さや侍(2011)

松本人志が挑んだ新天地は時代劇

映画『さや侍』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無駄なリンクや広告は存在しません。
今すぐ『さや侍』を見るなら動画リンクをチェック。

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が、自身初の時代劇に挑んだ監督作第3作。刀を捨てた侍・野見勘十郎と、反発する娘たえの流浪の旅、脱藩した罪で捕らわれた勘十郎が、変わり者の殿様にくだされた、成功すれば無罪放免という自由をかけた“30日の業”に挑む姿を描くオリジナルストーリー。かつて松本が司会を務めたTV番組に出演したことのあるバーテンダーで、俳優経験皆無の素人・野見隆明を主演に抜擢した大胆なキャスティングも注目された。プロデューサーは岡本昭彦、製作総指揮は白岩久弥。

原題:さや侍 / 製作:日本(2011年) / 日本公開:2011年6月11日 / 103分 / 制作: / 配給:松竹

映画『さや侍』予告編

(C)2011「さや侍」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『さや侍』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
公開時に大きな話題になった有名な作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く使えないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りることは最終手段として、まずはネット配信の扱いがあるかの確認が先決。そうしないとパッケージディスクを手にしてしまったあとに配信に気づくという残念なことになってしまいます。事前にしっかり下調べしておきましょう。

「無料」より安いものなし!
さらなる笑顔情報も。関心を持った人の心をグサッと射止めるサービス精神の矢…それが無料体験特典なのです。1円でも費用は減らしておきたいというのは何もバカにされるようなことではなく、普通の節約精神です。無料でお試しできるならそこに乗っかるのも真っ当に定番ですし、選ばない方がどうかしているでしょう。「あっけなくサービス終了とかないのかな?」と不安になりますが、実際のところVODが急に使えなくなるような事態はほとんど起こっておらず、運営母体が安定しているものばかりですので、お気にせずに。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「さや侍」の再生はダメです。不正アプリが審査をすり抜けて公式アプリストアに紛れ込む例もあり、サイト利用を通して自然にインストールを促される場合も。あれこれと手口を変え、姿を変えて侵入を試み続ける「良くない存在」にとって、違法動画視聴者は絶好の騙しやすい相手です。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

あなたの選択は自由!
あなたのスマホやパソコンが映画館になる日は近いです。デジタル配信の幕開けがそのエンタメVOD劇場の開演になります。でもVODの数を知っているでしょうか。2つ、3つではないです。それこそ新サービス展開が続いているためか、配信作品の変動が凄まじく、把握は熱心なマニアでも追いきれません。「さや侍」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あてもなくウロウロの暗闇の森を歩いていても出口にはたどりつけません。このページでは単に無料であることを知らせるのではなく、どこで配信しているのかという場所をルート表示して道案内しています。「動画が見られると思ってクリックしたらランキングページじゃないか!」そういう迂闊な失望経験をしないのがフルムビバース・クオリティ。悪質誘導は微塵もありません。まだ見ぬVODの名を目にしたら、それは忘れないようにしてください。初回だからこそのチャンスがあるのですから、無料動画への鍵になります。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「さや侍」を見たい気持ちをまずは抑え、標準的にクレジットカードの登録がベーシックとなります。サービス各社によっても違いますが、スマホなどで利用中のキャリア決済も対応している場合も(とくにケータイ企業のVOD)。クレジットカードは基本はどの会社でも対応可ですが、プリペイド型のタイプは制限があるので要注意(個人確認ができないため)。持っていない人は所有している人に相談するか、自分で新規に作成することを検討するのも良い機会でしょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは有用な「ウォッチリスト」機能を搭載。これは自分オンリーのオリジナルな気になる映画リストが作れるもので、簡単に言えばお気に入りやメモ感覚と同じ。ページ閲覧中に「お、この映画は後で見よう」と思う出会いがあるでしょう。そんなときは各ページ内の「Favorite」ボタンをポチっとお気軽にどうぞ。そうやってポチポチした作品は特別なウォッチリスト・ページで総まとめ中。「さや侍」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画の普及によって「動画は無料で見るものである」という価値観がかなり根底に浸透してしまいました。それには功罪もあって、そうした大手の動画サイトが必ずしも良質とは限らないために、ユーザーに悪い影響を与えることもあります。ユーザーを騙すようなフェイク動画もありますし、デマのみならずヘイトをまき散らす有害動画も。そんな無価値な動画だらけではその日の気分も下がり続ける一方でマイナスです。VODはそれらの心配が一切ない、「さや侍」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。一度登録したらそう簡単に解約できないような仕組みになっている…そんな悪質詐欺みたいな恐怖は味わいたくありません。でもさすがにそこまでの酷いものはないです。もしあるのだとしたらとっくのとうに行政上の注意や警告を企業が受けています。安心してください。専用ページで「契約を解除する」を選択するだけで完了。時間にすれば1分もかからないでしょう。ページ画面の仕様は変更になりうるので公式サイトの「よくある質問」等を要確認です。

『さや侍』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『さや侍』をさらに知る

★スタッフ
監督:松本人志
脚本:松本人志
撮影:近藤龍人
音楽:清水靖晃

★キャスト
野見隆明、熊田聖亜、りょう、ROLLY、腹筋善之介、國村隼、清水柊馬、竹原ピストル、長谷川公彦、鳥木元博、吉中六、重村佳伸、安藤彰則

★『さや侍』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???2.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『さや侍』の感想

●FILMAGA
地位も財産もない、ただ逃げ回る刀を持たないお尋ね者、わが娘からですらも責め立てられるとは侍というには程遠く天地雲泥の差があり、それはまるでドブネズミのよう、だからこそのキャラ設定が面白い。逃げ場を無くし、回りからせきたてられ、冷たい視線の中、何度も切腹を申し渡され、くりかえしおこなう30日の業、そこに観えてくるものは、さぶーい笑いを、時に身の危険を冒しながらただただ真剣に体当たりしゆく、物言わぬドブネズミだ。
●シネマトゥデイ 
いろいろ言われると思いますが、でもこの映画を作る意味、生み出した価値は計り知れないと思います。人のドラマには深淵の葛藤が渦巻いているのですが、そこに向き合う姿勢がとくに実直。だからこその美しさが次第ににじみ出てくるようだ。最後の恩赦にも応えず、侍となって切腹しゆくその姿は、迫真の演技であり、悲愴の中に魅せた美しさ。感動がひしひしと伝わってきます。この監督の映画としての作家性は議論あるけど、私は無視できません。
●BILIBILI 
松本監督の親としての感情が滲み出た、感慨深い作品でした。親から子へのメッセージ。子から親へのメッセージ。まだ人の親ではない自分ですが、子供がおられる方ならより一層入り込めるんじゃないかと思います。こんな映画、間違いなく今まで無かったと思います。スマートな起承転結の流れ、完璧な映画だと思いました! もちろん人によって答えは違うでしょう。でもある人には突き刺さるのですから、それで十分なのだと思います。
●MOVIX
これは間違いなく特定に人にしか作れない唯一無二の魂がこもってました。そして、やはり松本監督。笑いとは素晴らしいものだと、改めて認識しました。自分が松本人志ファンだというのを差し引いても、めちゃくちゃ面白い映画でした。決して大好きとは言えないし、高過ぎるハードルを超えたかと言われたら、そうじゃないのだけど、切り捨ているのは惜しいです。武士としての道を貫いた主人公の姿は、監督としての思いとも重なるのかもしれない。