プラダを着た悪魔(2006)

女性共感100%ムービー!

映画『プラダを着た悪魔』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信状況を適度に更新中。
今すぐ『プラダを着た悪魔』を見るなら動画リンクをチェック。

ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説を映画化した、ゴージャスなファッション業界誌の舞台裏をコミカルに描いたドラマ。製作総指揮はカレン・ローゼンフェルト、ジョー・カラッシオロ・Jr.。オシャレに無関心なジャーナリスト志望のアンドレアは、ニューヨークの一流ファッション誌編集部でカリスマ編集長ミランダのアシスタントとして働くことになる。一見、誰もが憧れる夢のような仕事、しかしそれはミランダの理不尽な要求に振り回される過酷なものだった。

原題:The Devil Wears Prada / 製作:アメリカ(2006年) / 日本公開:2006年11月18日 / 110分 / 制作: / 配給:20世紀フォックス

プラダを着た悪魔 (The Devil Wears Prada)

(C)2006 TWENTIETH CENTURY FOX


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『プラダを着た悪魔』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
豪華な俳優が共演してゴージャスにお届けするドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのはすでに時代遅れ。今ではネット配信がスタンダードになり、スマホ時代にぴったり合っています。家にパソコンやテレビがない人でも安心です。ダウンロード機能を使えば、通信制限を気にすることなく、自由にいつでも見れます。

「無料」を嫌う人はいない!
新入生のようにワクワクの気持ちでこの動画パラダイスにやってきたのなら、無料のトライアルをどうぞ持っていってください。効率的なコストパフォーマンスで動画を見たいという考えは当然です。ケチでもなんでもなく、節約を望むのは何も悪いことではありません。VODならば最安で映画を堪能できるので大満足でしょう。「クレカ登録はどうしても不安だな~」その気持ちもわかりますが、不正利用が起きないように二段階認証搭載のサービスも充実しており、その点でもフルに動画視聴にどっぷり専念できるのではないでしょうか。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「プラダを着た悪魔」の視聴はダメです。危険性判定のためにそうしたサイトの一部を選出してセキュリティ対策システムでスキャンしてみると「不正プログラムの検出」が容易にできます。つまり、それくらいナチュラルに恐ろしい罠が潜んでいるということであり、足を踏み入れたら最後、怪我では済みません。あとは何も言うことはありません。ショッピングモール並みのオフィシャルな映画動画サイトは徒歩ゼロ秒です。

あなたの選択は自由!
VODの配信トリガーになるものは視聴者には見えてきませんが、デジタル配信一般提供は目安になるので着目する意味はあります。嬉しい悲鳴にはなりますが、VODを展開する会社の数がとにかく豊富。つまり、どれがどれを配信しているのかが状況混雑しすぎているので、整理が一向に全然追い付きません。「プラダを着た悪魔」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。「何度もリンクをクリックしても全然違うサイトに飛ばされるのだけど…」そんなアクセス稼ぎサイトと違って、フルムビバースは誘導無しの適切な客観的紹介に専念しています。あなたの想像を超えるライト版無料ホームシアターのようなお手軽さで無限の動画を鑑賞し放題なチャンスなので、今しかないです。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。映画館だと必ず発生する「字幕派or吹替派」問題ですが、VODは基本的には用意されているなら、両方とも利用できることが多いです。意外な活用方法が英語字幕の利用であり、これを用いて外国語レッスンの教科書代わりに使っている人も。流し聴きしているだけで英語に耳が慣れます。「プラダを着た悪魔」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、登録した月の最終日を期間の終わりとするサービスも存在します。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「アン・ハサウェイ」を見た気すらしません。つまり作戦が大事になってきます。「よし今日から土日は一気に映画を見まくる日にしよう!」という思いきった休みの使い方が、動画を見る上でも最良の手です。

動画はフルの方がいい
映画を途中までしか見られないなんてお預け状態は勘弁願いたいものですが、VODは当然そんなことにはなりません。たとえお試し期間中であっても動画はフルで最後までお楽しみいただけます。民放TV番組にあるようなカットされてばかりの穴抜けのものではないですし、映画チャンネルにあるような限られた時間にしか見れないものでもないです。好きなようにフル満喫できる最高の味方です。「プラダを着た悪魔」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
俳優の皆さんはなんであんなに素晴らしいのでしょうか。同じ人間とは思えないと感じる人も多いでしょう。VODは俳優での検索が可能。例えば「この人の出演作がどれくらいあるのかな」と思ったら、配信作品から調べて、その気があれば視聴もできます。「え、この人が出ていたの?」とびっくりする発見があるかもしれません。「メリル・ストリープ」の素晴らしい演技は最高のエンターテインメント・ショーであり、詩的な読み応えすらもあるかもしれません。まだ見ぬ一面にストレスも忘れて今日から新しいフォロワーになってしまうかも。

『プラダを着た悪魔』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『プラダを着た悪魔』をさらに知る

★スタッフ
監督:デビッド・フランケル
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
撮影:フロリアン・バルハウス
音楽:セオドア・シャピロ

★キャスト
アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアー、トレイシー・トムズ、サイモン・ベイカー、リッチ・ソマー、ダニエル・サンジャタ、レベッカ・メイダー

★『プラダを着た悪魔』の評価

IMDbRTMETA
6.976%??
映画comY!FM
4.0???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『プラダを着た悪魔』の感想

●無料ホームシアター
作品の中の「ファッション」というものに非常に興味を感じされられた。主人公が飛び抜けてすごいわけではないので、感情移入がしやすかったし、何より主演のアン・ハサウェイの服装が場面が変わる度にカッコよく、可愛くなるのでつい見とれてしまう。素晴らしい作品です。結局アンディはランウェイを辞めることになるが、ミランダはアンディを認め、アンディはミランダを認めている。それぞれの生き方を肯定しているのがいい。
●シネマトゥデイ 
自分らしく生きる、全ての女性を元気にする作品。キャリアウーマンに憧れをもつキッカケになりました。この映画はまだ2006年なんですよね。つまり全然働く女性という注目のされ方も今よりも乏しい時代です。それでもここまで描くことの価値は偉大だったと思うのです。ラストの2人の向かい合うシーンがすごく素敵! それぞれの生き方を、これからも邁進していくのだろうと思うと、誰でもこんな人生の憧れを持つのは無理もないじゃないですか。
●ユナイテッドシネマ 
最初から惹きつけられた。この映画を見たらファッションが好きになるし、アンハサウェイの変わりっぷりが最高!話的には古き良き自分と決別するかのように、人生感まで変化していくところが面白かった。一種のサクセスストーリーのような展開に心躍らされた。努力し成功したあとに本当の自分の決断がある。この映画では容姿メインに書かれていましたが、やはりアンドレアもその事に気付いた後は凄く輝いてるし、素敵でした。
●イオンシネマ
観る人によって映画好きなところが違う作品、それが真の良作だと思います。この映画はそれに値する作品です。自分らしくいることの大事さ。友達や恋人を犠牲にしてまでする仕事は本当にやりたいことなのか? そんなメッセージ性を受け取ったのは私だけだろうか。「プラダを着た悪魔」という邦題のセンスもいいのですが、主演女優の好演もあって、これが多くの人に理解されたというのが一般論。でも本当は社会のタブーをつついたのではないか。