バトルシップ(2012)

人類の命運を賭けた男たちの戦い

映画『バトルシップ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画の有無を確認するのに有用です。
今すぐ『バトルシップ』を見るなら動画リンクをチェック。

ピーター・バーグ監督が手がけ、エイリアンの侵略部隊と各国の連合艦隊が洋上で激闘を繰り広げる姿を描くアクション大作。製作にはブライアン・ゴールドナー、スコット・ステューバー、ピーター・バーグ、サラ・オーブリーなどが名を連ねる。ハワイ沖の太平洋上で大規模な軍事演習を行っていた、アメリカを中心とした世界各国の護衛艦隊の前に、かつてない敵が現れる。それは大国の新兵器でもなければ、テロリストでもない。突如として正体不明のエイリアンの母船が出現。地球側の呼びかけに一切応じることなく、圧倒的な殺戮手法で侵略を始める。演習に参加していた米海軍の新人将校アレックスや、アレックスがライバル心を抱いている海上自衛隊の指揮官ナガタらは、この急に目の前で暴虐をしまくる恐ろしい存在に対して、弱点もわからない謎の侵略者と持っている武器のみで相対することになる。

原題:Battleship / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2012年4月13日 / 130分 / 制作:Hasbro Studios / 配給:東宝東和 / 製作費:2億ドル / 興行収入:3億ドル

映画『バトルシップ』予告編

(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『バトルシップ』の無料動画を見る方法

ド派手な映像で観客の度肝を抜くエンターテインメント大作はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらも便利ですが、使い勝手が異なるので、事前にしっかり下調べするのが大事なポイントです。

加えて、生まれたばかりの赤ん坊なあなたにも良い知らせ。無料お試しがサービス援助のベビーシッターになってくれます。レンタル店舗もズラッと商品が並んでいるものですが、ネット配信だって同じくらいの品ぞろえで、プラス初回無料があるのですから、どっちがお得かは言うまでもないでしょう。「大事な瞬間に解約できないのは大問題だ!」それはそのとおりで、お試し期間中に解約ができないまま過ぎれば結局は無料から有料になってしまい、無意味。でも解約は自由にちゃんとできます。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。具体的にどのような危険性が検出されるのか、特定のウイルス対策ソフトで一部のサイトを調査してみると、不可解な動作をするプログラムが頻繁に検出され、情報を盗み取るページにアクセスしていることを示すアラートがヤバさを物語ります。シネマティックな日々を過ごすのに不正空間に身を投じる必要はありません。何も自分の手を汚してまでする価値はないです。

「早く配信にならないかな~」と待っているあなたに朗報。待ちに待った情報をゲットしてお試しにダイブです。百聞は一見に如かずなので試したいのはやまやまなのですが、しかし、その手がピタッと止まってしまう要因になるのがVODのあまりの種類の多さです。選ばないといけません。「バトルシップ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのページは各VODの配信状況をできる範囲ではありますが、インフォメーションとして反映させるように掲示しており、更新も行っているので、ヒントにしながら確認作業を円滑に進行させることができます。むやみやたらに公式動画サービスで作品探しに明け暮れるよりも、こちらで動画配信の有無をざっくり監視する方が時短になります。あなただけの無料動画ホームシアターを家に構築してみませんか。このVODはその大いなる道の最初の記念すべき一歩になるかもしれません。

さあ、いつでも突発的に発生する「字幕がいいのか、吹替がいいのか」という不毛なバトルがやってきました。字幕派は俳優の声が聴きたいんだ、それこそが映画本来の原書を読んでいるようなものじゃないかと豪語。一方の吹替派は映像が文字で汚れるなんてそれこそ映画への冒涜だと非難。この戦いは終わりそうにない。きっと未来永劫続くのでしょう。でもVODならそんな喧嘩は起きません。「バトルシップ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、その憂慮している事項は再生機器の使用環境における通信品質が重大でもあります。「バトルシップ」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。ネックになりがちなのは無線LANで、どうしてもパソコンとルーターの間に壁や天井など障害物があるとすぐに電波の届きやすさに影響を発生させてしまいます。いっそのこと、中継機の活用の補助手段を検討するのも良いでしょう。無線チャンネルを変更して改善することもあります。

『バトルシップ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『バトルシップ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ピーター・バーグ(関連作品:『ハンコック』)
脚本:ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

★キャスト(キャラクター)
テイラー・キッチュ(アレックス・ホッパー)、アレクサンダー・スカルスガルド(ストーン・ホッパー)、リアーナ(コーラ・レイクス)、ブルックリン・デッカー(サマンサ・”サム”・シェーン)、浅野忠信(ユウジ・ナガタ)、リーアム・ニーソン(シェーン提督)、ジョン・ツイ(ウォルター・”ビースト”・リンチ)、ジェシー・プレモンス(ジミー・”オーディ”・オード)、グレゴリー・D・ガトソン(ミック・キャナルズ)、ハミッシュ・リンクレイター(キャル・ザパタ)

★『バトルシップ』の評価

IMDbRTMETA
5.835%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『バトルシップ』の感想

●映画無料夢心地
ユニバーサル・ピクチャーズが100周年を記念して制作したお祭り映画がここに誕生した。最高の娯楽映画という称号がこれほどふさわしい作品はないだろう。主人公はパワー馬鹿の男。敵は予想外の反撃にアタフタするヘッポコ宇宙人。この対決マッチほど、どうでもいいものはない。だから何も考えず楽しめる。最終兵器として登場するのは、かつて太平洋戦争降伏調印式場の経験を持つ戦艦ミズーリ。まさに日本人向けの贅沢コースではないか。
●FILMAGA 
映画としては大して語ることはないB級の臭い漂いますが、ミズーリ登場からは血脇肉踊る展開に! 太平洋戦争に従軍した位のおじいちゃん達が現在の太平洋艦隊の若者と協力し、博物館展示物であった第二次世界大戦の遺物、戦艦ミズーリを復活させ、エイリアンに挑む展開! たぶん監督はこれがやれさえすればそれでいいという覚悟で向き合ったに違いない。観客も「爺さんたちがかっこいい」という印象しか残らなくてもそれで良いのです。
●ユナイテッドシネマ  
ロマンだとか、様式美だとか、近年のSFに足りていない物が思いっきり存分に詰め込まれている。主人公の立ち位置とか、敵の強さの意義づけとか、そんなのは眼中にない。カッコよく戦えればそれでいい。それだけの作品なのだ。派手な破壊シーンに知恵比べ的な戦術と飽きさせない。ラストも旧艦がエイリアン母船と対峙するのもテンション上がる。続編を匂わすようなオマケシーンもありましたが、あれはお約束的に入れただけなんでしょうけど。
●109シネマズ 
これぞ典型的なアメリカ万歳映画。「だが今日じゃない」とか「戦艦が簡単に沈むか!」とか名台詞が生まれるだけで大成功している。そんな祭り映画が、ハズブロ社が販売しているボードゲームが題材というのが信じられない。考えてみてほしい。チェスとか将棋とかだけでここまでのド派手大作を作れるだろうか。おそらく最も原作からかけ離れた映画化の代表例になったと思う。軍艦がドンパチしているだけだと言われればそれまでですが。