スーパー!(2010)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督が描く超暴力ヒーロー

映画『スーパー!』のフル動画を無料視聴する方法を、過剰な広告を排してシンプルに素早く提示しています。
今すぐ『スーパー!』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Super / アメリカ(2010年) / 日本公開:2011年7月30日 / 96分 / 制作:This is that / 配給:ファインフィルムズ

映画『スーパー!』予告編

(C) 2010 Crimson Bolt, LLC

動画
▼『スーパー!』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高水準

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
Videomarket ▼ビデオマーケット

▼『スーパー!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

一度使えばハマる!
いろいろと過激すぎてセンセーショナルな展開に驚愕させられる作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなサプライズ満載の映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのがオススメ。ネット配信の方が面倒なことも少ないので非常にラクチン。レンタル店でDVDを借りるよりもあっさりと動画にアクセスできますし、返すという作業もないのでノーストレス。安易に映画を見るならこれ以上のものはありません。試す価値があります。

「無料」を見逃すな!
「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら新入り無料お試しの刺激的な導入補助があります。初回はどうしても「もし合わなければ…」と不安があるものであり、これで一定期間は無料になるので「しまった!」と後悔しながらカネを払うこともなし。無料動画気分で視聴を試せます。「一度登録すると解約できない状況に陥るのでは?」「登録しても退会に手間取らせるならばさすがに受け付けられない」と訝しむ人も落ち着いて。解約は登録よりも少ない作業で済みます。それこそ思いついたときに実行可能で、解約を忘れてもすぐできます。ジェームズ・ガン監督の「スーパー!」もアリ。

やってはいけないこと!
なお、巷に溢れる禁止事項であるにも関わらず跋扈しているイリーガルな動画コンテンツの利用はただちに停止すべきです。それでレイン・ウィルソン出演の「スーパー!」の鑑賞はダメです。「私はウイルス対策のセキュリティもバッチリなのでなんとかなる」そんな気のゆるみは油断大敵で、自分でもコントロールできないほどに最悪の事態につながります。実際に既存のプロテクトでは100%防ぎれないことがわかっており、その思わぬ弱点を突いて怖い危険が攻め込んできます。なのでというわけではないですが、非公式よりも公式という理論で、選択すべきサイトは自明でしょう。

あなたの選択は自由!
セル配信でもレンタルでも見放題でも、どういう形態であれ、デジタル流通する映画を引っ張っているのはVODの仕事です。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。エレン・ペイジ出演の「スーパー!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いい加減に時間を無駄に浪費して大事な1日24時間を台無しにはしたくないものです。このページならば実際の配信状況をサイトで確認した情報をベースに、ある時点の視聴可能性をタイムメモしています。掲載対象にしているVODの種類がどこよりも盛沢山で、特定のサービスをえこひいきしていないのがフルムビバースの強みです。無料ホームシアター級のエンターテインメント体験を家にいながら、もしくは自分のハンドサイズにすっぽり入るスマホのディスプレイの中で、ネット上でエキサイトできるチャンスです。

邪魔な広告は無し!
リーチサイトの中には危ないサイトへ誘導するものがあります。そこは危険だらけ。「Download」や「Watch」などわざとクリックを誘う紛らわしい表示を混ぜ合わせた、非常に悪意のあるコンテンツが満載で、どんなに情報を仕入れて気をつけていても罠に嵌ることがあります。対して、フルムビバースではクリーンな構成を心掛け、リブ・タイラー出演の「スーパー!」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一時期頻繁にニュースでも取り上げられて議論が行われたブロッキングも実は完璧な有効策ではないです。簡単に規制をすり抜けることができ、結局はいたちごっこ。フィルタリングも同様に過信はできません。一番良いのは優れたサービスを確立させ、不正なサイトを利用する動機を根こそぎ奪い取ること。正規の動画を身近にすることが健全な業界発展に前向きに寄与するので「スーパー!」合法視聴方法を明確な安全性を確保して拡散しましょう。

