欲動(2014)

男女はそれでもつながろうとする

映画『欲動』のフル動画を無料視聴する方法を、適度に情報更新しながらプレゼンテーション。
今すぐ『欲動』を見るなら動画リンクをチェック。

アジアを舞台に活躍する女優・杉野希妃がメガホンをとった監督作品。インドネシア・バリ島でオールロケを敢行し、病に苦しむ夫とその妻の姿を通して男女の性愛と人間の生死を感情的に描いた。エグゼクティブプロデューサーは重村博文と藤本款、プロデューサーは小野光輔と山口幸彦。三津谷葉子が妻を、斎藤工が、不治の病に冒され、死への恐怖から不安定になっていく夫をかつてないほどに繊細に演じた。何気ない会話の中で感じる命の胎動。それは新しい人生の始まりなのか、それとも生きることへのためらいなのか。

原題:欲動 / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年11月22日 / 97分 / 制作: / 配給:太秦 

映画『欲動』予告編

©2014『欲動』製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『欲動』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ユーザーも増加中で好調!
人間の内側に潜む喜怒哀楽などの感情をそのままストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は動画サイトと同じと考えてもいいです。自分の観たい作品を探して視聴するだけ。ちゃんと公式のものしかないので、迷うこともありません。つまり、安全安心の環境の整った持ち運べる映画館みたいなものです。

「無料」を見逃すな!
「有料は不可避ですよね?」それは商品である以上そうなのですが、無料お試しがあるのでひとまずは考えなくてもOK。「登録してみたはいいものの、いざ使ってみると自分のパソコンでは上手く利用できずに困った」そういう事態を防ぐためにも、無料お試しは石橋を叩いて渡るように使えます。「映画を観終わったら無料期間でも退会できるのかな」これは最も寄せられる質問ですが、その答えは「大丈夫なので安心してください」です。解約は登録したその日にでもできてしまうので、自由です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「欲動」の再生はダメです。被害報告事例をひとつ解説しましょう。例えば、ある人が何気なくその問題サイトで動画を再生したとします。最初は動画見れるのでシメシメと見続けます。するとあなたの知らない間にパソコン内でバックグラウンド・プログラムが始動。個人情報が盗まれています。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

使うべきはどれ?
「友達もみんな使っているみたいだし、この映画いいよって勧められたし…」だったらもう足踏みすることもないでしょう。でも、ひとつだけアラートがあります。「登録を勇んでやってみたはいいけど、作品の配信に自分の見たいものがない」という問題。これは厳重に注意必須です。「欲動」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。できれば最短コースで動画にありつきたいという本音は誰にでもあるはずです。このページでは動画リンク下部に配信中のVODをアイコン表示しているので、すぐに判断できます。サイトコンテンツは変わらないと思っていませんか? フルムビバースは更新がされていき、作品によっては過去の配信まで確認できるオマケも。「こんな名前のVODは全然知らなかった」もしそんな出会いができれば、無料動画への道筋が目の前に開けてくるので、天の恵みみたいなものです。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のサービスでは登録月の月末までとなっているタイプもありです。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「欲動」を堪能する前に幕が閉じるかも。つまりカレンダーとにらめっこしないといけないのです。「あ~今日は時間がないし、明日は買い物だし、明後日は友人と用事があるし…」とか言っていると終わります。

家族にバレない?
家族でVODを共有することもできるので、個別に面倒くさく登録することは必要ありません。誰か一人でも使っていれば、そのまま一緒に使うことが可能。案外と家族の誰かがもう使い始めているかもしれないので、まずは聞いてみましょう。それならば自分は料金を払わずに無料で済むかもしれません。その際、気がかりなのは上手くシェアできるのかという点。どうしても視聴履歴を他人に見られるのは嫌だということも。でもファミリーアカウント機能はそのあたりの配慮もあるのでリラックスしましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。YouTubeやニコニコ動画などがポピュラーです。しかし、課題が山ほどあり、迷惑していた人もいたはずです。いかにも興味を惹きそうなサムネイルやタイトルを使った釣り動画、中身がスカスカで何もないコンテンツ、違法アップロードの動画が放置されていることも今だに多いです。通報すれば動画の削除対応がされることもありますが、実際は全く追い付いていません。VODはそれらの心配が一切ない、「欲動」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

