ザ・ギフト(2015)

史上最悪のプレゼントにラストは恐怖する

映画『ザ・ギフト』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アップデートし続ける動画情報に注目。
今すぐ『ザ・ギフト』を見るなら動画リンクをチェック。

俳優ジョエル・エドガートンが初監督・脚本・出演を務めたスリラー。製作総指揮にはジャネット・ボルトゥルノ=ブリル、クーパー・サミュエルソン、リュック・エチエンヌ、ロバート・シモンズなどが名を連ねる。新たな転居先で幸せな生活を送る夫婦の前に、夫の同級生と名乗る男・ゴードが現れた。それはよくある昔の知り合いとの出会いということに過ぎないと、最初は思っていた。再会を喜んだゴードから、2人に1本のワインが「ギフト」として贈られる。しかし、徐々にゴードからのギフトはエスカレートしていき、ただの好意とは思えないような空気になる。度を越していく贈り物に2人が違和感を覚えはじめた頃、夫婦のまわりに異変が起き始める。

原題:The Gift / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年10月28日 / 108分 / 制作:Blumhouse Productions / 配給:ロングライド、バップ / 製作費:500万ドル / 興行収入:5890万ドル

The Gift Official Trailer #1 (2015) – Jason Bateman Psychological Thriller HD

(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ザ・ギフト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

自由に使い放題!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載の映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用してみるのも手段です。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという確かなデータもあり、まだ使っていない人も関心をもってみる価値があるでしょう。時間がとれない人はスマホで、外出中の移動時間にちょっと観てみるのもOK。暇つぶしには最適のツールになります。

「無料」は全て初心者のため!
初散歩ならぬ初VODならば無料お試しトライアルの切符をゲット。これは各サービスで用意済みなのでチャンスは多め。お楽しみタイムはエンドレスで始まります。でもその前に無料お試しで、あれこれと並んでいるムービー・コンテンツを無料動画的な利用感で満喫して、その旨味の虜になってみませんか。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ザ・ギフト」の鑑賞はダメです。無料で見られるからといって迂闊に手を出すと、理想とは全く違うことを思い知らされます。動画は非常に質が低く、鮮明には映っていないので、何が起きているのかもわからないほどです。これでは映画鑑賞どころではないので、意味がありません。「わざわざ高い金を払ってセキュリティアプリ入れてるし…」それも大事ですが、このタイプの不正動作は完全プロテクトしづらいです。

使うべきはどれ?
「関心を持っている映画があちらこちらにあるので前から気になってたのよね」それならばもう気に悩むことはないです。ところが、ラインナップのメンバーが1日単位で変わってしまうのが困りもの(1週間で大きく変化することが多いです)。その全容をキャッチするのは結構骨が折れます。「ザ・ギフト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。真っ暗な洞窟を手探りで進むのは大変危険なように、VODの洞穴もなかなかのデンジャラス。そこでこのページでは先を照らす松明のように、明るい光で無料動画への足場を示して、迷わないようにさせてあげます。ダイバーシティの時代ですが、VODだって数をマネジメントできないと意味はなし。その点、こちらでは10種類を超える対応数です。あくまで本当に使用スタートしたいと思ったときに登録すればいいので、まずはサイト内で作品検索をして今日の配信有無を調べましょう。

家族にバレない?
家族がいっぱいいる人。VODも分かち合いませんか?「嫌だな、だってお父さんとは趣味が違うもん」「母にこの視聴履歴は見られたくない」「小さい子どもにコレは少し早すぎる」そんなあれこれの家族らしい悩みにも細かく対応中。まずはアカウントを分けることができます。成人向け動画もこれで限定させることが可能で、キッズ専用もあったりします。また同時再生も用意済みで、こっちはスマホ、あっちはテレビで、別の部屋で鑑賞利用していても家族間ならOK。ピースフルにお気に入り映画を観て語り合いましょう。

邪魔な広告は無し!
どういうサイトであれ、管理者が粗雑なものならば、何の前触れもなく広告画像が動画上に表示されたり、リンクに触れるだけで無関係の宣伝ページに移動したり、ユーザーを不快にさせる挙動を見せるものはすべからく危険です。ダントツな安全を追求するフルムビバースでは有害性のある広告は一切ないと確証をもって宣言し、「ザ・ギフト」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

動画はフルの方がいい
気づかずに動画を見ている人もいますけど、テレビ放送で流れる映画はフルではなく、時間の制約上、いくつかのシーンをカットして編集していることがあります。これが意外に重要な場面だったりして、作品の印象を大きく左右する場合も。これではなんだか消化不良です。しかし、VODならば完全なフル動画を提供しています。意図的な短縮版ではないのです。じっくり最後までの鑑賞を確約できます。「ザ・ギフト」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
さあ、映画には役者陣の名演や怪演がところせましと詰まっています。あなたの目を楽しませてくれることは間違いありません。出演俳優をチェックするのはこれだからやめられません。VODは検索することが可能なので特定のこの人が好きという趣味にも対応できます。あの人のいろいろな姿を入念に拝めることができるでしょう。「ジョエル・エドガートン」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

『ザ・ギフト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・ギフト』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョエル・エドガートン
脚本:ジョエル・エドガートン
撮影:エドゥアルド・グラウ
音楽:ダニー・ベンジー、ソーンダー・ジュリアーンズ

★キャスト
ジェイソン・ベイトマン、レベッカ・ホール、ジョエル・エドガートン、アリソン・トルマン、ティム・グリフィン、ビジー・フィリップス、デヴィッド・デンマン

★『ザ・ギフト』の評価

IMDbRTMETA
7.192%??
映画comY!FM
3.5???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ザ・ギフト』の受賞
第48回シッチェス・カタルーニャ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。

★『ザ・ギフト』の感想

●シネマトゥデイ  
美人な妻と高級な家を獲得した順風満帆な男。そこへ現れた不気味な男は同級生らしい。住所を教えていないのに贈り物とギフトカードがその男から届き、奥さんは彼を優しい人だと信じ、旦那は訳ありげに彼と距離を置きたがる。緊張感のあるスタイリッシュな映像、演出。キレキレの後味の悪さ、という矛盾した評価がぴったりな秀作。真相を知ったときはそういうことかと手を打ち、さらにの最後のプレゼントには「うわーーー」となる。怖すぎる。
●ユナイテッドシネマ  
ジョエルエドガートンの不気味演技が素晴らしい。コミュニケーション取り方がめちゃくちゃぎこちなくて、いろいろ行動が異常。悪気がないように見えるとこが余計にタチが悪い。しかし、そこに明確な狙いがあって…。そこまで驚きのシナリオではないのだけど、演出が上手くて引き込まれるのですよね。「お前の不幸を俺のせいにするな」この言葉がブーメランになって返ってくる展開はお見事。最後まで必ず見てほしい、不気味スリラーです。
●109シネマズ  
映像的に単純なものだけでここまで奇妙で怨念めいた部分まで描かれているのは見事です。正義感の強い夫に見えていたサイモンが中盤からことごとくクズ男に成り下がっていく様は痛快です。また、奥さんのロビン、夫への疑念と様々な不安で思い悩む女性の心理をよく表現していたと思います。夫婦の生活を見てるだけでも何故かすごく引き込まれる。こういう夫婦の歪みは誰にでもあるはずだから、なんだか観ていて気まずくなってきます。