コンカッション(2015)

隠蔽されていくスポーツの闇

映画『コンカッション』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画の有無を確認するのに有用です。
今すぐ『コンカッション』を見るなら動画リンクをチェック。

スポーツ界の不正を暴く実話を基にしたドラマ。製作総指揮にはマイケル・シェイファー、デビッド・ケックナー、ベン・ワイスブレン、ブルース・バーマンなどが名を連ねる。NFL(プロアメリカンフットボールリーグ)選手のマイク・ウェブスターの死体を解剖したナイジェリア出身のオマル医師は慢性外傷性脳症(CTE)を発見。それは重大な事実であり、大問題となりうる。オマル医師は、NFLの選手が頭部への衝撃を繰り返し受けることでCTEになる危険性を示す論文を発表する。ただちに安全のために何らかの対策が必要だった。しかし、NFL側はこの事実をなかなか受け入れず隠そうとする…。

原題:Concussion / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年10月29日 / 122分 / 制作:Lスター・キャピタル / 配給:キネマ旬報DD / 製作費:3500万ドル / 興行収入:4860万ドル

Concussion – Official Trailer #2 (ft Will Smith)

(C)2015 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『コンカッション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用しやすさにドハマり!
様々な葛藤や苦悩を抱えながら懸命に問題に立ち向かう人物を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターンだけです。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、少数の映画で良ければそれが便利。もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもので、多くの作品に触れたいならオススメ。

「無料」を嫌う人はいない!
これでお腹一杯になるのは早いです。ファーストタッチである利用者には無料のトライアルでまずは前菜が食べられます。サービスを無料で満喫で来たら最高なのにと思っている人の願望を叶えるかのごとく、初回に限り、一定の期間を設けて無料であれこれを試せるというサポートが備わっています。「料金もなしに無料で動画を見るって合法的なの?」という当然の問いかけもあるでしょうが、これは公式提供なので自信をもって推奨することができます。動画は手招きしてあなたを呼んでいます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「コンカッション」の鑑賞はダメです。騙し的なリンクを設置しているサイトもあります。「動画」というテキストのリンクをクリックすると、ランキングサイトに移動し、勝手にユーザーの時間と労力を無駄使いさせるものも。そのようなサイトはまず間違いなくアウトと考えましょう。あるネット問題に詳しい専門家の意見では「VODの普及で動画視聴は健全化し始めている」とも指摘されており、希望の光です。

これに決めた!
「最初は興味が無かったのに、今では関心が100倍に増している!」そうなればもはや止める理由もないので本能に忠実に。しかしながら、厄介というか面倒な一面もあって、VODは幸か不幸か数が多く、どれが自分にとってのジャストマッチなのか判別しにくいです。配信作品だって変わってしまいます。「コンカッション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人生はやることでいっぱい。一日のタイムスケジュールがギッシリの中、少しでも時間の節約をしたい人は、このページで配信VODの確認を短時間で済ますことができます。サイトを粗探しするよりもはるかに楽です。類似した映画関連ウェブサイトは諸々ありますが、フルムビバースは更新頻度と対応情報の充実さで一歩前を進んでいます。「え~、なんか今は登録とかする気分じゃない」それでもOK。現時点での配信チェックをして目途をつけておくだけでも良いですし、また登録時に再確認すればいいです。

字幕・吹替、選択は自由
あなたの好みは「字幕」か「吹き替え」か、どちらでしょうか。双方の言い分はよくわかります。字幕の方が俳優の演技もよくわかるし、何よりもオリジナルの声が聴きたいんだという気持ちがあるのは納得です。吹替は雑な扱いだと下手な人が声をあてて散々な印象になっているケースも残念ながらあります。一方で字幕は画面が文字で汚されることを気にしてしまったり、何かと邪魔で、だったら吹き替えで耳だけで集中できるのも便利です。メリットはあるので「コンカッション」の面白さの発見につながるかもしれません。

邪魔な広告は無し!
急に広告画面がバッと表示されるサイトというのは、何かしらのユーザー不利益を発生させることもいとわないものです。なるべくなら公式サイトを活用すべきであり、すぐさま鑑賞を安全にするものが必要です。導いてくれる案内板のようなものが。そこでフルムビバースのレコメンドサポートで、安全第一を確保しながら、「コンカッション」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

無料動画サイトとの違い
昔からの動画コンテンツを無料で楽しむ方法といえば、YouTubeなどの動画共有サイトです。今でも主流ではありますが、そのタイプの大型サイトは致命的な弱点も気になるものでした。それは低品質な動画が無数に存在し、ポリシーに基づいて管理されているとはいえ、違法性のあるものも放置されています。取り締まりが追い付いていないので、完全な改善の見込みは不透明。そんな雑多なサイトと根本的に管理体制が異なるVODは、オール・ハイクオリティなので不安定さは全くない、「コンカッション」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「コンカッション」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『コンカッション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『コンカッション』をさらに知る

★スタッフ
監督:ピーター・ランデズマン(関連作品:『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』)
脚本:ピーター・ランデズマン
撮影:サルバトーレ・トチノ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★キャスト
ウィル・スミス、アレック・ボールドウィン、ググ・バサ=ロー、アーリス・ハワード、ポール・ライザー、ルーク・ウィルソン、アドウェール・アキノエ=アグバエ

★『コンカッション』の評価

IMDbRTMETA
7.159%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『コンカッション』の感想

●生島淳(スポーツライター)
アメフト映画でありながら、れっきとした社会派映画である。誠実にスポーツの光と影に向き合い、なおかつアメリカン・ドリームを信じる人たちの物語である。
●稲垣理一郎(漫画家/「アイシールド21」原作担当)
アメフトファンの僕は、この映画を見てどうしても思う。「試合が熱ければいいじゃん!ケガもコミコミでしょ?」その感想こそが、この映画の切り込む是非だ。これは普遍的な、医者とスポーツの物語。
●FILMAGA 
国民的スポーツだからこそそこにあえて切り込んでいくというのは勇気が必要になる。さらに身近な家族や、さらにおおきな宗教、国家という問題にまで展開している問題性の大きさは、余計に躊躇するのもわかる。NFLの闇を暴く勇気ある医師の実話ということで、いかにもアメリカらしいテーマだが、日本であれば相撲とかに例えるといいのではないか。その組織の不祥事を暴けるだろうか。あなたは告発できるだろうか。考えてみてほしい。
●TOHOシネマズ 
病理医として研究者精神で科学的事実を伝え、選手の為に良い方向に行きましょう!という極めて真っ当なアプローチが、ビジネスにそぐわない、エンタメらしくないと抹殺してくる組織。不都合なことはなかったことにする権力。これではとてもスポーツマン精神とは言えない。ただの健康を搾取して金儲けと欲求を満たす集団だ。ウィル・スミスもシリアスな社会派ドラマをちゃんとできることを証明してくれて嬉しい。毎回こうであればいいけど。