プロメテウス / Prometheus

知られざる「エイリアン」の太古の歴史

映画『プロメテウス』のフル動画を無料視聴する方法を安全確保でレコメンドしています! すぐに動画サイトが特定できます。
今すぐ『プロメテウス』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Prometheus / アメリカ(2012年) / 日本公開:2012年8月24日 / 124分 / 制作:Scott Free Productions / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1億2000万ドル / 興行収入:4億ドル / 次作:『エイリアン コヴェナント

映画『プロメテウス』予告編

(C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX

動画
▼『プロメテウス』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 良質環境

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『プロメテウス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

謎解きを味わいながら!
独創的な設定で観客をワクワクさせるようなSFワールドはそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2種類。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。双方ともに使いやすいですが、使い勝手が異なってくるので事前にしっかり下調べしておきましょう。

「無料」を嫌う人はいない!
あなたは初めての利用者でしょうか? だとしたらそれは最大の利点になります。初回無料のトライアルが健在です。「無料なんてズルくないのかな?」そんな危惧は心配しすぎ。しっかり公式サイト内で提供してくれている、卑怯でもない、正統な手段ですから胸を張って使わせてもらいましょう。おカネはそれからです。「お試し動画みたいなものが無料というオチでは?」「それはちょっとだけしか見れないということにならないよね?」などという疑惑も正しい情報で上書き保存してください。当然のように序盤からラストまで完全フル動画で公式のままに配信するので何も気にしなくてOK。リドリー・スコット監督の「プロメテウス」も配信中。

禁断というのは言い過ぎではない!
不正な動画ウェブサイトは明らかな問題をこじらせているので適法性・実用性の二点で非推奨。それでノオミ・ラパス出演の「プロメテウス」の視聴はダメです。フィルタリングでもシャットアウトできない数多のブラックサイトは大小はあれど悪影響がいたるところに潜んでいます。それは無視したりはできないものです。広告クリックを誘発させるために、動画再生画面に邪魔な画像を表示させ、閉じようとさせて別ページへ強制移動させるのは常套手段の罠です。リスキーなサイトは手を出せば奈落の底のように引きずり込まれて身を焼かれます。これは大袈裟ではなく明確な事実です。

配信しているのはコレ!
ジャンルも公開時期も問わないあらゆる映画をミックスさせているこのネット上のレンタル店みたいなVODは最強の存在です。あとは登録して視聴するのみと言いたいところでも、悩みの種になるのが配信作品の流動的な把握しづらさ。1年ごとではなく毎週レベルでの変化なので非常に複雑膨大です。マイケル・ファスベンダー出演の「プロメテウス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページにアイコン画像が表示されてはいないでしょうか。それは配信中の可能性が高い(確認が一時的にとれた)VODです。つまりすぐに無料動画に移れるかもしれないのです。なければお預けですが。記事を発信して情報はそれでおしまい…なんてことはさせません。配信が激変すればこのページの内容も適切な間隔で変更してきます。無料動画で夢心地になれる数少ない絶好の機会です。それはあなたの生活をエンタメ満載にしてくれます。いつまでも配信が続くわけではないので、観たいと思った時に行動しましょう。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。ご存知のようにDVDやBlu-ray Discならば、最初の設定で字幕か吹替かを選択できるのがスタンダード。それは普通に期待できることになっています。VODでもしっかりその2種類を用意しているものもあります(作品で異なるので要チェック)。英語字幕アリのものだと、そのままリスニングの練習に使えるという教材感覚で利用も可です。ガイ・ピアース出演の人気シリーズの原点「プロメテウス」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、その憂慮している事項は再生機器の使用環境における通信品質が重大でもあります。シャーリーズ・セロン出演の「プロメテウス」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。それは冷静に考えれば答えにたどり着きます。理由もわからずイライラしてしまいがちですが、落ち着いて消去法でひとつひとつ対処です。まずは、無線LANから有線LANに接続して速度が改善するか確認。有線は普通に考えれば速いはず。それで良くなったら無線環境が悪い証拠です。それでも良くならないならルーター自体が古いか、設定の問題かもしれません。

