64 ロクヨン 前編(2016)

犯人はまだ昭和にいる

映画『64 ロクヨン 前編』のフル動画を無料視聴する有益な方法をレコメンドしています! アンテナサイトのリンクは全く無いです。
今すぐ『64 ロクヨン 前編』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:64 ロクヨン 前編 / 日本(2016年) / 日本公開:2016年5月7日 / 121分 / 制作:コブラピクチャーズ / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:19億円 / 次作:『64 ロクヨン 後編

64 ロクヨン 前編

(C)2016映画「64」製作委員会


▼動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『64 ロクヨン 前編』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画を見れない時代ではない!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。ネット配信ではレンタル店でDVDを借りるよりもはるかに便利な機能が満載。例えば、出演者で検索して関連作を調べて表示することもできます。「この俳優の作品をもっと見たいな」という場合でも需要に即座に答えることができ、鑑賞を妨げません。

「無料」を嫌う人はいない!
これで満足してはいけません。ファーストユーザーのあなたには無料トライアルがトッピングオーダーができます。無料動画といってもYouTubeのような単に再生するだけのタダ見とは違って、しっかり整備されたものであり、特定期間だけのお試し形式で、サービスの質はそのままにフルバージョンで普通に利用するも同じ経験が可能です。「無料が旧作に偏っているなどの欠点は?」そのムービーラインナップは新作だって続々追加されています。付加ポイントの有効活用があなたの映画人生の武器になるので新規作品も心待ちにできます。「64 ロクヨン 前編」もアリ。

リスクは回避をして!
違法な動画サイト等には警戒を怠らずじゅうぶんに気を付けてください。それで「64 ロクヨン 前編」の再生はダメです。最近は身代金要求型の詐欺につながる危険動画ウェブサイトも確認されています。一般によく知られているサービス名や企業名を装って、ログインさせ、その情報を使って乗っ取ります。被害を受けたくなければ金を払うように要求するという魂胆です。せっかく便利で有能なフルサービスがあるのですから、これを使わないことは邪道であり、自分の足元を腐食させるような存在に乗っかるべきではありません。

いちはやくウォッチ!
ラインナップに偏りはありません。最近のものから、10年前、50年前、色々な国籍、ジャンル…お好みのものが見つかるでしょう。ところが、ラインナップのメンバーが1日単位で変わってしまうのが困りもの(1週間で大きく変化することが多いです)。その全容をキャッチするのは結構骨が折れます。「64 ロクヨン 前編」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。気になっているだけでは解決できません。このページでは配信VODを確認する作業の手間暇をスリムカットして、ラストのチェックのみだけにします。時間がない人にこそ強く推薦できます。構成の似通ったサイトはあっても、たいていは特定VODだけを利益重視でゴリ推ししているばかりです。本来は対等な紹介が望まれます。人生は思わぬところに幸運のクッキーが隠れているものです。VODとの出会いはあなたに刺激と興奮をもたらしてくれるのは保証できます。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。映画好きならぜひともチェックしておきたい大衆向けの試写会は、一足先に最新作を目にできる絶好の機会です。申し込みするだけなら基本は無料なので、あとはあなたの運を試すだけ。もし当選した場合はルールを守りましょう。勝手にその当選権を他人に譲らないこと。必ず時間厳守で会場に来ること。ネタバレなどの規制があるなら遵守すること。素晴らしい体験をしたら、あとはもうその魅力を周囲に語りまくりましょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画館劇場サイトや映画データベースサイトを見ているだけだと、配信状況を追いかけるためのチェックには不十分なことがあります。そんなときはこのページの「Favorite」機能で解決です。オリジナルなマイリストを作成でき、他人に見られることのない自分だけのメモ代わりに活用することが可能です。「64 ロクヨン 前編」もブックマーク。動画を円滑に整理してまずは頭をスッキリし、いち早く視聴するためにもこのユーズフルな機能を思いっきりフル活用してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法をどうなっているのかと気にする人もいるでしょう。「64 ロクヨン 前編」鑑賞完了後に解約もアリ。解約することを決定しているわけではないとしても、いつでも解約可能になっていないと、何かハメられたような気持ちになります。それがユーザーの安心感を支えるものです。でもVODはそこは安心。退会はすぐに終わります。詳細はサービスごとに違うので実際にその目で見てほしいのですが、基本は契約解除ページに行くのみ。アプリのアンインストールでは退会にならないので注意してください。自分の登録情報の削除もできますので、詳細をチェックしてください。

