ハンガー・ゲーム(1作目)

全米で大ヒットしたサバイバルアクション第1作

映画『ハンガー・ゲーム』のフル動画を無料視聴する方法を、むやみやたらに多いリンクに翻弄されることなく、スッキリとご紹介中。
今すぐ『ハンガー・ゲーム』を見るなら動画リンクをチェック。

スーザン・コリンズの人気ヤングアダルト小説を映画化し、全米で大ヒットを記録したサバイバルアクション。文明が崩壊した近未来アメリカを舞台に、殺し合いのゲームに参加させられた16歳の少女の活躍を描く。製作総指揮はロビン・ビセル、スーザン・コリンズ、ルイーズ・ロズナー=マイヤー。わずかな富裕層だけが住むことができる都市キャピトルでは、冷酷な支配者たちが楽しむための催しが開催されていた。かつて自分たちに反旗を翻した12の地区から代表者を選び、理不尽極まりない殺し合いのゲームを強制させていた。ゲームの模様はTV中継され、最後まで生き延びた1人には巨額の賞金が与えられる。それは参加するにしてもリスクの高すぎる危険なゲームであり、それでもやるしかない。運命的なのか、ゲームに参加することになった第12地区居住者の少女カットニスは、同じ地区から選ばれた少年ピータとともに戦いに挑む。

原題:The Hunger Games(ハンガーゲーム) / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2012年9月28日 / 143分 / 制作:Color Force / 配給:角川映画 / 製作費:7800万ドル / 興行収入:6億9400万ドル / 次作:『ハンガー・ゲーム2

『ハンガー・ゲーム』 予告編

(C)2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ハンガー・ゲーム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

手に汗握る動画に興奮!
絶大な人気を集めて根強いファンも獲得した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなアクション満載のアクロバティックな作品をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用するのがオススメ。ネット配信はシリーズものに強く、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に全作品を揃えることができます。一挙配信していることもあるので便利で、そのタイミングなら一気見もラクチン。動画サイトと基本は同じで自由に視聴を開始できます。

「無料」は全て初心者のため!
喜びを表現するのが難しいくらいの感激があるのは、なんといっても無料お試しコースの体験者にしかわからないことです。動画配信サービスは作品数に対する値段の安さが魅力で、かなりコストを抑えられるものですが、それでもなるべく負担は少なくしたいものです。この無料は喉から手が出るほど魅惑的でしょう。「動画を見れてもフルムービーとはならない条件つきなの?」そんな疑り深い意見を解きほぐしましょう。まずちゃんとフルです。そして字幕や吹き替えも揃っています。再生も高画質かつ安定しており、不便はないです。

油断しているとアウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ハンガー・ゲーム」の視聴はダメです。厄介事は各所に潜在しています。例えば、そのようなウェブページは広告で儲けているために、異常に頻繁かつ妨害的な広告の表示で、ユーザーを誘導しようとします。また、有害な不利益を招くリダイレクトを連発させる場合もあります。本来は言うまでもないですが、合法性うんぬんかんぬん以上にリスク回避の点でも重要だということです。

配信しているのはコレ!
旧作ばかりの古臭い顔ぶれではないです。比較的新顔な新作や準新作もありますし、劇場公開されなかった作品も陳列中です。ところが、話題性抜群という需要の高さが困ったことにもなり、大小多くの企業がサービス展開し始めた結果、配信状況の正確な理解がとてつもなく大変になりました。「ハンガー・ゲーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは見られる可能性の高いVODをこのページで要チェック。手当たり次第に登録するよりも、まずはおおよその配信状態を頭に入れておくと「動画がない!」という事態を防止できます。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。外に出ることなく安全に無料ホームシアター的な体験ができる、最高の幸せ。休みの日は自由に映画三昧で楽しむのが最良の選択肢です。

