ザ・レイド GOKUDO

ヤバい奴らの抗争はさらに過激に!

映画『ザ・レイド GOKUDO』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無駄なリンクや広告は存在しません。
今すぐ『ザ・レイド GOKUDO』を見るなら動画リンクをチェック。

インドネシア発のバイオレンスアクションとして話題となった『ザ・レイド』の続編で、今作では、警察と政界支配を目論むアジアンマフィア、そして勢力拡大を狙う日本のヤクザの三つ巴の戦いを描く。製作はアリオ・サガントロ、ネイト・ボロティン、アラム・ターツァキアン。上層部の命令を受け、潜入捜査官として生きることになった新人警官のラマは、名前を偽り、マフィアのボスの息子ウチョの信頼を得て組織の一員になる。しかし、父親に反発するウチョが組織内で成り上ろうと企てた陰謀により、ラマは対立する日本人ヤクザとの抗争や果てしない戦いに巻き込まれていく。

原題:The Raid 2: Berandal / 製作:インドネシア(2013年) / 日本公開:2014年11月22日 / 146分 / 制作:PT. Merantau Films / 配給:KADOKAWA  / 前作:『ザ・レイド』

映画『ザ・レイド GOKUDO』予告編

(C)2013 PT Merantau Films


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ザ・レイド GOKUDO』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
バイオレンスとアクションが織り交ざった激しい映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなハードでエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用してみるのが良いです。ネット配信なのでテレビ放送と違って映像規制は一切なく、そのままの作品の雰囲気を味わうことができます。外出先のちょっとした時間で鑑賞するならばスマホで、家でじっくり見るならパソコンやテレビで、好きなように選んで視聴しましょう。

「無料」を見逃すな!
「有料か無料かどっちがいい?」と聞かれたら、誰だってタダがベストに決まっています。お試しでその利権をゲットです。無料で試せる範囲に制約はありません。一部の機能のみという限定的な解放ではないので、扱われている動画を自由に選択して自己環境でセルフトライして、使い心地を確認できます。「映画を観終わったら無料期間でも退会できるのかな」これは最も寄せられる質問ですが、その答えは「大丈夫なので安心してください」です。解約は登録したその日にでもできてしまうので、自由です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトはシャットアウトしましょう。それで「ザ・レイド GOKUDO」の鑑賞はダメです。詳細な危険事例を説明すると、大小さまざまな問題が山積しているので挙げきれないのですが、あなたの使用機器を破壊するリスクから、アカウントや口座の不正使用まで、それはもう人生が滅茶苦茶になる可能性があります。絶望的な目に遭うのは不可避です。想像してみてください。自分のパソコンやスマホが不正サイトのせいで使えないなどの被害を受ける事態を。あとはわかるでしょう。

これに決めた!
「もしかして、これって最高の動画鑑賞ベストチャンスなのでは?」と思うなら、今はそれを黙々と信じるのみです。でも厄介なトラップも多数。「始めようと登録しても、自分の鑑賞したい動画がない」そういう実は配信が終わっていたという、ヘコんでしまう失敗も起こりえます。「ザ・レイド GOKUDO」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は考えているよりも難しくなく終わらせられます。このページのアイコン表示を見れば、ある時点における配信中サービスが一目瞭然で、一番にスピード重視という人にこそ利便性抜群です。「動画」と書かれたテキストリンクをクリックしてみたらランキングページに誘導された…そういう経験はもうこりごり。フルムビバースは確実な動画へ導きます。VODはいくつもあるのでそれごとに無料お試しは可能。つまり、まず1つ目の1か月体験が終わって、次の2週間体験に、そしてまた別の…と連続利用もできなくはないです。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わないで映画を無料で見るなんて、どうせ全部アウトな方法だろうと思ってしまいますが、唯一、合法的な手段があります。それはかなり作品が限定的なので汎用性はありませんが、覚えておいて損はありません。その方法とはパブリックドメイン。これは知的財産権が生じていないor消滅した作品のことで、つまり平たく言えば著作権切れの状態です。これに該当するならば当然ネット上にアップロードしても問題ないために、アーカイブサイトでフル動画が存在したりもします。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。ノーリスク・ノーストレスで作品を見物し、「このジャンルだけを調べよう」と集中的に注目したりも可能。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「ギャレス・エバンス」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料動画サイトとの違い
「映画はおカネがかかるのはわかるけど無料を願うのはやめられない…」そんな欲求は理解できます。だからといって動画シェアサイトをあてもなく探るのは人生の時間を浪費するだけです。なにせそのコンテンツの質はあまりにもマネジメントされておらず、他人のレビューすらもあてになりません。いまだにサムネで釣って無関係なサイトに誘導する動画すらも存在しています。VODは天と地の差です。全てが高品質クオリティのオフィシャルワークスなのでサーチにイラつくこともなし。「ザ・レイド GOKUDO」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