その動画サイトは使える?
「64 ロクヨン 前編」を理想としては無料がいいと思っても値切るという概念がないので、ひたすらにサイト探しに明け暮れることに。「dailymotion」「Pandora」もかなり以前からありますし、「Miomio」「BiliBili」は日本からの利用者もありますし、「openload」などのシェアサイトも続々と新規が登場中。これでは選択肢が多いなと喜んではいけません。たいていはそういうサイト紹介は違法動画へとつながります。実際に通報されてしまっているところも多く、これは他人事ではいられません。やはり接触しない方が身のためです。

『64 ロクヨン 前編』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月8日時点での『64 ロクヨン 前編』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『64 ロクヨン 前編』をさらに知る

ベストセラー作家・横山秀夫の著作で、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の前編。プロデューサーには木村理津、大原真人、渡邉敬介、浅野博貴などが名を連ねる。わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。それは時代の波にいつのまにか消え失せ、事件は未解決のまま14年の時が流れ、平成14年、時効が目前に迫っていた。これでは本当に無かったことになってしまう。かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信は、この事件に向き合うことを余儀なくされていく。現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送っていたが、それだけでは済まない状況に身を投じる。ある日、ロクヨンを模したかのような謎の新たな誘拐事件が発生する。

★スタッフ
監督:瀬々敬久(関連作品:『ストレイヤーズ・クロニクル』)
脚本:久松真一、瀬々敬久
撮影:斉藤幸一
音楽:村松崇継

★キャスト
佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、三浦友和

★インタビュー
・佐藤浩市「原作との違いも含め、前編と後編ではスピード感やタッチも異なるけれど、やっぱり両方を観ないと成立しないようになっています」
・榮倉奈々「私のように警察に関してあまり知識がない人でも楽しめるよう、瀬々さんや浩市さんがタッチを変えていたからだなと、すごく納得しました」

★『64 ロクヨン 前編』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.73.653.6
フルムビバース独自ランク
A

★『64 ロクヨン 前編』の受賞
第8回TAMA映画賞で最優秀男優賞(三浦友和)を受賞。

★『64 ロクヨン 前編』の感想

●無料ホームシアター 
警察内の権力争いとか、自己保身のための偽装とか、キャリアとノンキャリの対立とか、記者クラブとのゴタゴタとか、人間社会の嫌な部分がドロドロと描かれるので、ある程度覚悟した方がいいと思います。ドラマくらいの尺がないと詰め込んだ感が否めないし、今回の前編の終わり方はやっと物語が動き出した感じなので、モヤモヤします。なので絶対に後編と合わせて観ましょう。1作目だけで終わったら、本当にもったいないですよ。
●FILMAGA 
佐藤浩市と永瀬正敏の名演が光る感じで、完全に役者の演技合戦が見物。謎解きな刑事モノを期待している人は拍子抜けするでしょうけど、これはミステリーではなく、社会派ヒューマンドラマなので、そこは悪しからず。昭和64年にあった未解決少女誘拐事件から14年後、広報課に移動になった主人公は14年前と酷似した事件に出会うというあらすじ以上に、グチャグチャした人間模様が描かれていくので、そこは注意した方がいいだろう。
●BILIBILI 
1つの事件を軸に、マスコミ、被害者遺族、刑事部と警務部、沢山のしがらみの中で奮闘する、かなりコテコテな刑事の姿を描いており、主演の佐藤浩市がひたすら渋くアツく吠える、明らかに一定の年齢層より上の人向けの映画。そこに対する社会批評はおいといても、硬派な映画の雰囲気は、いかにも古き伝統が残る邦画という感じで、逆に新鮮に感じる。原作を読んでいた故の不満はあれど、これだけの映画化なら文句を言うのもバチがあたる。