花、香る歌(2015)

性別なんて関係ない。ただ夢があっただけ

映画『花、香る歌』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクに迷うことはなくシンプルです。
今すぐ『花、香る歌』を見るなら動画リンクをチェック。

韓国のアイドルグループ「miss A」のメンバーで、「国民の初恋」と呼ばれる人気を獲得したスジが主演し、女人禁制とされた伝統芸能「パンソリ」で女性初の歌い手となった実在の人物チン・チェソンの波乱の人生を描いた。太鼓の伴奏に合わせて歌やセリフ、身振りで物語を語り伝える多才な表現力を求められる伝統芸能パンソリ。朝鮮王朝時代末期、母を亡くした少女チン・チェソンは孤独の中にいたものの、偶然知ったパンソリの物語のヒロインに自分の人生を重ね、心を揺さぶられるほどの深い感銘を受ける。そのまま感動に背中を押されて、パンソリの歌い手になりたいと決意したチェソンだったが、当時、パンソリを女性が歌うことは固く禁じられていた。その社会の圧力でも強い思いを変えずに抱くチェソンは、性別を偽り、パンソリの大家シン・ジェヒョの下で自分の力を発揮するために修業を積むが…。

原題:桃李花歌 The Hymn / 製作:韓国(2015年) / 日本公開:2016年4月23日 / 109分 / 制作: / 配給:CJ Entertainment Japan

映画『花、香る歌』予告編

(C)2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『花、香る歌』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
トラディショナルな世界観を映像で鮮やかに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのは今では最後の方法です。ネット配信ならすぐに鑑賞できるので、まずはそこで確認するのが先決。ウェブサイトにアクセスするだけでいいので、迷わずにまずは手を出して見るのが吉。スマホ、パソコン、テレビ、好きなスタイルを選びましょう。

「無料」はやっぱり魅力的!
どうせならば動画は無料でちょっと見てみたい。でしたら、無料のトライアルで思い切ってお試ししてみませんか。映画を観たらお金を払うのは当たり前の世の理。でも、それはお試しというマジカルワードによって一時的にではありますが、なかったことにできます。これぞ贅沢というものです。「解約制限みたいなのはないのだろうか」との素朴な疑問の答えは「ご安心を」です。登録したらいつどのタイミングでも自由に解約はできますし、退会する作業になんら負担は発生しませんので、大丈夫です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「花、香る歌」の鑑賞はダメです。「問題なんてあるの?」その質問には何時間で語り尽くせないほどに注意喚起ができます。法律上の視点だけではありません。自分にさえも危害が加えられかねないのです。そんな被害報告はニュースで見たことがなくても、それは単に泣き寝入りしているだけです。最悪の場合、全く無関係の動画や勝手に編集を加えた動画などを見せられるかもしれないので、あなた自身が誤解して大恥をかきます。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。注目してください。いきなり何か。それは動画洪水警報です。なにせ動画量は尋常ではなく、普通に漁っていると日が暮れてしまいます。そこで何かしらの支援があると便利なのですが。「花、香る歌」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あてもなくウロウロの暗闇の森を歩いていても出口にはたどりつけません。このページでは単に無料であることを知らせるのではなく、どこで配信しているのかという場所をルート表示して道案内しています。紹介している文章がどの作品もみな同じということはなく、個々の映画に合わせてのフィッティングによって質と適正を適度に維持しています。表示されているアイコンの中から、利用経験のないものをセレクトしましょう。無料体験はいつでも手招きして待っているので後は扉を開けるだけです。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わないで映画を無料で見るなんて、どうせ全部アウトな方法だろうと思ってしまいますが、唯一、合法的な手段があります。それはかなり作品が限定的なので汎用性はありませんが、覚えておいて損はありません。その方法とはパブリックドメイン。これは知的財産権が生じていないor消滅した作品のことで、つまり平たく言えば著作権切れの状態です。これに該当するならば当然ネット上にアップロードしても問題ないために、アーカイブサイトでフル動画が存在したりもします。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは有用な「ウォッチリスト」機能を搭載。これは自分オンリーのオリジナルな気になる映画リストが作れるもので、簡単に言えばお気に入りやメモ感覚と同じ。ページ閲覧中に「お、この映画は後で見よう」と思う出会いがあるでしょう。そんなときは各ページ内の「Favorite」ボタンをポチっとお気軽にどうぞ。そうやってポチポチした作品は特別なウォッチリスト・ページで総まとめ中。「花、香る歌」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

