太陽(2016)

二つの世界、どちらで生きるか

映画『太陽』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告だらけのサイトとはもうオサラバ。
今すぐ『太陽』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:太陽 / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年4月23日 / 129分 / 制作: / 配給:KADOKAWA

映画『太陽』予告編

(C)2015「太陽」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高水準
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『太陽』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及度はぐんぐんアップ!
独創的な設定で観客をワクワクさせるようなユニークな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用するのがオススメ。レンタル店でDVDを借りる場合、どうしてもネット配信とは違ってもろもろの労力が余計にかかってしまいます。ウェブサイトにアクセスして動画を観るだけのサービスならそのような手間はなし。家にパソコンやテレビがない人も安心。スマホで気軽にOKです。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。利用料金を支払うことになるのが基本的な当たり前ですが、無料試用登録では一定期間が終了した後に、おカネの請求が発生するので、その間に利用を続けるか検討できます。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「太陽」の再生はダメです。怖い話は山ほどありますが、フィッシング詐欺サイトへの誘導を目的とした手口にも使われており、迂闊に個人情報を入力するなどは絶対にしてはいけません。何かしらの通販サイトを装うものもあるので、それが正式に存在するサイトか確認しないと地獄を見ます。リターンがあるのは公正なサービスの方です。これは優等生的な真面目な対応を促しているのではなく、損得の話でも当然です。

配信しているのはコレ!
まさにタイムリーだった公開から時間もホヤホヤの映画から、劇場スルーの隠れシネマ、さらにはクラシックな作品まで、そのカバーは広域です。ただし、面倒事がゼロならいいのですが、そうもいかないのが困りもの。ユーザーの鑑賞希望作品を配信しているサービスがどれなのか、探さないといけません。「太陽」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。凡庸なサイトならば特定のサービスを提示してそれでおしまいという感じですが、こちらでは几帳面に必要な更新を怠っていません。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

フェアにオススメします
他の配信動画紹介サイトでよく見られる光景は、サービスをズラリと掲載しつつも、結局はひとつのサービスだけに固執して推薦してくるパターンです。それは個別のレコメンドにまで配慮が行き届いていません。フルムビバースの場合は、視聴可能なVODを情報に基づいて示して、該当動画リンクへと促すだけ。フェアであることを最優先にしているので、公正さについてはどこよりも自信があります。単純に「太陽」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツを世の中から一掃する方法はありませんが、存在感を低減させて、目立たないようにさせることで黙殺することができます。その対抗策として脚光を浴びる役割を果たせるのもVODです。どんなユーザーでも倫理観や合法性で説教臭く押し付けられるよりもナチュラルに正しいサービスに惹かれる方が火花が散ることがありません。VODは先陣を切ってその役目を担うことが可能なので、子どもから大人まで流布させることが、頑張っている業界の応援にもなるので「太陽」合法視聴方法を拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「太陽」を観終わって解約するのもアリ。しかし、解約の方法は登録の方法よりも大々的にアピールされないので(当然ではありますが)不安感を増大させやすいです。でも退会のやり方は実は登録以上に簡単です。どのサービスでも基本は一緒。退会ページにアクセスし、パスワード等を入力して本人かどうかをチェックした後に、契約解除に進むだけ。面倒な種類などを書く必要はなく、一般的なアカウント削除と同様の感覚で済みます。なので解約したいと思ったら、その瞬間にすぐ実行可能です。

俳優好きにも必須
映画を観れば俳優だって目に入ってきます。時折見せるスタイリッシュなアクション、美しいプロポーション、セクシーな色気、コミカルなパフォーマンス…いろいろな姿を見物できるのもお腹いっぱいになるものです。VODでは俳優別で検索することもできるので、あの人だけの映画をズラリと並べることもできます。「神木隆之介」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

『太陽』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『太陽』をさらに知る

読売演劇大賞ほか多くの演劇賞を受賞している劇作家・演出家の前川知大率いる劇団「イキウメ」の同名舞台を、入江悠監督のメガホン、神木隆之介と門脇麦の主演により映画化。エグゼクティブプロデューサーは原田知明と堀内大示。21世紀初頭、ウイルスによる人口激減から、なんとか生き残った人類は、分断されてしまうことになる。心身ともに進化しながらも太陽の光に弱くなり夜しか生きられなくなった新人類「ノクス」と、ノクスに管理されながら貧しく少ない資源の中で生きる旧人類「キュリオ」という2つの階層に分かれて生活していた。それは変えられない世界の不変のルールとなる。2つの世界の移動は限られた条件でしかできない。ある日、村でノクスの駐在員をキュリオの男が惨殺する事件が起こった。この事件により、ノクスから経済制裁を受け、ただでさえ困窮するキュリオはますます貧しくなっていった。

★スタッフ
監督:入江悠(関連作品:『ジョーカー・ゲーム』)
脚本:入江悠、前川知大

★キャスト
神木隆之介、門脇麦、古川雄輝、綾田俊樹、水田航生、高橋和也、森口瑤子、村上淳

★『太陽』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『太陽』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画無料夢心地 
原作の蜷川幸雄演出の舞台を何度が観劇したので、映画もとても懐かしい気持ちで観れました。舞台には舞台の良さ、映画には映画の良さがあって、想像で補ってた部分が視覚的に補完された感じでしょうか。配役も多少違う部分もありつつ、あまり違和感は無かったです。夜しか生きられない進化したノクスと、旧人類のキュリオという設定は、最初聞いたときは「何それ」と思うかもしれませんが、そこまで難解な世界観ではないので安心してください。
●BILIBILI 
人種差別、地域格差、偏見、妬み、嫉み、暴力、なんでもありの負のエネルギーが炸裂する。この世界はSFとして日本に巣くう社会の二面性を極端に表現したものだ。そして、そのどちらかが正義で、もう片方が悪などというシンプルな構図ではなく、両者は互いに照らし合う存在であるという現実と向き合っている。安易なカタルシスはないが、それこそ社会の本質だろう。常に異なるグループを憎み合う今の日本への警鐘と批判がこもった一作なのだ。
●フルムビアウト  
神木隆之介と門脇麦の演技合戦が素晴らしい。門脇麦の裸体は他の映画でも見たけれど、いつも暴力を受けてばかりでなんか哀れです。キュリオとノックスの比喩は、「都市部」と「農村部」を意味するのかもしれないが、入江悠という監督の根底にある地方への閉塞感が、SFという形で強烈に表れた結果なのかな。演技派俳優の起用により感情的でドラマチックに仕上がり、舞台に入江悠要素がプラスされ、余計にドロッとした映画になったと思います。