動画はフルの方がいい
このサイト名が「フル」ムビバースであるとおり、こちらでは必ずフル動画を紹介しています。VODのフルは正真正銘のオール・フルです。確実に最後まで鑑賞することができます。テレビ民放放送のように時間枠におさめるためにシーンをカットしたりはしません。これぞネットという制限のないVODの隠れたメリットでもありますが、タイムリミットがないのでフルコンテンツを提供していることがほとんどなのです。クレジット後のオマケまで余すところなく全編を鑑賞可能です。ケビン・ベーコン出演の「スーパー!」をフル視聴(full)できるけれどもCMがあるようなテレビメディアと比べてもVODの方がフレキシブルで優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
映画という映像媒体コンテンツなら避けられない表現規制の問題。劇場上映やテレビ放送ではレーティングという独自の業界規則で諸々の制約が生じ、あなたの声が届かない場所で人知れず内容が精査されています(公式も納得する範囲ですが)。このままでは提供不可と判断されると、シーンカットやモザイク処理などがあったり、倫理的なトラブルで自粛という事態も起こります。これではクリエイティブな自由度は鎖につながれるだけ。しかし、独立性の高いVODならば、そうした枠とは外れて展開していることがあるので、映画を純粋に視聴できます。ネイサン・フィリオ出演の「スーパー!」も規制なしでどうぞ。

『スーパー!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月25日時点での『スーパー!』の動画配信
  • 「Hulu」「ビデオマーケット」です。

▼『スーパー!』をさらに知る

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督が描く、セクシーなドラッグディーラーに妻を奪われた冴えない中年男が愛する妻を救うべく手作りのヒーロー・コスチュームに身を包み、悪に立ち向かうアクション・コメディ。『スーパー!』の製作はミランダ・ベイリーとテッド・ホープ。冴えない夫のフランクは、自分のやるせなさに悩んでいた。何かできないのか。セクシーなドラッグディーラーの後を追って家を出てしまった妻を取り戻すため、ついに行動に出る。それは自前のコスチュームを身にまとったお手製ヒーロー「クリムゾンボルト」に変身するということ。クレイジーな相棒ボルティーとともに、この世に蔓延る危険地帯の犯罪に立ち向かう。

★『スーパー!』のスタッフ


監督:ジェームズ・ガン(関連作品:『スリザー』)
脚本:ジェームズ・ガン
撮影:スティーブ・ゲイナー
音楽:タイラー・ベイツ

★『スーパー!』のキャスト


レイン・ウィルソン、エレン・ペイジ、リブ・タイラー、ケビン・ベーコン、ネイサン・フィリオ、ングレッグ・ヘンリー、マイケル・ルーカー、アンドレ・ロヨ、ショーン・ガン、スティーヴン・ブラックハート、リンダ・カーデリーニ

★『スーパー!』の評価

IMDbRTMETA
6.849%??
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『スーパー!』の感想

●『スーパー!』FILMAGA 
アンチカタルシス映画の新しい系譜として歴史に残る一作だと思う。好事家の間では高評価なことからもわかるように一般に受けるような映画ではない。つまり、それはエンタメとしての単純さはないからだ。ポスターなどのビジュアルは痛快アクション風に装っているが、これが全くのミスリード。過剰なまでにぶっこんでくる暴力描写は暴力を楽しむものではなく、暴力の結果とそれで起こる責任の問題をとことん追求したビターなビジランテ映画だ。
●『スーパー!』ユナイテッドシネマ 
メッセージ性も含めてかなり好きな映画。「キックアス」とよく似ているが、結局あれはヒーロー物。この映画はどちらかというとヒューマンやバイオレンスに分類される現実主義的な作品だと思う。結局現実世界では超能力なんてないし、人は血を流して死ぬし、ヒーローと相棒は欲望のままに男女の関係にもなるし、死はいとも簡単に醜く訪れる。ヒーローに希望を抱いている人の頭を殴ると同時に、でもその希望を馬鹿にはしない絶妙なバランスだった。
●『スーパー!』イオンシネマ 
冒頭のアニメーションからラストの息苦しさまでとにかく最高! これぞ求めていたボンクラヒーロームービー! 主人公のクリムゾンボルトのギリギリの思想は危ないものでしかないが、なぜか共感できるのは人生誰しも自分は主人公になりたいという主体性に依存しているからだと思います。ケヴィンベーコンの敵なのにイイ男も良くて、なんなら敵側に感情移入さえもしてしまいました。結構、絵でなめている人もいるでしょうけど、バカにできないですよ。