僕等がいた 前篇(2012)

出会いが心を開いていく

映画『僕等がいた 前篇』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無駄なリンクや広告は存在しません。
今すぐ『僕等がいた 前篇』を見るなら動画リンクをチェック。

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。プロデューサーは川田尚広と山崎倫明。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる、非の打ちどころのない男子高校生・矢野は、過去に恋人を交通事故で失い心を閉ざしていた。しかし、明るく前向きで無邪気な七美の存在が、大きな空白に苦しむ心の痛みを解きほぐし、次第に矢野の心を開かせていく。やがて2人はさまざま葛藤を乗り越えて恋を実らせるが…。

原題:僕等がいた 前篇 / 製作:日本(2012年) / 日本公開:2012年3月17日 / 123分 / 制作: / 配給:東宝、アスミック・エース 

映画『僕等がいた 前篇』『僕等がいた 後篇』Web版予告編

(C)2012「僕等がいた」製作委員会 (C)2002小畑友紀/小学館


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『僕等がいた 前篇』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
色々な葛藤や問題を抱えながら二人の関係を深めていくような作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く使いましょう。レンタル店でDVDを借りるのでもいいのですが、ネット配信で扱っているのならばそれを使うほうが良いです。パッケージディスクを手にしてしまったあとにその配信に気づくと残念な気持ちになるので、事前にしっかり下調べしておくのは大事になってきます。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「解約制限みたいなのはないのだろうか」との素朴な疑問の答えは「ご安心を」です。登録したらいつどのタイミングでも自由に解約はできますし、退会する作業になんら負担は発生しませんので、大丈夫です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「僕等がいた 前篇」の再生はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。ベストチョイスを選ぶのは自由ですが、少なくとも変なアレよりもVODの方が健全さでは有力候補になると言い切れるでしょう。

あなたの選択は自由!
VODの配信トリガーになるものは視聴者には見えてきませんが、デジタル配信一般提供は目安になるので着目する意味はあります。ところが、話題性抜群という需要の高さが困ったことにもなり、大小多くの企業がサービス展開し始めた結果、配信状況の正確な理解がとてつもなく大変になりました。「僕等がいた 前篇」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今、見ているページにアイコン画像が表示されていませんか? これは配信している可能性が高いことを示しています。そうしたアイコン・リストが1個もないのならば、情報待ちか、まだ未配信と考えるべきかもしれません。重要なのは何よりも情報のフレッシュさ。少しでも新しいほうが良いに決まっていますし、情報更新が適度になされます。サブスクリプション方式がどうしても嫌だという人はディスク購入するしかないですが、DVDもいつかは壊れるものです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「僕等がいた 前篇」を見るには飛び越えるべき段差がひとつ。まずはクレジットカードです。VODは支払い情報先が必須。これで信頼性を獲得しています。キャリア決済もある場合もあって、それだとスマホ料金と一緒になります。簡単に買えるプリペイド系はユーザーを偽装できるので原則使えないのがほとんどです。クレジットカードを持っていないから無理だと判断するのは早計。焦らず他の手段を検討しましょう。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、そういうものだと思って余裕をもって想定しておくしかないです。「僕等がいた 前篇」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

邪魔な広告は無し!
広告が動画再生途中に急に前触れもなく表示されて鑑賞が不可になる、リンクや検索窓に触れると無関係なページが開く…。こういった現象の起こるサイトは悪質性の高い有害サイトです。フルムビバースはそのようなことは皆無だと100%保証できます。全てにおいてセーフティな動画環境を確保することに全力を注いでおり、「僕等がいた 前篇」視聴を妨げません。見てすぐにわかると思いますが、スマホ画面でもこのページにはほとんど広告がデフォルト状態でも表示されません。しつこく追尾してくる広告にうんざりしていたあなたにも使いやすいと自負できるシンプルさです。

動画はフルの方がいい
基本的には1・2時間から長いもので3時間を超える長尺コンテンツである映画。オープニングからエンドクレジット(オマケがあるかも)まで隅々まで味わってこそフルで楽しんだと言えます。細かい小ネタもたくさんありますし、セリフひとつも見逃せません。伏線だってあるかもしれないですから。しかし、カットされていたら嫌なものです。TV放映だとそういう都合で短縮される場合もあります。「僕等がいた 前篇」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『僕等がいた 前篇』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『僕等がいた 前篇』をさらに知る

★スタッフ
監督:三木孝浩
脚本:吉田智子
撮影:山田康介
音楽:松谷卓

★キャスト
生田斗真、吉高由里子、高岡蒼甫、本仮屋ユイカ、小松彩夏、柄本佑、比嘉愛未、麻生祐未、滝裕可里、緑友利恵

★『僕等がいた 前篇』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.4???3.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『僕等がいた 前篇』の感想

●FILMAGA
この前篇は物語の要とも言える後篇をしっかり理解し楽しむための前菜という感じ。だけど、決して内容としては薄い訳ではなく、しっかり中身のある充実した思いの詰まった作品であった。実際に、この前篇と後篇に分けるにあたってこの前篇があったからこそ、この映画は上手い絶妙なバランスで成り立っていると思う。これを1本の2時間作品に仕上げたらこの映画の良作としての価値は多分台無しになって激減したと思う。いい判断でした。
●シネマトゥデイ 
高校生の「The 青春」という感じがストレートに良い。高橋の無邪気で真っ直ぐで純粋な心は、見ていて気持ちよかった。前篇の終わり方も気持ち悪い途切れ方ではなく、程よく後篇への余韻を醸し出す形でうまく仕上がっていた。少女漫画の実写化はものすごいムラがあって、場合によってはあまりにヒロインがクレイジーすぎて観客がドン引きになるのだけど、今作は役者の好演もあって、なんとかそのバランスを保っている奇跡の出来です。
●BILIBILI
高校時代の運命の出会いと恋を描いたラブストーリー、生田斗真君と吉高由里子ちゃんのどちらも素晴らしく、北海道釧路の景色が素晴らしい映画でした。真っ直ぐに人を愛するとは自分がどうしたいではなく、相手の幸せを一番に願うこと。その幸せのために自分が出来ることは何かを考えること、そして行動すること。当たり前のようで忘れてしまうこと考え方。恋愛のはじまりは自分本位になりがちだけれど思いやる気持ちはとっても大切な要素です。
●DAILYMOTION
キャスティング発表された時は「七美が吉高由里子って」と馬鹿にしていました。でも、ごめんなさい。めちゃくちゃ良かったです。「プラマイゼロ、むしろプラマイプラスだったよ」て耳元で告げるシーンなど泣き所はいっぱいあるけど、素朴な雰囲気を綺麗に描く映画のタッチが全体的に好きです。前編と後編で高校と社会と舞台が分かれているので、こういう構成に耐えられるのが、俳優を選ぶ理由として、この映画化の難易度をあげたのでしょう。