カルテル・ランド / Cartel Land

最後まで見れば必ず衝撃を受けるドキュメンタリー

映画『カルテル・ランド』のフル動画を無料視聴する方法を的確にレコメンドしています! リンクの羅列で無駄足を踏んだりしません。
今すぐ『カルテル・ランド』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Cartel Land / メキシコ・アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年5月7日 / 100分 / 制作: / 配給:トランスフォーマー

映画『カルテル・ランド』予告編

(C)2015 A&E Television Networks, LLC


▼『カルテル・ランド』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】一時停止可
VOD2【Hulu】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『カルテル・ランド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あまりにも衝撃的すぎる!
社会で起こっている知られざる問題にカメラを向けたドキュメンタリーはそれだけで見ごたえがあります。そんな勉強にもなるドキュメンタリーをフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを有効的に使いましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、マイナー作品ならばあまりそこまで積極的に手を伸ばすことはしづらいことが多々あります。そこでネット配信を用いることで少なからず苦労をする量を抑えて動画を視聴できます。

「無料」ですよ!タダ!
「支払いを猶予することはできませんよね?」それはやめることをまずはしないかぎり不可能ですが、お金を支払うことのない期間を手に入れることができます。無論ではありますが無限の無料ではないです。登録日から数えての期間(あらかじめ決められている)というリミットがありますが、でも無料動画試用体験なんてそうそう味わえることではないです。「動画をサービス内で無料で見られるのですか?」この質問は最も頻出して寄せられるものですが、公式でもQ&Aで「大丈夫です」という回答をキッパリしているので、何かの錯覚ではないのは確かです。マシュー・ハイネマン監督の「カルテル・ランド」もアリ。

動画の奥に潜む危険!
なお、巷に溢れる困惑することしかできないイリーガルな動画サイトはシャットアウトしましょう。それでショッキングなドキュメンタリー「カルテル・ランド」の鑑賞はダメです。動画再生中にこんなことが起こります。画面に英語テキストで寄付や支払い(仮想通貨など)を促してきて、これでもっと快適になりますよというサービス向上するかのような誘いをしてきます。それに引っかかるとまんまと個人情報を無残に盗まれるだけです。ぼやけた動画などを見ても何の面白さもないですし、それで浪費していくだけの時間が虚しいだけなので、そんな寄り道をせずに公式動画配信へGOです。

迷ったときは?
「あ~、映画館であの作品を見逃がしちゃったからな~」そう思っている時の助け舟。新作だっていつかはちゃんと配信されます。しかし、映画会社から携帯会社、TV企業、独立系企業など多様なサービス・プレゼンターがそれぞれのVODを展開していることもあり、まさに十人十色の幅広さです。センセーショナルすぎて言葉を失う「カルテル・ランド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いい加減に時間を無駄に浪費して大事な1日24時間を台無しにはしたくないものです。このページならば実際の配信状況をサイトで確認した情報をベースに、ある時点の視聴可能性をタイムメモしています。対応対象としてカバーしているVODの多様性はトップクラス級。大手からあまり知られていないものまで、多種多様な顔が並びます。まだ見知らぬVODがリストチョイスにあったら、それはまさに感謝してもしきれないほどの天からの恵み。無料動画にストレートでダイブできるので、気持ちいい気分です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際はドキュメンタリーなどのジャンルは関係なしに再生機器の条件を満たす必要が「カルテル・ランド」でもあります。自宅でテレビ鑑賞するならば、そのテレビが対応機種か確認(各メーカーのサイトや取扱説明書を要チェック)。お手持ちのパソコン鑑賞なら、たいていのウェブブラウザに対応済み。EdgeやChromeなど既存のもので万事OK。アップデートをしておけば抜かりはありません。不用意に雑な扱いでブラウザを使っているとメモリの消費量やCPU負荷が増大して動画再生の妨げになるので注意です。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeなどブラウザで動画視聴のために外部リンクをクリックした際に「ポップアップがブロックされました」といきなり表示されて無反応…そういう状況が強制発生する事例が稀にあります。その原因は広告ブロックツールだったりします。ブラウザと広告除去機能が組み合わせによってはエラーとなるケースが、とくにバージョンアップ時にたびたび報告されやすいです。これでは動画の安定視聴さえも阻害されます。あまりの中身の衝撃で驚愕する「カルテル・ランド」も見れないかも? オカシイと感じたら使用をふだんしているブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

