キツツキと雨(2011)

そんなコラボレーション、ありですか

映画『キツツキと雨』のフル動画を無料視聴する方法を、安全性を確認できないサイトは除外して紹介しています。
今すぐ『キツツキと雨』を見るなら動画リンクをチェック。

沖田修一監督が、無骨な木こりと気の弱い映画監督の出会いから生まれるドラマを役所広司と小栗旬の初共演で描く。エグゼクティブプロデューサーは井上伸一郎と椎名保。とあるのどかな山村に、ある日突然、ゾンビ映画の撮影隊がやってくる。何もないこの場所に来た撮影チームに出会い、ひょんなことから撮影を手伝うことになった60歳の木こりの克彦。一方で、その撮影メンバーもおぼつかない感じで、その気弱さゆえにスタッフをまとめられず狼狽する25歳の新人監督・幸一は、一生懸命に取り組む。それぞれが互いに影響を与えあい、次第に変化をもたらしていく。そして、そんな2人の交流が村と撮影隊の不思議で奇妙なコラボレーションを生み出していく。

原題:キツツキと雨 / 製作:日本(2011年) / 日本公開:2012年2月11日 / 129分 / 制作: / 配給:角川映画

映画『キツツキと雨』予告編

(C)2011「キツツキと雨」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『キツツキと雨』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

様々な葛藤や苦悩を抱えながら自分の生き方を模索していく作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信なのでメリットは多数。店に行く必要はないし、店舗での貸し借りの煩雑な作業もなし。スピーディに動画を観れます。もちろんスマホでも可能。テレビでDVDを視聴するのと変わらない感覚で楽しめます。タブレット、ゲーム機器でも使うことはできます。

アンテナを張るべきはここからです。動画を無料で見られるお試しコースがあるというのは絶対に知っておきたいところ。「なんか自分の観たい作品が少ないな…」「私の環境だと上手く再生できない」「少し使いづらさを感じる」そういう使って初めてわかるフィット具合を判断する時間的余裕がお試しの利点です。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最悪の状況は経験した人間にだけわかります。個人情報の拡散は津波のように止められません。名前、メールアドレス、クレジットカード番号、カメラで撮られた顔の画像など、拡散した情報を削除することは事実上不可能なので、気を引き締めましょう。迷う暇があったら正規サービス。そうでなくとも選択肢はひとつ。損をする決断はしないようにしましょう。

「配信リストを眺めていると、映画を観たい欲がガンガン沸き上がってくる!」そうなればもう欲望に一直線。ただし、面倒事が無いわけではなく、それはユーザーのウォッチしたい映画を扱っている動画サービスは一体どれなのか、特定作業が待ち受けています。「キツツキと雨」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。お困りの方に声をかけているのがこの作品動画ページ。ナビゲーションに特化した、配信VODの一覧化が掲載中なので、無数のサイトをいつまでも確認してめぐり歩く必要性を緩和して負担軽減します。情報の濃さで言えばフルムビバースはイチオシできます。VOD対応状況も広く、更新頻度は頻繁で、常にアップデートし続けています。VODヴァージンはこれで卒業しましょう。提案されているアイコンの中に未体験のサービスを発見できれば儲けもの。映画といつでも一緒の人生が始まります。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「キツツキと雨」でもあります。ホームテレビを利用するなら、対応しているものである必要があるのでテレビの機種をネット検索して使えるか確認しましょう。PCの場合は、SafariやChromeなどのどのブラウザでもだいたいは使用可能なので心配することもないでしょう。ウイルス対策ソフトが再生を邪魔していたり、パソコンの更新アップデートで大幅な負荷がかかっていないか気をつけてください。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて無反応で思っていたとおりにならない! このようなエラー状態になっていませんか? それはサイトに表示される広告をブロックするツールのトラブルかもしれません。ネット閲覧で邪魔になる大量の広告画像を消すために、広告非表示を求めるユーザーの間で支持されていますが、思わぬ障害の原因になることも。「キツツキと雨」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

『キツツキと雨』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『キツツキと雨』をさらに知る

★スタッフ
監督:沖田修一
脚本:沖田修一、守屋文雄
撮影:月永雄太
音楽:omu-tone

★キャスト
役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美、古舘寛治、黒田大輔、嶋田久作、平田満、伊武雅刀、山崎努

★『キツツキと雨』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『キツツキと雨』の感想

●FILMAGA
この映画の見所はやはり役所広司演じる克彦の可愛さにありますね。ご飯を美味しそうに食べるところか、ちょっとした暇潰しに砂をつくじるところとか、自分がチョイ役で出た映画のワンシーンをみてワクワクしている場面とか、細かい仕草がいちいち可愛いです。そこはさすがあの南極料理人を撮った沖田修一監督のセンスというところでしょうか。あんなど田舎の腐れ息子が高良健吾のような顔面なのはありえないというのは野暮だろうか…。
●シネマトゥデイ
音楽も木琴などの楽器を用いたものが多く、タイトルどおり映画全体が木に囲まれているような良い雰囲気の作品になっています。ついサントラまで買ってしまいました。どうしてこんなにもハマってしまったのだろうか。小栗旬はどうしたってかっこよくなってしまうのが残念。ふとしたときに出てしまうかっこよさ。そこを抑えるにはもっと工夫が必要だな。「キツツキと雨」というタイトルの美しさにも惹かれているので、邦題ベストに入るかな。
●BILIBILI
これは役所広司さんの映画ですわ。役所広司という俳優なくしてこの映画は撮れないだろうと。もうね、克彦という人物が可愛くて可愛くて仕方がない。あらすじ見た感じとか予告編見た感じでは、偏屈で頑固で寡黙な木こりが、現代っ子な感じの映画監督と出会って心をとかしていく的な感じかと思ってたけど違った。むしろ逆。ほんと素敵な映画です。これぞ邦画とわたしは思ったりします。見ていない人も多いでしょうから、オススメしときます。
●MOVIX 
大爆笑を狙った映画ではないけど、終始どこか吹き出してしまうような楽しさがある、気分が良くなる作品です。人の心って思ってる以上にフレキシブル。ちょっとの熱で溶けだしていろんな形になる。今はイマイチ形が定まらないかもしれないけど、それでいい。いつか形が落ち着くはずだから。ラストの「やるに決まってるじゃないか!」って大きな声で自分も現場も鼓舞する小栗旬の素直な体当たりが、本人と重なるようでなんか好きなシーン。