フェアにオススメします
VOD紹介サイトはアフィリエイト広告を利用して特定のサービスだけに誘導するものもよくあります。しかし、それではユーザーが本当に吟味することはできず、ただただ流されていくだけになってしまい、不誠実な状況です。本来であればそんな贔屓はあるべきではありません。そこでこのフルムビバースでは基本は配信中のVODを対等に取り扱い、意図的な収益目的の選択肢のないリードはしていません。個人の選択の自由を最大限尊重しています。単純にイドリス・エルバ出演の「プロメテウス」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングしてさらに満足度がアップするディープな出会いを届けていきたいと思います。

ホームシアターのススメ
ワールドトップクラスのホームシアターは手に入らなくても自宅環境に最適なものを構築することはそこまで不可能な難題ではありません。今はとくに敷居が低いことになっています。実際にそれをやっている映画ファンもいて、ある程度の資金力があれば実現のハードルは多くを突破できます。これで無料気分でプライベート映画館が完成します。ローガン・マーシャル=グリーン出演の「プロメテウス」も最高級に。専門スタジオのようなスペシャルな機器は要りません。主に3つだけ。プロジェクター、オーディオセット、スクリーン。値段云々よりもそれだけのスペースがあるのかという問題が大きいので、一軒家世帯からの検討になるでしょう。

『プロメテウス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月4日時点での『プロメテウス』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『プロメテウス』をさらに知る

巨匠リドリー・スコットが自身初の3Dで描くSF大作。『プロメテウス』の製作総指揮はマイケル・コスティガン、マーク・ハッファム、マイケル・エレンバーグ、デイモン・リンデロフ。西暦2089年。地球上の古代遺跡で人類の起源にかかわる重大な手がかりを発見した科学者チームが、その謎を解明するために人知の限界を突破すべく行動に出る。目指すのは重要な情報があるとされる場所。宇宙船プロメテウス号に乗り、未知の惑星を訪れる。しかし、それは絶望へとつながる恐怖の入り口にもなっていた。そこには人類が決して触れてはならない、信じがたい驚きの真実が眠っていた…。

★『プロメテウス』のスタッフ


監督:リドリー・スコット
脚本:ジョン・スパイツ、デイモン・リンデロフ
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:マルク・ストライテンフェルト

★『プロメテウス』のキャスト


ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、ガイ・ピアース、イドリス・エルバ、ローガン・マーシャル=グリーン、シャーリーズ・セロン、ケイト・ディッキー、レイフ・スポール、エミュ・エリオット、ベネディクト・ウォン、パトリック・ウィルソン

★『プロメテウス』の評価

IMDbRTMETA
7.073%??
映画comY!FM
3.0???3.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『プロメテウス』の感想

●『プロメテウス』FILMAGA 
リドリー・スコット監督がまたもや「エイリアン」の世界に帰ってきた。といってもこの映画は「エイリアン」とタイトルにあるわけではないので、関連作だと理解せずに観ている人が多いのではないだろうか。一方で、本作を「エイリアン」の関連作として観ているとそれはそれで困惑する。つまり、リドリー・スコット監督は完全にあの「エイリアン」シリーズとは全く異なるテーマ性で物語を新しく展開させようとしているからだ。実は凄い話なのだ。
●『プロメテウス』TOHOシネマズ 
恐ろしいモンスターが襲ってきて皆ウワーとなるエイリアンの前日譚…ということになっていますが、これは新規軸の感じがします。どちらかといえばリブートに近いですよね。とりあえず「エイリアン1~4」とはかなり違う。もちろんお約束は揃っているのです。でもこの映画でかなり重要となるアンドロイドの存在がかなり異色で、おそらく物語の裏テーマになっている気がします。少なくとも「エイリアン」過去作を観ておく必要はありません。
●『プロメテウス』ユナイテッドシネマ  
本作と「エイリアン コヴェナント」を鑑賞して確信したこと。それはこれはリドリー・スコットの壮大な歴史絵巻なのだということだ。この歴史にはおそらく「ブレードランナー」の世界も関与している。きっとつながっているはずで、それを示すように「ブレードランナー」オマージュの演出や、アンドロイドの活躍が目立つ。単純にSFパニックが見たいと気軽に思っていると意表を突かれるので注意してほしい。あなたの想像を超えることが起こっている。