高評価作品は観る価値あり
1日中暇だというならば気にしなくてもいいでしょうが、スケジュールの合間をぬって動画を見る人、寝る時間を削って作品を視聴する人、都合は人それぞれですが、時間こそは有料。あまりにも闇雲にしているだけでは時間は過ぎていきます。そこで映画を選ぶうえでの基準ですが、賞や評価などの作品価値を判定するものが素材に使えます。例えばアカデミー賞の輝かしい功績は絶対的な傑作を保証はしませんが、見てみるだけでも新鮮で刺激的な体験をできることは想像できるでしょう。そのオチに震撼する「カルテル・ランド」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に称賛されていく映画に思い切って触れることで新しい扉が開けます。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいとウズウズと思ったことはありませんか?「カルテル・ランド」を1度見るだけでも良いのかもしれませんが、2度、3度の視聴は感想をさらにボリュームアップにさせてくれ、普通では気づけなかったことを知れるきっかけになれます。それは年齢経過をすることでも変わっていくものです。「は~、ここは伏線になっていたのね」「え、あそこにあのキャラがいたのか」といったポイントを認知できるのはやはり複数鑑賞前提になるかもしれませんし、年齢が変わる映画の見方も変わったりします。VODは1度きりの鑑賞で高額請求することはないので、大きなサポーターになれます。

『カルテル・ランド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月10日時点での『カルテル・ランド』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」です。

▼『カルテル・ランド』をさらに知る

キャスリン・ビグロー監督が製作総指揮を手がけ、2006年から続くメキシコ麻薬戦争の最前線をとらえた衝撃のドキュメンタリー。製作総指揮はキャスリン・ビグロー、モリー・トンプソン、デビッド・マキロップ。メキシコ、ミチョアカン州の小さな町の内科医ホセ・ミレレスは、地元の改善について考えていた。地域を苦しめる凶悪な麻薬カルテル「テンプル騎士団」に対抗するべく、市民たちと蜂起する。それにより健全な社会を作ろうとするのだった。一方、コカイン通りとして知られるアリゾナ砂漠のオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、地元に危険なドラッグを運び込んでくるメキシコからの麻薬密輸を阻止する自警団「アリゾナ国境偵察隊」を結成。この二国の間でそれぞれの思惑のもとに増大する2つの組織は勢力を拡大していくが、やがて麻薬組織との癒着や賄賂が横行するようになってしまう。

★『カルテル・ランド』のスタッフ
監督:マシュー・ハイネマン
撮影:マシュー・ハイネマン、マット・ポーウォール
音楽:H・スコット・サリナス、ジャクソン・グリーンバーグ

★キャスト

★『カルテル・ランド』の評価

IMDbRTMETA
7.490%??
映画comY!FM
3.5???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『カルテル・ランド』の受賞
第88回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

★『カルテル・ランド』の感想

●シネマトゥデイ 
ドキュメンタリーを観終わった後、衝撃で茫然となった。自分がいかに籠の中の小鳥であるかを思い知らされた気分というのはこういう状況のことなのかもしれない。自分の中にある善悪なんていう指標は何の役にも立たないという現実。こんな世界が同じ地球上に存在するという恐怖。見ていない人にはさっぱりだろうが、本当に身震いする。「カルテル・ランド」はあなたの価値観を大きく揺さぶる作品である。そしてその衝撃を受ける価値はあるだろう。
●TOHOシネマズ  
フィクションにあるような「正義の味方」は現実には存在しない。「悪」を倒せば終わるなんてありえない。そんなこと、子どもじゃないのだから知っている。そう思っていました。麻薬カルテルというのは悪なのか、それとも恐怖そのものなのか。まるで自分の世界と乖離してるために現実感がないけど、これがリアルに起きるって恐ろしい。メキシコ、愉快な国のように観光でも紹介されますが、怖いよ。観光で儲けたお金もカルテルに流れているのかな。
●ユナイテッドシネマ 
描かれるのはメキシコだけではありません。メキシコとの国境で麻薬や不法入国を防ぐために自警団をやってるアメリカ人の退役軍人の活動も映していて、こちらの方は本場メキシコと比べるとそこまで過剰な暴力にまみれたりしてるわけではないのですが、この人たちの真剣さを見てると、アメリカでトランプが大統領になってしまった理由の一端が分かる気がしました。確かに隣にあんな国があったら、防衛したくなりますよ。でも壁では防げないけどね。