イップ・マン 最終章

伝説の武術家の晩年を描く

映画『イップ・マン 最終章』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信状況を適度に更新中。
今すぐ『イップ・マン 最終章』を見るなら動画リンクをチェック。

ブルース・リーの師として知られるイップ・マンの青年期を描いた「イップ・マン 誕生」(2010)に続き、ハーマン・ヤウ監督がイップ・マンの晩年期を描いたカンフーアクション。美術はレイモンド・チャン。1949年、中国から単身香港へと渡ったイップ・マンは、自らのテクニックを広めるために庶民を相手に詠春拳を教えていたが、中国と香港の国境管制により中国に残した愛妻ウィンセンに会える機会を失ってしまう。やがて何もできぬまま時は過ぎていき、ウィンセンは亡くなり、その死に立ち会うことができずに途方に暮れたイップ・マン。その状況で一筋の希望が見えてくる。以前からひかれていた歌手ジェニーに亡き妻の面影を見出し、次第に自分の感情を揺れ動かされるように親しくなっていく。そんなある時、スラム街・九龍城で開かれる危険性もある闇試合に巻き込まれた弟子を助けるため、イップ・マンは他の弟子を引き連れ、戦いの場である九龍城に乗りこむ。

原題:葉問終極一戦 / 製作:香港(2013年) / 日本公開:2013年9月28日 / 100分 / 制作: / 配給:日活 

「イップ・マン 最終章」 予告篇

(C)2013 National Arts Films Production Limited Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『イップ・マン 最終章』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
激動の人生を生きた人物にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、少数の映画ならオススメ。もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもので、山ほどの映画を毎日のようにみるなら、こちらが最高の選択肢になります。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。無料ダウンロードとはいきませんが、無料ホームシアター・ルックな使い方で、期間を一定の間にセッティングされて、自由に映画動画を見て、機能性などを確かめることができます。「登録自体の難しさに不安が残る…」そんな心配も払しょくできます。やってみればすぐにわかりますが、肝心の登録内容は実にシンプルで、子どもでも入力できるような基礎ばかりです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「イップ・マン 最終章」の鑑賞はダメです。無料で見られるからといって迂闊に手を出すと、理想とは全く違うことを思い知らされます。動画は非常に質が低く、鮮明には映っていないので、何が起きているのかもわからないほどです。これでは映画鑑賞どころではないので、意味がありません。動画は膨大なデータ量をやりとりするからこそ、その負荷は高く、きちんと整備されたサービスでないと端末機器に害を与えます。

使うべきはどれ?
「友人に勧められていたから絶対に見ておこうと思ったのに…時間が…」そんな状況ならVODは最強の助っ人になります。でも、全てが理想どおりのハッピーエンドになるには大事なポイントがあります。それはなによりも配信状況の確認。これは先決で、絶対に優先すべきことです。「イップ・マン 最終章」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。頭を抱えて安易に諦める前に、このページのアイコンを確認しましょう。表示があればあとは動画リンクをたどっていくのみ。この独自の2段階確認システムで確実性を視覚的に高めています。本サイトは「フルムビ」の名のとおり、フルでムービーの情報を完備しています。痒い所に手が届く、他のデータベースにはない情報も密かに掲載中です。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わないで映画を無料で見るなんて、どうせ全部アウトな方法だろうと思ってしまいますが、唯一、合法的な手段があります。それはかなり作品が限定的なので汎用性はありませんが、覚えておいて損はありません。その方法とはパブリックドメイン。これは知的財産権が生じていないor消滅した作品のことで、つまり平たく言えば著作権切れの状態です。これに該当するならば当然ネット上にアップロードしても問題ないために、アーカイブサイトでフル動画が存在したりもします。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「イップ・マン 最終章」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。クレカ以外の方法はないのかと知りたい人もいるはずです。Vプリカなどのプリペイド型は、ほとんどのサービスで使用不可の扱いを受けています(個人確認ができないため)。最も有効な代替手段はキャリア決済の活用。月々のスマホ料金等の支払いと一緒に済ませられます。なお、一度すでに登録済みのカードでは初回限定の無料お試しは受けられないので事前にしっかり確認しましょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで外部リンクをクリックorタップしたら「アレっ? 反応なし?」という事態に見舞われて「ポップアップのブロックがどうのこうの」と表示されたことはありませんか? それは原因となっているのは広告ブロック系のツールかもしれません。拡張機能の見直しをしてみましょう。有効を無効に変えると案外簡単に修復できます。こういう困ったトラブルもあるので、余計な拡張機能は極力入れない方が冷や汗をかかずに済みます。「イップ・マン 最終章」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。その解約が「完了するまでの作業が複雑すぎる」「退会ページを発見しにくい」といったデメリット的落とし穴があるのではと警戒したくなる人もいると思いますが、問題ないです。もしそんなサービスがあるとしたら当の昔に行政指導されるような事態になって炎上してしまいます。少なくとも今はかなり退会に関してはシンプルな構成になっているので安心です。アカウントを削除するのも一瞬で終わります。利用を再開するのも容易なのでカジュアルです。

『イップ・マン 最終章』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『イップ・マン 最終章』をさらに知る

★スタッフ
監督:ハーマン・ヤウ
脚本:エリカ・リー
撮影:ジョー・チャン

★キャスト
アンソニー・ウォン、ジリアン・チョン、ジョーダン・チャン、エリック・ツァン、イップ・チュン

★『イップ・マン 最終章』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.4???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『イップ・マン 最終章』の感想

●無料ホームシアター 
これで最後となるのが惜しいぐらいで、イップマンの発言は哲学的で物凄く良いです。最終章として初のケースでついにブルースリーが出てくるんですが、イップマンと肩を並べた時の軽さといったら流石イップマンと言った所です。そして何よりイップマンの存在の大きさには人として大事にしなければならない部分を改めて痛感しました。最近では、中々日の目を浴びない香港映画ですが、可能性は十分に感じました。
●FILMAGA 
ブルース・リー没後40年を迎えた本年、功夫映画の到達点を示すと同時に、新たな出発点ともなる最高の一本です。見て当然損はありません。「イップマン」映画は数あれど、この作品のインパクトは他には勝てないものがある。この人、本当に人生の師匠になる。全てを生きるどんな人の道にも導き手になる役割を担える存在感。こういう人間が普通にいるのであれば、きっと多くの人を苦難から救うだろう。せめて映画で救われる人もいればいいのに。
●DAILYMOTION 
本作のアンソニー・ウォンのカンフーは到底ドニー・イェンには及ばないものの、老年に至って妻を亡くした苦悩、自分に思いを寄せる若い女性歌手との接し方に、アンソニー・ウォンのならではの人間の機微を熟知した優しさやら慈愛が感じられて見応えがあった。功夫映画こそ香港映画の王道だと思っている人間にとって、大変感慨深い真の作品でした。クリーンなファイトに徹する葉問の漫画めいた正義漢ぶりには、もはや何も言えまい。カッコいい。
●BILIBILI  
ブルース・リーが確立し、ジャッキー・チェンが拡張した功夫映画の世界が、ここまで成熟したかと…。成熟を感じさせる最大のポイントは、「功夫映画でありながらアクション映画ではない」ということです。最終章だけあって、イップマンももう爺さんになっちゃってアクションは期待してなかったけど、ドラゴンと戦うシーンは白熱するし、燃える場面はあるのです。でも人生観を揺さぶる、ドラマ性にこそ響いてくるポイントであり、震えました。