俳優好きにも必須
映画を観る時は視線は真っ先に映像内で活躍する俳優の皆さんに注がれているかもしれません。思わず夢心地になるような魅惑的な笑顔やクールなパフォーマンスをアピールされたらもう骨抜きにされてしまいます。VODではキャストで作品検索できるものもあるので、ファンの想いにもバッチリ受け答え可能です。「斎藤工」の素晴らしい演技は最高のエンターテインメント・ショーであり、詩的な読み応えすらもあるかもしれません。まだ見ぬ一面にストレスも忘れて今日から新しいフォロワーになってしまうかも。

『欲動』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『欲動』をさらに知る

★スタッフ
監督:杉野希妃
脚本:和島香太郎
撮影:シディ・サレー
音楽:富森星元

★キャスト
三津谷葉子、斎藤工、杉野希妃、コーネリオ・サニー、トム・メス、高嶋宏行、松崎颯

★『欲動』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.8???2.7
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『欲動』の感想

●FILMAGA
バリの自然や文化、あの雑踏とした街が、人間の素直な欲をさらに奥から掬い取って浮き彫りにしている。それが合わさって、あまり見たことのない不思議な雰囲気を醸し出す映画に仕上がったのでしょう。飾るわけでも、人生って素敵って謳歌するわけでもない。人間は生きて、死んでいく、そんなような当たり前のサイクルを改めて気づかせてくれる。女性監督があまりにも不毛な日本で、辛抱強く映画に取り組む姿勢を買いたい。それは確実にだ。
●シネマトゥデイ
良くも悪くも、女性のエゴで作られた偏った映画だと思う。だからこそ、同性としては観ていて痛いし、独特の心地よさも堪能できるのだろう。日本ではない風景が美しい、インドネシア独特の祭りが新鮮、その踊りの時の音楽もなかなか聴けない印象、そして何より人間同士の営みの描き方が素晴らしい。劇中のセリフもなかなか良い。人の内面を決して美化することなく、かといって無駄に卑下することもない。あるがままの描写が気に入りました。
●BILIBILI 
バリにやって来た夫(斎藤工)が妻(三津谷葉子)に言う「おまえのその『死に慣れてる感じがイヤ』なんだよ」は印象的に響く。また、妻(三津谷葉子)が「(夫が居なくなると言っているときに)居なくなるって何だろう?」と呟けば、現地の男は「居なくなるというのは自然なことだよ」というのも、人間の真理をすんなりと突いてしまう言葉だと思った。人は誰かを求めている、それはいつもの交錯する人生の積み重ねだからなのかもしれない。
●MOVIX
斎藤工のビジュアル・ムービーですといっても過言ではないし、実際そんな意識で見ている人が多いのじゃないかな。バリの雰囲気と斎藤工のラフな雰囲気がマッチしていたあたりは本当に鑑賞用の目の保養映像でした。絡みシーンが長すぎてAVかと思うくらいだが、AVと違うのはポルノ的な露骨描写はないという部分。本能のままのセックスと、艶めかしい性を描く。ラストに関しては、とくに作り手も何かを言及する気はないのでしょうか。
●DAILYMOTION
あなたの心を解きほぐすドラマは必ずしもド派手である必要はない。それこそ人間のゆったりとした心の揺らぎがふと奈落の底に落ちてしまう。そんなことは何もない身近な世界にあるのだ。一番良くあるのは恋愛による大きなもつれが足を抜け出せなくなるパターン。そうなるとどこまでも深みにハマっていく。どうしてもそれは考えたくないが、怖いとは言い切れない。魅惑的な快感でもある。私だったら逃げ出せるだろうかと意味もなく思案する。