ホームシアターのススメ
好きな機器で見られるのが売りのVODの動画たち。その中でも最高クラスにゴージャスな経験ができるホームシアターは一種の理想形。家にこの環境を整備できれば、すでにパソコンやテレビなどは格下の存在に。劇場の入り口が家にあるというどこでもドア状態で、私だけ無料の椅子に座って視聴できます。「ザ・レイド GOKUDO」も最高級に。当然サンタクロースのプレゼントのように夢心地のうちに手に入るものではありません。それなりの設備投資が必要になります。詳しくは家電屋さんか、解説サイトを参照すべきですが、ひとつ言えるのは最初はお高くても達成感は格別ということ。

『ザ・レイド GOKUDO』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・レイド GOKUDO』をさらに知る

★スタッフ
監督:ギャレス・エバンス
脚本:ギャレス・エバンス
撮影:マット・フラネリー
音楽:ジョセフ・トラパニーズ

★キャスト
イコ・ウワイス、アリフィン・プトラ、オカ・アンタラ、ティオ・パクサデウォ、アレックス・アッバド

★『ザ・レイド GOKUDO』の評価

IMDbRTMETA
8.080%??
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ザ・レイド GOKUDO』の感想

●映画無料夢心地
続編ともあればパワーアップしていて当然。前作同様アクションとカメラワークは見事なまでに素晴らしいです。ビルの中だけだった前作と比べ、刑務所の大乱闘や車の中などいたるところで行われるアクションは見応え充分で全く眠れないほど飽きません。敵キャラにも、ハンマーガールやバッドマン、キラーマスターなど個性的なキャラがたくさんいて魅力があって最高です。主人公とマフィアのボスの息子とのドラマ要素と抗争のせいか割と長いのは大変。
●シネマトゥデイ 
開始14分で心を掴まれた! 前作「ザ・レイド」を自分の中の「このアクション映画はスゴい!!」という大絶賛フォルダにしまっておいたわけですが、今作も最高でね。麻薬王が支配する雑居ビル内での強制捜査の物語だった前作から打って変わって今回は至る所でゴリゴリのバイオレンスアクションが容赦なく炸裂します。それはもう残虐さと流れる血の量はハンパなく前作を凌ぐほどドバドバ出ていて、観てる自分が痛くなりそうな感覚に襲われます。
●TOHOシネマズ
序盤から激アツ。前作は高層ビルの中のみという閉鎖的な制約があったけども、今作ではトイレバトルの他にも、野郎どもが泥まみれになりながらのなんとも楽しい泥んこ乱闘戦もあるし、ちょい派手なカーチェイスやちょい残酷な銃撃シーン、狭い車内で敵をボッコボコにする変わり種バトルなんかもあって、色んなシチュエーションなのが玉手箱のように飽きないゴージャスさ。開放的でどれもが見応え十分の暴力フルコースでおなかいっぱい。
●DAILYMOTION  
初体験のシラットで死亡遊戯を見せ、コンパクトでインパクト大だったインドネシア発の前作の続編が、一転して良くも悪くも大作風情になりました。閉鎖空間で完結した前作に比べヤクザ組織間抗争のノワール風ストーリーがついてアクション密度は下がって冗長に。そのくせ物語上は日本のヤクザが出てくる必然性はなく、監督のヤクザ愛だけで成立しているような作品でしたね。カーアクションに加え疾走する車内での閉所バトルなどは満足。