動画はフルの方がいい
映画を途中までしか見られないなんてお預け状態は勘弁願いたいものですが、VODは当然そんなことにはなりません。たとえお試し期間中であっても動画はフルで最後までお楽しみいただけます。民放TV番組にあるようなカットされてばかりの穴抜けのものではないですし、映画チャンネルにあるような限られた時間にしか見れないものでもないです。好きなようにフル満喫できる最高の味方です。「花、香る歌」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。しかし、解約の方法は登録の方法よりも大々的にアピールされないので(当然ではありますが)不安感を増大させやすいです。でも退会のやり方は実は登録以上に簡単です。どのサービスでも基本は一緒。退会ページにアクセスし、パスワード等を入力して本人かどうかをチェックした後に、契約解除に進むだけ。面倒な種類などを書く必要はなく、一般的なアカウント削除と同様の感覚で済みます。なので解約したいと思ったら、その瞬間にすぐ実行可能です。

『花、香る歌』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『花、香る歌』をさらに知る

★スタッフ
監督:イ・ジョンピル
脚本:イ・チョルオ
音楽:キム・テソン

★キャスト
スジ、リュ・スンリョン、ソン・セビョク、イ・ドンフィ、アン・ジェホン、キム・ナムギル

★『花、香る歌』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『花、香る歌』の感想

●FILMAGA
映像と音楽がとても心地よかったです。雪の中を歩く母子の映像から始まりきれいな花に成長した主人公と雪のラストの映像は鳥肌が立つほど美しく…そして師匠の背中が印象的でした。主人公のひたむきさに涙し師匠の優しさに涙ながら…また観たいと思いました。なかなか、しみじみと見せる映画でした。身分制のある社会というのは、女性差別も大きくなるものですね。クライマックスの落成宴で歌う場面は、心に残ります。
●シネマトゥデイ 
本作は役者たちの演技力、歌唱力がその切ない物語に花を添え、並々ならぬ感動を与えてくれる。ラストも秀逸。観て絶対に損はない。本当に素敵な作品だった。まず映像が美しいんですよ。本当に。まるで絵画を見ているような、どこかで美化でもされているの?と思うくらいの素敵な絵です。それで役者の綺麗さがまだ際立つし、もう満足するに決まっているじゃないですか。日本人に知らない世界だから余計に美化した気持ちになるのかな。
●BILIBILI  
いわゆる韓流ドラマではなく、重厚な歴史ものです。韓国オペラのようでもあり、何より脚本が本当に上手いと思います。韓国語を理解しない観客にもそう思わせる脚本なのです。以下のすべてが凝縮された映画です。理想の上司と部下、理想の師匠と弟子、理想の男女関係、理想の愛特にあの主人公の俳優の泣く演技と笑う演技は圧巻。変な泣かせみたいなものはありません。しっかり、本気のドラマを見せてくれます。それにしてもいいな~。
●DAILYMOTION
ヒロインが性別を偽ってパンソリ学校に入り込むエピソードは「愛のイエントル」、歌の特訓シーンは「仮面の中のアリア」を連想させる作品で、古今東西共通の“歌は心で歌うもの”という真理も示されていきます。歴史の勉強にもなって一石二鳥! なんだか詳しくなってきました。もちろんこの映画だけでは明らかに教材不足なので他にも見る必要がありますけどね。師弟愛を超えた恋愛感情など、やはり韓国映画はこれくらい飛躍しないとね。