ダーク・シャドウ / Dark Shadows

ティム・バートンとジョニー・デップ、抜群のコンビで描く吸血鬼物語

映画『ダーク・シャドウ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 特定サイトのみを紹介する誘導はないです。
今すぐ『ダーク・シャドウ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Dark Shadows / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2012年5月19日 / 113分 / 制作:Village Roadshow Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:2億4500万ドル

映画『ダーク・シャドウ』予告編

(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ダーク・シャドウ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ハラハラできる愉快さ
独創的な設定で観客をワクワクさせて摩訶不思議なワールドに迷わせる作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用するといいでしょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今ではさらにユーザー数を増加させ、普及を確実なものにしています。まだ使っていない人でも簡単に始まることができ、初心者でも安心です。

「無料」を見逃すな!
「有料だとやっぱり困るかな…」と一歩を踏み出せないならば、コストダウンどころか最初はタダになる試用体験をしましょう。「家にいながらどこでも自由に映画を観たい。それこそ無料ホームシアターのように」そんな思いに答えるサービスで、お試し期間によって一定の間、本当にタダとなります。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ダーク・シャドウ」の視聴はダメです。最近の主流は仮想通貨を利用した不正な騙しテクニックです。何かと大量資産流通のトラブルを起こしている仮想通貨業界ですが、最初から相手を嵌める目的で作られたものもあります。迂闊に送金はしないでください。おカネが返ってくることはないです。毎年大勢の人が人知れずに大損害を受けているので、聞き流すことなく、マニュアルだと思ってオフィシャル一択にしましょう。

使うべきはどれ?
「もしかして、これって最高の動画鑑賞ベストチャンスなのでは?」と思うなら、今はそれを黙々と信じるのみです。ただし、最も肝心な配信リストは不変ではないのが厄介。つまり、毎度いつ覗いても配信している映画もあれば、ある期間で配信終了のものも混在しています。「ダーク・シャドウ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。お困りの方に声をかけているのがこの作品動画ページ。ナビゲーションに特化した、配信VODの一覧化が掲載中なので、無数のサイトをいつまでも確認してめぐり歩く必要性を緩和して負担軽減します。いくらクリックしても何も動画にありつけないランキングサイトにイラついたことはありませんか? フルムビバースの動画紹介にはそんな無価値な誘導トラップは皆無です。人生は思わぬところに幸運のクッキーが隠れているものです。VODとの出会いはあなたに刺激と興奮をもたらしてくれるのは保証できます。

あなたはどっち派?
公開前から議論になりがちな翻訳と吹替問題。一歩間違えれば作品の完成度さえも台無しになりかねないので、ピリピリするのは当然です。だからこそ観客は字幕と吹替の選択はこだわります。VODは両方に対応していることが多く、幅広いユーザーの好みにマッチ。中には英語字幕を選択できるものもあり、リスニング練習に使っている人もいます。そういう狙いでサービスを判断するのも良いでしょう。できれば両方を比較してみてください。意外な一面から「ダーク・シャドウ」の面白さの発見につながるかもしれません。

お試し無料はいつまで?
絶対に記憶必須なのが無料お試し期間がどれくらいなのかというタイムスケール。例として、登録した日から1か月という場合と、登録した日の月の月末という場合があり、これは似て非なる全く別のものです。後者であれば上手く登録日を考えないと最悪2~3日ということになりかねないので、大事な無料体験期間が無意味に大幅に減って「ジョニー・デップ」を見た気すらしません。つまり作戦が大事になってきます。「よし今日から土日は一気に映画を見まくる日にしよう!」という思いきった休みの使い方が、動画を見る上でも最良の手です。

動画はフルの方がいい
映画はフルで見たいのは当たり前の要望、いやそうじゃないと欠陥か何かだと判断されかねないです。この映像のフルコンテンツを保障するのは当然に思えますが、そうではないパターンが意外に多く、視聴者はこれに気づかないケースさえもあります。こうなると「え、あれのシーンを観ていないの?」というすれ違いが発生することもあります。やはりVODのようなフルを前提としている動画サイトが一番です。「ダーク・シャドウ」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

その動画サイトは使える?
「ダーク・シャドウ」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『ダーク・シャドウ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月31日時点での『ダーク・シャドウ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ダーク・シャドウ』をさらに知る

1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血の唇」(70)として映画化もされたゴシック・ソープオペラを、ティム・バートンとジョニー・デップが8度目のタッグで新たに映画化。製作総指揮はクリス・レベンゾン、ナイジェル・ゴステロウ、ティム・ヘディントン、ブルース・バーマン。1752年、裕福なコリンズ家に生まれ育ったプレイボーイのバーバナスは、ある日、妖艶な力を持つ魔女アンジェリークの手により不死のバンパイアにされ、その力を封印するように生き埋めにされてしまう。その悲劇から2世紀を経た1972年。世界は大きく変化し、彼もまた目覚める。ふとしたきっかけでバーバナスは自身の墓から解放されるが、そこはすっかり変わり果てていた。200年が過ぎたコリンズ家はすっかり落ちぶれ、末裔たちは誰もが暗く不可解な秘密を抱えて生きていた…。

★スタッフ
監督:ティム・バートン
脚本:セス・グラハム=スミス
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ダニー・エルフマン

★キャスト
ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム・カーター、エバ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ガリヴァー・マグラス、レイ・シャーリー

★『ダーク・シャドウ』の評価

IMDbRTMETA
6.237%??
映画comY!FM
2.9???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ダーク・シャドウ』の感想

●映画無料夢心地
ジョニーデップがひたすら暴れまわるオンリーステージだと思えば、だいたいこの映画を説明できていると思っていいです。個人的にはクロエ・グレース・モレッツが可愛いので大満足なのですけど。エヴァ・グリーンも凄く綺麗です。70年代当時の音楽や吸血鬼やら魔女やら幽霊やら、定番でお約束なものを綺麗にまとめましたという内容なので、極端に外れもなく当たりもない無難な映画に収まった感じなのは残念感はありますけど。楽しかったですよ。
●ユナイテッドシネマ  
ヴァンパイアVS魔女の話です。オリジナルは主婦向けのソープオペラで後に映画「血の唇」となり、続編も製作されましたが日本では続編は未公開。呪われた吸血鬼の恋愛メロドラマなので、もともとクセのある作品なのです。つまり、ティムバートン好みです。時代設定も当時のままにしてバートンがリメイクしてますがこれが何故かコメディ調が強めなのは、ジョニー・デップのテイストなんじゃないかな。彼の俳優イメージが強くなりすぎましよね。
●109シネマズ  
ティム×ジョニーの、ハロウィン系黄金コンビ。監督の独特すぎるセンスと、ジョニーのキャラクター役者としての圧倒的な実力を突きつけられる。本作はゴシック調、中世1700年代が描かれてると思ったら、突然ハードロック全盛期1972年にトリップするとんでもないジャンプを見せる振り幅の映画で何でもありなのだろう。バンパイア扮するジョニーと、住まいの城のセンスはまさにティムバートンという感じだが、1972年のリアルな空気感も素晴らしい。