ウォールフラワー(2012)

エマ・ワトソンが憧れの美少女を快演

映画『ウォールフラワー』のフル動画を無料視聴する方法を、冗長なリンク無しで迷う暇もなく的確に各サイトの中から推薦。
今すぐ『ウォールフラワー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Perks of Being a Wallflower / アメリカ(2012年) / 日本公開:2013年11月22日 / 103分 / 制作:Mr. Mudd / 配給:ギャガ

映画『ウォールフラワー』予告編

(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

動画
▼『ウォールフラワー』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳オプション

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ウォールフラワー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者はどんどん体験中!
いろいろな悩みを抱えながら自分らしさを追い求めていく作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのでも従来は普通でしたが、今ではネット配信がスタンダードになり、そちらの利用者が増加しています。スマホで鑑賞するときは、ダウンロード機能を使いましょう。外出先でも通信制限を気にすることなく、自由に気ままに見ることが可能。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がキツイ…」とオロオロしているならば、不安解決。無料のサービストライアルは財布の味方で、安寧が手に入ります。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「映画を観終わったら無料期間でも退会できるのかな」「私はずっと使用しているつもりもたぶんないけど」これは最も寄せられる質問ですが、その答えは「大丈夫なので安心してください」です。解約は登録したその日にでもできてしまうので、自由です。スティーブン・チョボウスキー監督の「ウォールフラワー」もアリ。

油断大敵なサイトも!
なお、巷に溢れる友人には絶対になれないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。ローガン・ラーマン出演の「ウォールフラワー」もダメです。怪しいサイトを見抜くにはそこまで難しくありません。共通の特徴があります。それさえわかっていれば警戒を高めることができるでしょう。ひとつは、英語か中国語の意味不明なページに勝手にリダイレクトされること。もうひとつは、ランキングサイトのリンクを多量に設置していること。不審な点を見つけたら警戒しましょう。千載一遇のチャンスを見逃すなかれ。公式プレゼンツなサービスこそが何の心配もいらない選択肢です。

あなたの選択は自由!
映画はインターネットで見るものという習慣はすでに若い人の間では定着以前に常識になり、VODは頻出手段でもあります。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。エマ・ワトソン出演の「ウォールフラワー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VODなんて片手の指ではおさまらない数の種類があり、素人にしてみれば何から手が付ければいいのかわからないものですので、このページのVODレコメンドを参照して、きっかけにすると良いです。同目的のサイトも多々ありますが、フルムビバース・イチオシのポイントはVODのゴリ押しをせずに、情報整理と深掘りに徹している点です。ビギナーズラックという言葉があるように、ネットサービスとなっているVODも未体験時ほどラッキータイミング。無料動画は目と鼻の先にあるので手を伸ばしましょう。

あなたはどっち派?
映画の字幕にあなたはどんな印象を持っているでしょうか。俳優の声がそのまま聴けるからオリジナル映画を尊重できて最高であるという声もあります。そういうものはコアなファンに多い意見です。でも画面下部が覆われるし、目を映像と文字で行ったり来たりさせるのでそれは面倒だという不満もあります。一方で吹替も賛否両論です。スムーズに映像に専念して満喫できるものの、残念ながらクオリティの低いグダグダ吹き替えのリスクも…。エズラ・ミラー出演の「ウォールフラワー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画はどうしても短いものでも1時間半、長いと3時間超えのものまで、1日の貴重な時間を浪費するのがネック。そうなってくるとすぐには観れず、結果忘れてしまう人も出てくるのでメモしないとダメです。スケジュールは個人で異なるので、見られるベストタイミングも違います。とりあえずお目当ての作品のページを見つけたら「Favorite」ボタンでメモしておくと、忘れるのを防ぐことができます。メイ・ホイットマン出演の「ウォールフラワー」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこのサポーターになってくれる便利機能をフル活用してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を手順を含めて気にする人もいるでしょう。ポール・ラッド出演の「ウォールフラワー」鑑賞完了後に解約もアリ。解約できるかどうかを悩みの種にしている人はいます。確かに世の中にはそういう詐欺もあったり、不便な契約を強制してくるものもありました。しかし、VODはどれもワンタッチで済ませられるものです。専用ページからその場ですぐに利用停止にできます。停止すれば料金の発生はもうありません。アプリをアンインストールしただけでは意味がないので、しっかり退会の手続きをとってください。電話するなどの作業はありませんので、思いついた瞬間にできます。

