誰も守ってくれない

モントリオール世界映画祭にて最優秀脚本賞受賞

映画『誰も守ってくれない』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無駄なリンクや広告は存在しません。
今すぐ『誰も守ってくれない』を見るなら動画リンクをチェック。

大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」の製作チームが、殺人事件の被疑者家族として言われのない社会的制裁を受ける15歳の少女と、彼女の保護を命じられた中年刑事の逃避行をドキュメンタリータッチで描いた社会派サスペンスドラマ。プロデューサーは臼井裕詞と種田義彦。平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。それは世間を騒がすにはじゅうぶんなニュースだった。東豊島署の刑事・勝浦は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織をマスコミの目、そして世間の目から守るため、ホテル、アパート、マンションと逃避行を始める。

原題:誰も守ってくれない / 製作:日本(2008年) / 日本公開:2009年1月24日 / 118分 / 制作:フジテレビジョン / 配給:東宝

誰も守ってくれない(プレビュー)

(C)2009 フジテレビジョン 日本映画衛星放送 東宝


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『誰も守ってくれない』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
様々な葛藤や苦悩を抱えながら恐怖に打ち勝とうとする人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、基本的にはこのサービスが視聴スタイルのスタンダードになっています。動画サイトと同じような感覚で使えるので、普段はそれを用いている人でもそのまま使用できるでしょう。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。無料で試せる範囲に制約はありません。一部の機能のみという限定的な解放ではないので、扱われている動画を自由に選択して自己環境でセルフトライして、使い心地を確認できます。「どうせ素人には全然扱えないんじゃないの?」なんて怖がらず、リラックスしてください。どちらかといえば、普段はネット系のサービスに慣れていないお年寄りにさえもラクラク利用できるほどです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「誰も守ってくれない」の再生はダメです。インターネットの怖さを味わっていないなら、それはありがたいことです。なにせ一度被害に遭ってもそう簡単には保証もなく、警察が動くわけでもありません。つまり、自己責任になってしまいます。そうなると自力での解決は極めて困難です。「聞こえますか。今、未来からあなたの脳内に語りかけています。合法な動画を見るのです。運命の分かれ道です」…戯言じゃないです。

これに決めた!
「井の中の蛙大海を知らずとは言わせない。今日から映画を観まくるぞ!」そんな冒険心を沸騰させる動画の旅へ送り出します。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。「誰も守ってくれない」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その疑問は一般的な方法ならばひたすら公式サイトを確認しまくるしかないですが、それだと時間がかかります。そこでこのページのアイコンによるレコメンドを参考材料にすれば過程を大幅に短縮できます。「動画」と書かれたテキストリンクをクリックしてみたらランキングページに誘導された…そういう経験はもうこりごり。フルムビバースは確実な動画へ導きます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「誰も守ってくれない」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一時期頻繁にニュースでも取り上げられて議論が行われたブロッキングも実は完璧な有効策ではないです。簡単に規制をすり抜けることができ、結局はいたちごっこ。フィルタリングも同様に過信はできません。一番良いのは優れたサービスを確立させ、不正なサイトを利用する動機を根こそぎ奪い取ること。正規の動画を身近にすることが健全な業界発展に前向きに寄与するので「誰も守ってくれない」合法視聴方法を拡散しましょう。

動画はフルの方がいい
基本的には1・2時間から長いもので3時間を超える長尺コンテンツである映画。オープニングからエンドクレジット(オマケがあるかも)まで隅々まで味わってこそフルで楽しんだと言えます。細かい小ネタもたくさんありますし、セリフひとつも見逃せません。伏線だってあるかもしれないですから。しかし、カットされていたら嫌なものです。TV放映だとそういう都合で短縮される場合もあります。「誰も守ってくれない」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。「誰も守ってくれない」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

『誰も守ってくれない』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『誰も守ってくれない』をさらに知る

★スタッフ
監督:君塚良一
脚本:君塚良一、鈴木智
撮影:栢野直樹
音楽:村松崇継

★キャスト(キャラクター)
佐藤浩市(勝浦卓美)、志田未来(船村沙織)、松田龍平(三島省吾)、石田ゆり子(本庄久美子)、佐々木蔵之介(梅本孝治)、佐野史郎(坂本一郎)、津田寛治

★『誰も守ってくれない』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『誰も守ってくれない』の感想
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画無料夢心地 
これまでの犯罪映画だと被害者家族を描いた作品は無数にあったが、加害者家族を取り扱った風景は珍しい。例えば「踊る」シリーズなどは犯罪者をステレオタイプな悪として描いてきたし、そういう意味では今作はその真逆の視点で描き出したかったのかもしれない。加害者は批判されるべきだが、加害者家族はどこまで糾弾してよいのか、ましてや傷つけることは許されるのか。答えが簡単には出ない、深い問いかけを世界に与えた一作だろう。
●FILMAGA 
犯罪者が晒されて社会的制裁を受けることには全く異論はないけど、知ったかぶりのエセ情報屋は何を考えてるのだろう。これは2009年の映画だが、全然今でも通じるし、いや今の時代の方が余計に酷くなっている気がする。ネットでの犯人捜し、ましてや犯人関係者探しは過激に盛り上がるし、SNSの存在はそれをますます拡大させる。中には加害者ではない人間を犯人扱いにして誤情報をばらまくこともある。頭を冷やすためにも観るべきだ。
●BILIBILI 
容疑者の家族目線の映画っていう点に関心持って軽い気持ちで見たけど想像以上に重い苦しい映画だった。志田未来ちゃんに次々不幸襲ってくるから辛いし、ネットって怖い上に残酷だし、人間不信になりそうだった。確かにインターネットは怖い側面もある。本作で描かれるその激しさはフィクションとして過剰に戯画化されている。それでも実際にやられる側の心身が受け取る辛さはこんなものじゃないのだろう。正義に溺れる人は悪だ。
●DAILYMOTION 
展開の現実感と物語的な演出のバランスが巧み。逮捕後からの流れがとてつもなくリアルで、志田未来さん演じる沙織に幾つもの苦難が降りかかり同情せずにはいられませんでした。家やいたるところに容赦なく押し寄せるマスコミ、情報を簡単に手に入れ流出させるネットの掲示板など現代のツールが魔の手となって襲い掛かる圧力が、十代の無害な少女が受けるにはあまりにも大きすぎるので観ているこちらも耐えられませんでした。