字幕・吹替、選択は自由
海外の外国語映画ならば選択しないといけないのは「字幕」か「吹き替え」か。この二択は日本特有のジレンマを発生させます。なぜなら日本語は言葉の量が長いこともあって、どうしても翻訳上の範囲におさめるためには省略が増えてしまうのです。ピュアな気持ちとしては原語重視で楽しめると良いのですが、そんな語学力はない。となるとやっぱり翻訳してもらうしかない。どちらがいいのかという問題になります。元も子もない言い方をすれば、比べるのが最良。「ハンガー・ゲーム」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ハンガー・ゲーム」の動画再生シークエンスが頻繁に停止しまくる、字幕や音声が大幅にずれる、シーンがカクついて部分飛びする…こんなときはサイトが重いせいもありますが、通信状態を確認すべきかもしれないのです。無線LANは便利ですがその範囲は障害物に弱く、2階建てなどの建築物は行き渡らないでしょう。そうなると増設・中継・設定変更という試行錯誤を繰り返すと改善する場合もあります。

パスワードは大事
世の中の人はパスワードを軽視している人が多すぎる…というのは多くのセキュリティアドバイザーが指摘することです。「どうせ覚えやすいものにしないといけないし、誕生日とかでいいでしょ」それはもうハッカーにあなたのアカウントをプレゼントしたも同然。これを防ぐためにも厳重で流用しないパスを独自に設定すべきです。使い回しは絶対にしないでください。芋づる式で簡単に掌握されてしまいます。予測のつかない固有のパスで動画鑑賞を邪魔されずに快適にできます。安全な「ハンガー・ゲーム」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。「ハンガー・ゲーム」も最高級に。もちろんタダでというわけにはいきません。必要な備品は一定数あり、それはそれなりのセッティングが要求されます・プロジェクター機器も安くはありません。しかし、その価格は以前よりは相当にお買い求めやすくなっています。

『ハンガー・ゲーム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ハンガー・ゲーム』をさらに知る

★スタッフ
監督:ゲイリー・ロス
脚本:ゲイリー・ロス、スーザン・コリンズ、ビリー・レイ
撮影:トム・スターン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード、T=ボーン・バーネット

★キャスト
ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ウッディ・ハレルソン、エリザベス・バンクス、レニー・クラビッツ、スタンリー・トゥッチ

★『ハンガー・ゲーム』の評価

IMDbRTMETA
7.284%??
映画comY!FM
3.2???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ハンガー・ゲーム』の感想

●無料ホームシアター
海外版バトルロワイアルと言った感じの緊張感ある映画でした。当然、ハリウッドですからものすごく派手で壮大なゲームが繰り広げられるわけですが。ハンガー・ゲームに参加するまでの過程がしっかり描かれているので感情移入もしやすいのも特徴で、この1作目から見ておけばシリーズ全てを楽しめることは間違いなしです。アメリカで若者に流行った小説が原作ということもあり「主人公がやたら強い」系の話ですが、カッコいいので問題なし。
●109シネマズ
ジェニファー・ローレンスの弓を射る姿が絵になりすぎている。そりゃあ、ジャケットにも使うわけだ。ショーのテイストが強いから、スポンサー獲得とかユニークな要素もあり、単純なサバイバル以外の楽しさもあるし、ロマンスも邪魔にならない程度に盛り込まれている。選手達が着飾るという設定がちゃんと女性受けも狙っている感じがする。絶対的な無理ゲーに知恵と体力とチームワークで挑んでいく姿は見ごたえがあります。大人も子供楽しめます。
●DAILYMOTION 
あり得ないようで、これあり得るなと思える設定。その昔コロッセオでグラディエーターたちが闘っていたのだって、同じような政策からだし、現代にだって起こり得ることだ。このディストピアな世界観も、世の中に鬱屈した閉塞感をかかえる現代の若者の心情を反映しているのだろう。全体的に漫画っぽいノリなので素直に難しいことを考えずに楽しめるのがメリット。キャラたちもみんな個性豊かで際立っているし、フィクションのバランスが上手い。