オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

ミュージシャンと吸血鬼のアーティスティックな愛を綴る

映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクに迷うことはなくシンプルです。
今すぐ『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を見るなら動画リンクをチェック。

「リミッツ・オブ・コントロール」(2009)以来、約4年ぶりとなるジム・ジャームッシュの監督作。ミュージシャンと吸血鬼を題材に描くラブストーリーで、トム・ヒドルストンとティルダ・スウィントンが、孤独な宿命を背負った吸血鬼のカップルを演じた。製作はジェレミー・トーマス、ラインハルト・ブルンディヒ。吸血鬼でありながら、マルチミュージシャンとして活躍するアダムは、独自の価値観を持ち、自己破滅的な人間たちの振る舞いを憂えていた。そんなある日、何世紀にもわたり愛し合ってきた恋人で、吸血鬼のイヴと久しぶりに再会。しかし、イヴの妹エヴァが2人のもとを訪れたことをきっかけに、3人の運命が歯車がきしんでいくようにゆっくりと移ろいでいく。

原題:Only Lovers Left Alive / 製作:アメリカ・イギリス・ドイツ(2013年) / 日本公開:2013年12月20日 / 123分 / 制作:Recorded Picture Company / 配給:ロングライド

映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
独自の設定で観客をワクワクさせてファンにしてしまう作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用してみるのもオススメ。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもはるかにスピーディに動画を観れます。とくに店に行く必要もないのが便利。外出先でもスマホを使えば好きな時に視聴可能で、家でじっくり見るならパソコンやテレビを使うのも上質な体験ができます。

「無料」を嫌う人はいない!
新入生のようにワクワクの気持ちでこの動画パラダイスにやってきたのなら、無料のトライアルをどうぞ持っていってください。映画を観たらお金を払うのは当たり前の世の理。でも、それはお試しというマジカルワードによって一時的にではありますが、なかったことにできます。これぞ贅沢というものです。「有料動画を無料にするなんて都合が良すぎる」という疑惑は捨て去りましょう。繰り返しますがこれは公式サービス。映画会社の提供でお贈りされる、誰にでも胸を張れる真のリーガルな視聴手段なのです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」の鑑賞はダメです。怪しいサイトは単なる不正以上の問題を招きます。例えば、有名な企業のログインページを装って情報を入力させようと企む詐欺サイトに誘導される可能性があります。そうしたサイトの報告例は急増しており、今ではSMSを悪用してくる場合もあるので油断なりません。今は何ともなくともいつ何時、底の見えない足場で地雷を踏んでしまうかはわかりません。足が吹き飛べば動画の気分も爆散します。

配信しているのはコレ!
まさにタイムリーだった公開から時間もホヤホヤの映画から、劇場スルーの隠れシネマ、さらにはクラシックな作品まで、そのカバーは広域です。動画鑑賞への展望を削ぐのはVOD配信の急激な変化についていけるかということです。レンタルショップ以上に商品陳列がめまぐるしく変わるのは予想外に厄介だったりします。「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩みは放置していると肉体に心理的ストレスを蓄積して良くありません。フルムビバースでスッキリしてください。視聴可能な変化するVODをアイコンで表示。これは執筆時の情報投げっぱなしではなく更新もします。フルムビバースの「フル」はただ動画が完結しているという意味だけではありません。安全性も含めてのフルパッケージでの紹介に専念しています。作品配信の有無を調べるのにアカウント作成の必要はありません。いつでも誰でも自由にサイトにアクセスして目視調査できます。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、やはりラストの判断材料は実際のサイト上の動画の存在有無のみです。「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
「この映画は気になるけど今は見れないしなぁ、でも忘れそう」そういうときはウォッチリスト的な機能を使いましょう。要するにメモですが、サイト内で完結しており、誰かに盗み見られることもないので、極めてシークレットな個人メモ帳になります。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。お気に入りをズラッと並べたページを眺めるだけでもワクワクします。「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

邪魔な広告は無し!
世の中にあるサイトの中には、広告が画面全体にいきなり脈絡もなく表示されたり、ページ内にあるリンクや検索バーに触れると全然別の怪しげなサイトに移動したりと、ユーザーを不快にさせるだけのものも山ほどあります。その一方で、安全最重視のフルムビバースは広告すらも大幅に抑えているので、最も肝心な「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」視聴を妨げません。見てすぐにわかると思いますが、スマホ画面でもこのページにはほとんど広告がデフォルト状態でも表示されません。しつこく追尾してくる広告にうんざりしていたあなたにも使いやすいと自負できるシンプルさです。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画の普及によって「動画は無料で見るものである」という価値観がかなり根底に浸透してしまいました。それには功罪もあって、そうした大手の動画サイトが必ずしも良質とは限らないために、ユーザーに悪い影響を与えることもあります。ユーザーを騙すようなフェイク動画もありますし、デマのみならずヘイトをまき散らす有害動画も。そんな無価値な動画だらけではその日の気分も下がり続ける一方でマイナスです。VODはそれらの心配が一切ない、「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジム・ジャームッシュ
脚本:ジム・ジャームッシュ
撮影:ヨリック・ル・ソー
音楽:ジョゼフ・バン・ビセム

★キャスト
トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハート、アントン・イェルチン、ジェフリー・ライト

★『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』の評価

IMDbRTMETA
7.384%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』の感想

●無料ホームシアター
現代に生きるヴァンパイアカップルの生活を垣間見る、なんともアブノーマルでイレギュラーでエキセントリックな日常ドラマである。闇と退廃的な光景に恐ろしくマッチする音楽が、全く異質な世界を表現しつつも、要するには普通の生活を描いている。まさに「普通」という言葉がゲシュタルト崩壊していく。低俗な人間を嫌いながらも彼らの血を飲まなければ生きていけない悲しい性など、儚い側面も描きながら、今日も彼らはまったり生きていく。
●TOHOシネマズ 
開始数秒でもうジム・ジャームッシュだとわかる個性。ヴァンパイアものは色々観たけどこんなにアンニュイでロマンティックで儚い話は初めてで新鮮だった。ただ座ってるだけのシーンでもなぜかセクシーで美しい。ヴァンパイアの特性をそのまま人間的な欲情につなげていくなど、演出の見事さが際立つ。不思議な物語ではあるし、一般受けするようなエンタメ要素はゼロだが、それでもこの映画はわかる人には突き刺さる内容なので試してほしい。
●DAILYMOTION 
近代社会をひっそりと生きようとするヴァンパイア達の生活を、魅惑的かつ少しコミカルに描いてる一風変わったユーモアだ。iPhoneやYouTube、テレビ電話などの小道具、量子もつれの話しやモータウンよりスタックス派などのセリフはヴァンパイアの世間ずれ感を印象づけ、どんどん変な空気になっていくのが面白い。長年生きている彼らが、生きる時間を惜しみ、生きるために必死になる奇妙なラストは、かつてない余韻を私たちにもたらす。