪」という決めつけは、「オタク=悪」と同じものですね。