その動画サイトは使える?
ジョニー・シモンズ出演の青春がぎっしり詰まっている「ウォールフラワー」を無料で堪能するならば星に願いを頼んでも意味はありません。かといってネット上に転がっているものは頼りにならないでしょう。「dailymotion」「Miomio」のような大規模ビデオコンテンツサイト、「mixdrop」「vidia」「vidoo」「clipwatching」「cloudvideo」「openload」のようなファイル共有を主とした一方的な提供サイト。それらは必ず存在していますが、安易に飛び込んでしまうのは推奨しません。それを紹介しているウェブサイトを見つけても変に誘導されないようにしましょう。その行為自体が不正です。

『ウォールフラワー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月21日時点での『ウォールフラワー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ウォールフラワー』をさらに知る

1999年にアメリカで出版され、「ライ麦畑でつかまえて」の再来とも言われたベストセラー青春小説を、原作者のスティーブン・チョボウスキーが自らのメガホンで映画化。『ウォールフラワー』の製作はリアンヌ・ハルフォン、ラッセル・スミス、ジョン・マルコビッチ。小説家を志望する16歳の少年チャーリーは、高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられてしまう。これでは学校生活はかなりのどん底になってしまうのも無理はない。誰からも話しかけられず、「壁の花(Wallflower)」のようにひっそりと息を潜めて毎日をやり過ごすことに注力していたチャーリーだったが、人生が変わる出会いをする。陽気なパトリックとその妹で美しく奔放なサムにめぐり会うと、生活が一変し、全てが綺麗に見えてくる。初めて友情や恋を知るが、過去のある事件をきっかけに、3人の青春の日々は思わぬ方向へ転がり始める。

★『ウォールフラワー』のスタッフ


監督:スティーブン・チョボウスキー
脚本:スティーブン・チョボウスキー
撮影:アンドリュー・ダン
音楽:マイケル・ブルック

★『ウォールフラワー』のキャスト(キャラクター)


ローガン・ラーマン(チャーリー)、エマ・ワトソン(サム)、エズラ・ミラー(パトリック)、メイ・ホイットマン(メアリー・エリザベス)、ポール・ラッド(アンダーソン先生)、ジョニー・シモンズ、ケイト・ウォルシュ

★『ウォールフラワー』の評価

IMDbRTMETA
8.085%??
映画comY!FM
3.8???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ウォールフラワー』の感想

●『ウォールフラワー』シネマトゥデイ  
原作者自らが監督してガッツリ参加した変わったスタイルなせいか、他のベタな映画とは雰囲気が違って独特の空気感がユニーク。若者たちの姿もかなり眩しく、俳優陣も輝いていた。何かとメディアの注目度が高いエマ・ワトソンですが、この映画のようなちょっと異質な存在感を放つ役柄は似合っている気がする。彼女の少し日常に近いキラキラした姿を観たいなら、おすすめ。自らの青春のいちページを回想したくなります。
●『ウォールフラワー』ユナイテッドシネマ  
スティーヴン・チョボスキー原作の小説「The Perks of Being a Wallflower」の映画化で、知っている人はこんな形の映像化は想定外だったのではないか。ジュブナイルの青春小説として刊行され、その映画化を原作者自らが指揮を執るという稀有なフィルム化も珍しいが、出来上がった作品はもっと不思議なものだった。視聴すればこの作品の光に触れることができるでしょう。男優と女優の出演俳優陣にたいていの人間は惚れちゃいます。
●『ウォールフラワー』109シネマズ  
エマ・ワトソンがキュートでキラキラしている。この一言に尽きる映画であり、彼女のファンなら何度でも見たい作品だ。どちらかといえばファンタジーな世界に身を投じてきたエマ・ワトソンの、本作で見せるリアルな社会で輝く女性像というのはフレッシュであり、これまでと違った新たな魅力を見せている。彼女の実生活に近いものさえ感じるほどだ。退屈そうに見える日常の中に咲く一輪の花という存在を見事に体現しているその姿は美しい。