悪の教典(2012)

先生はみんなを殺し続けたんだ

映画『悪の教典』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクに迷うことはなくシンプルです。
今すぐ『悪の教典』を見るなら動画リンクをチェック。

目的のためならば殺人もいとわない教師の姿を描いた貴志祐介の問題作を、三池崇史監督が映画化。エグゼクティブプロデューサーは山内章弘、プロデューサーは東幸司、坂美佐子、森徹。生徒から慕われ、学校やPTAからの評価も高い高校教師・蓮実聖司は、教師の鑑ともいうべき表向きの顔とは別に、他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパスという倫理を無視した隠された顔があった。いじめ、モンスターペアレンツ、セクハラ、淫行など問題だらけの学校で、自らの目的を達するため、蓮実は躊躇なく命を紙屑のように扱って殺人を繰り返していく。しかしある日、ほんのささいなミスを犯してしまった蓮実は、それを隠匿するためクラスの生徒全員を惨殺することを決める。

原題:悪の教典 / 製作:日本(2012年) / 日本公開:2012年11月10日 / 129分 / 制作: / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:23.4億円

https://www.youtube.com/embedssNsCJX2w
(C)2012「悪の教典」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『悪の教典』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
過激でバイオレンスな影像がガンガンと飛び出してくるような作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを活用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらでも作品を見るのに有効ですが、使用感覚や料金支払いタイミングは違うので注意しましょう。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。節約は生活の欠かせない知恵。動画鑑賞もその範疇に入ります。できれば便利なのでお試しから入りましょう。なにか制約があるのかと思うでしょうが、これは誰でも(ビギナーのみ)体験できるものです。「視聴できるのがお試し序盤動画のみということは…」そういう動画コンテンツ販売サイトのような出し惜しみはありません。映画はフルではないと意味がないのはみんなわかっています。全動画はフルサイズです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「悪の教典」の再生はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

いちはやくウォッチ!
今はそんなに観る気持ちがない人も騙されたと思ってサイトをキョロキョロ眺めてください。一気に鑑賞意欲が吹き上がってきます。ところが、話題性抜群という需要の高さが困ったことにもなり、大小多くの企業がサービス展開し始めた結果、配信状況の正確な理解がとてつもなく大変になりました。「悪の教典」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。できる限り配信情報は更新されている方が良いに決まっています。こちらでは掲載中の中身がいつまでも同じなんてことはありません。あなたの想像を超えるライト版無料ホームシアターのようなお手軽さで無限の動画を鑑賞し放題なチャンスなので、今しかないです。

試写も良いけど…
新作映画ほど思わず先走ってでも見たくなるものはないです。海外では先に公開されていたりして、羨ましい限りであり、ウズウズしてきます。そんなときは試写という方法を検討してみる価値はあるかもしれないです。無料で申し込んで運さえよければドリームが叶う。こんなことはまさに貴重な体験。ネットのオンライン試写もあったりするので、面倒だからスケジュールや場所に縛られたくない人もチャンスあり(それでも時間制限がありますが)。無料で見るのですからちゃんと宣伝にも貢献しておきましょう。「悪の教典」も試写で。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、使用開始した月の終わりまでという別タイミングもあって混乱することも。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「伊藤英明」を見た気すらしません。つまり作戦が大事になってきます。「よし今日から土日は一気に映画を見まくる日にしよう!」という思いきった休みの使い方が、動画を見る上でも最良の手です。

登録情報は最小限
初めてのVODであるならば、初心者特有のわからないことがポンポンと沸いてくるものです。まず最初の壁は登録だと思うのでしょうが、これが思っている以上に簡単に飛び越えられるハードルです。登録と言っても複雑な審査があるわけでもなく、要するにアカウント作成なので、必要最低限の情報入力のみで完結。時間に換算すれば1分程度で完了するような手短さ。ちょっとした空き時間でも可能な作業量です。もちろん登録が終わればすぐに作品動画を視聴開始できます。あとは「悪の教典」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

表現規制を避けるなら
映画という映像メディアに起こる問題が表現規制。映画館やテレビ放送ではどうしてもレーティングという業界ルールがあるために制約が発生します。中にはバッサリと映像に処理が加えられたり、重要な部分なのに不明瞭になることも。俳優の不祥事で販売が自粛されたりすることもあります。それでは純粋にクリエイターの作り出したモノを満喫はできません。しかし、VOD(とくにテレビなど日本の大手企業が不関与のサービス)はそうした業界規制とは別の判断基準があるので独立性が高いです。

『悪の教典』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『悪の教典』をさらに知る

★スタッフ
監督:三池崇史
脚本:三池崇史
撮影:北信康

★キャスト
伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、山田孝之

★『悪の教典』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.1???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『悪の教典』の感想

●映画無料夢心地
伊藤英明といえば筋肉的な熱血キャラで暑苦しい男というイメージだったが、そこをあえて外してその熱血さが殺人というバイオレンスに全振りで向かってしまったような狂気の男を見事に体現していました。これは伊藤英明をキャスティングした時点での仕掛け勝ちという感じでしょう。ただサイコパス教師が生徒を殺しまくるだけといえばそれまでだが、そもそもただ殺しまくるからサイコパスなのであってそこに理由なんて見せてはいけない。
●シネマトゥデイ 
三池作品の中でも頭一つ抜けて大好き。伊藤英明のベストアクトといって間違いない。軽薄さと冷淡さが同居した瞳が堪らない。海で人を救ってるより、陸で人を殺してる方が性に合っている。原作からの取捨選択によりホラー要素が無に等しいし、生徒達への感情移入など最初から狙っていない脚本の構成が最高。全てはラストの「学園祭準備地獄ショットガンパーティ」の為にある。こんなにバラエティに富んだ銃撃シーンは中々出会えるものではない。
●BILIBILI 
表向きは優しく面白い生徒に慕われていた伊藤英明演じる高校教師が徐々に裏の顔をあらわにし、最後にはクラスの生徒や先生を皆殺しにしていくシンプルな話。サイコパス溢れる伊藤英明の怪演が素晴らしく、スタイリッシュに演出されている。所々にセリフや演出にブラックユーモアも散りばめられていてスタイリッシュな演出に華を添える感じになっている。最後までこの伊藤英明演じる教師の不気味さ、狡猾さに魅了される作品であると思います。
●DAILYMOTION  
生徒が惨殺される過程は不思議とそこまで胸糞悪さを感じない。もちろんグロいのが苦手な人は辛いでしょうが。本来なら生徒側の目線で鬼気迫る様な音楽や雰囲気が流れそうなものですが、本作はほとんど蓮見先生の視点で作られているのでBGMなども軽快。ここまで殺人者側に寄り添った映画もないのではと思うほど。伊藤英明のサイコキラーがはまり役。あの空虚感や機械的無機質さはなかなか出せない。目の黒さも無感情な感じで良かった。