少女は異世界で戦った(2014)

この世界では少女でも闘うしかない

映画『少女は異世界で戦った』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無駄なリンクや広告は存在しません。
今すぐ『少女は異世界で戦った』を見るなら動画リンクをチェック。

4人の少女が剣を武器に謎の侵略者と戦う姿を、多彩なジャンルの作品を手がける金子修介監督が描いたSFガールズアクション。エグゼクティブプロデューサーは久保直樹と小澤俊晴、プロデューサーは山下葉子と岡崎光洋。銃や核といった武器がなくなった世界に、根絶されたはずの銃を所持した謎の侵入者たちが現れ、戦士として育てられたアリサ、レイ、マリ、ミキの4人の少女は、剣術と体術を武器に戦い続けていた。やがてアリサたちは、ある世界の秘密を理解することになる。自分たちとそっくりの人間が暮らすパラレルワールドがあり、侵略者たちは、銃火器がいまだ存在するそちらの世界(アナザーワールド)からワームホールを通じてやってきたことを知る。アナザーワールドのアリサたちは、4人組の人気アイドルとして全く雰囲気も変わった立ち位置で活躍しており、違う人生を歩む自分たちの姿を見たアリサらは、人殺しを続けることに葛藤を抱くが…。

原題:少女は異世界で戦った / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年9月27日 / 97分 / 制作: / 配給:MAMEZO PICTURES 

金子修介監督「少女は異世界で戦った」予告編

(C)2014「少女は異世界で戦った」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】安定再生
VOD2【Hulu】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『少女は異世界で戦った』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

大勢が使っている便利さ!
独自の設定で観客をワクワクさせるユニークな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのもひとつの手です。レンタル店でDVDを手に入れるのはすでに時代の過去のものになり、今ではネット配信がスタンダード。動画サイトを普段から使っている人にとってそこまで大きなハードルもなく、気軽に視聴することができるでしょう。初めてでも試す価値ありです。

「無料」はやっぱり魅力的!
どうせならば動画は無料でちょっと見てみたい。でしたら、無料のトライアルで思い切ってお試ししてみませんか。無料で試せる範囲に制約はありません。一部の機能のみという限定的な解放ではないので、扱われている動画を自由に選択して自己環境でセルフトライして、使い心地を確認できます。「フル動画でないと私は見向きもしないですよ」もちろんその需要はしっかり把握しており、そんな中途半端な動画を推薦したりは絶対にしません。お試しという言葉は動画のプレビューという意味ではないので大丈夫です。「少女は異世界で戦った」も配信中。

危ない橋は渡るな!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「少女は異世界で戦った」の再生はダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。低クオリティサイトなんてものは動画も酷いもので、映画の本来の良さなんて1ミリも理解できずに、終わってしまいます。

配信しているのはコレ!
まさにタイムリーだった公開から時間もホヤホヤの映画から、劇場スルーの隠れシネマ、さらにはクラシックな作品まで、そのカバーは広域です。けれども障害物がドシンと横たわっており、それをどけるべきです。その課題は配信作品の変化。毎週頻度でガンガンと変わってしまうので把握は面倒だらけです。「少女は異世界で戦った」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎても頭が痛くなるだけ。無用な苦しみから解放されるために、このページ内に掲載中の視聴可能なVODアイコンを確認していきましょう。それだけで完了するのでテキストは忙しいなら無視してもOKです。「映画動画」と記されたリンクを見つけてクリックすれば、そこはランキングページで動画は無い…そういうガッカリとは縁を切りましょう。一生に一度というのはオーバーかもしれないですが、無料体験というのは初回のメモリアルな時期だけのスペシャルチケットなのでゲットするしかないです。

配信はいつ終わる?
ビデオオンデマンドはサブスクであろうとなかろうと永遠に映画コンテンツを所有できることを保証していません。配信が終了したりもします(無論、DVDも壊れれば見れませんが)。VODの各作品の配信が終わる日時は表示されていることもありますが、絶対ではありません。延長することも多々あり、そのたびに一喜一憂していても疲れます。まずはフルムビバースで一括確認しておきましょう。「少女は異世界で戦った」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。安心安全な状態で作品を気ままにのんびり眺め、「この俳優の出ているこんな映画があるんだ」などと発見したりも。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「金子修介」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

パスワードは大事
バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、容易に推測不可能なパスワードの設定(住所や誕生日などはなおさらアウト)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「少女は異世界で戦った」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「少女は異世界で戦った」は? 定額動画配信(SVOD)の場合は、初回登録から一定の期間、全ての配信動画が無料になっています。どれだけ見ようとも問題ないです。シンプルなタイプと言えます。ペイ・パー・ビュー(EST)の場合は、作品コンテンツごとに購入するかどうかを問われるので見放題系とは異なります。これは初回時に貰える一定のポイントを利用することで実質的な無料感覚で楽しめます。当然、ポイントを使いきったら有料購入しないとダメです。

『少女は異世界で戦った』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月25日時点での『少女は異世界で戦った』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」です。

▼『少女は異世界で戦った』をさらに知る

★スタッフ
監督:金子修介
脚本:小林弘利、白土勉
撮影:釘宮慎治
音楽:MOKU

★キャスト(キャラクター)
花井瑠美(アリサ)、武田梨奈(レイ)、加弥乃(ミキ)、清野菜名(マリ)、岡田浩暉(柳生太一郎)、金子昇(豪徳寺)、小山田将、三田真央、ハヤテ、波岡一喜、紗倉まな

★『少女は異世界で戦った』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???2.7
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『少女は異世界で戦った』の感想

●FILMAGA
どっから、どうみてもB級映画なのに金子監督が撮るとそれだけでは終わらない。きちんと軸が作られているから、満足・納得する。そして、ガールズアクションが凄い。日本映画の新しい方向性を裏付けた気がする。撮影当時はメディアが大きく取り上げる映画に出演してなくても、公開時期になると別の作品だが、露出が増えていたじゃないか。やはり、女優さんを見極める目を持っている。そういう発掘力があるのも大事な才能だと思う。
●映画無料夢心地
監督の趣味、全開なのかな?それは置いておいて楽しめました。こういうソードアクションをやる時は、説明抜きにやる場合もあるけど、ちょっとした理屈をつけたりしているのがこれまた金子さんらしい。でも少女がガチアクションっていうのは色々作られているけれど、こういう風に可愛く撮ることにかけては金子監督の右に出る者は無いなーって思いました。純粋にアクションを満喫すれば最高でしょう。かなりマイナーな部類になっちゃいますが。
●BILIBILI
近未来パラレルワールド物。SF作品としては超C級で、これはオリジナルなのか?というお手製感がなんだか温かい気持ちになって背中を押してあげようという印象になった私はまだセーフだったのだろう。戦うアイドル・ユニットという発想は面白いし、それをアニメではなく、実写でやろうとする心意気は買いたい。武田梨奈の表情、殺陣が突出してるけど、他の三人も戦闘員の動きも凄いので、そこだけ見るという目的なら需要は満たすはず。