ムービー43 / Movie 43

誰もが呆れる究極のおバカ・ムービー

映画『ムービー43』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信状況を適度に更新中。
今すぐ『ムービー43』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Movie 43 / アメリカ(2012年) / 日本公開:2013年8月10日 / 97分 / 制作:Virgin Produced / 配給:アスミック・エース / 製作費:600万ドル / 興行収入:3200万ドル

映画『ムービー43』予告編

(C)2013 Relativity Media

動画
▼『ムービー43』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『ムービー43』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
意味もなくバカなことをしているアホみたいな展開連続のコメディはそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのが良いです。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、今では利用者も増加中。まだ使ったことがないからなぁと怪訝な人でも安心。初心者でも簡単にスタートできて、ビギナー向けのお得なサポートもいっぱい。難しい作業を覚える必要はゼロです。

「無料」で感謝!
サンキューと感謝するのはまだ早い。初心者の人はここからよく聞くように。無料動画の神髄はお試しにあるのです。お試しには期間があるというだけで(2週間まで、1か月までなど)、機能自体の制限はないので、スマホでは使えませんというような煩わしい欠点もなく、完全な利用が最初からできます。「フル動画でないと私は見向きもしないですよ」もちろんその需要はしっかり把握しており、そんな中途半端な動画を推薦したりは絶対にしません。お試しという言葉は動画のプレビューという意味ではないので大丈夫です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ムービー43」の鑑賞はダメです。「問題なんてあるの?」その質問には何時間で語り尽くせないほどに注意喚起ができます。法律上の視点だけではありません。自分にさえも危害が加えられかねないのです。そんな被害報告はニュースで見たことがなくても、それは単に泣き寝入りしているだけです。低クオリティサイトなんてものは動画も酷いもので、映画の本来の良さなんて1ミリも理解できずに、終わってしまいます。

いちはやくウォッチ!
今はそんなに観る気持ちがない人も騙されたと思ってサイトをキョロキョロ眺めてください。一気に鑑賞意欲が吹き上がってきます。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。「ムービー43」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。動画を探しまわることに疲れていませんか。いい加減にさっさと見たいはずですし、スッキリしたいものです。このページさえあれば今までの苦労なんて無かったように便利になります。「動画」と書かれたテキストリンクをクリックしてみたらランキングページに誘導された…そういう経験はもうこりごり。フルムビバースは確実な動画へ導きます。まずは冷静に確認をしたい? それは賢い判断です。アカウント作成をしなくても映画の有無の確認はできるので、夢心地になる前に調べましょう。

家族にバレない?
映画はいろいろなクリエイティブが詰まっているものであり、それは表現の自由であり、芸術です。しかし、それは尊重するとしても、どうしても年齢制限が生じてくるものがあります。VODでは映画館のようなレーティングを作品ごとにしていますが、作品一覧では全部が表示されてしまうので「見せたくない作品」が見えてしまうことになりかねません。でもファミリーアカウント機能などがあるので、ユーザーごとに使い分けが可能です。プライバシーも確保しながら不都合をゼロにして共有利用ができます。

邪魔な広告は無し!
世の中にあるサイトの中には、広告が画面全体にいきなり脈絡もなく表示されたり、ページ内にあるリンクや検索バーに触れると全然別の怪しげなサイトに移動したりと、ユーザーを不快にさせるだけのものも山ほどあります。その一方で、安全最重視のフルムビバースは広告すらも大幅に抑えているので、最も肝心な「ムービー43」視聴を妨害しません。すでに業界関係の企業や組織が議論して練り上げた広告自主規制ルールがあり、このサイトでもその決まりを守って悪質な広告形態は排除しています。だから今まさに見ている画面上の広告料が極小なのです。

動画はフルの方がいい
映画を途中までしか見られないなんてお預け状態は勘弁願いたいものですが、VODは当然そんなことにはなりません。たとえお試し期間中であっても動画はフルで最後までお楽しみいただけます。民放TV番組にあるようなカットされてばかりの穴抜けのものではないですし、映画チャンネルにあるような限られた時間にしか見れないものでもないです。好きなようにフル満喫できる最高の味方です。「ムービー43」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
映画という映像媒体コンテンツなら避けられない表現規制の問題。劇場上映やテレビ放送ではレーティングという独自の業界規則で諸々の制約が生じ、人知れず内容が精査されています。このままでは提供不可と判断されると、シーンカットやモザイク処理などがあったり、倫理的なトラブルで自粛という事態も起こります。これではクリエイティブな自由度は鎖につながれるだけ。しかし、独立性の高いVODならば、そうした枠とは外れて展開していることがあるので、映画を純粋に視聴できます。

『ムービー43』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ムービー43』をさらに知る

ヒュー・ジャックマン、ケイト・ウィンスレット、ナオミ・ワッツ、エマ・ストーン、リチャード・ギア、クロエ・モレッツほか豪華オールスターキャストが集いながらも、批評家、観客双方から酷評され、盛大に大コケしてしまったセンセーショナルなオムニバスコメディ。ピーター・ファレリー監督による「非常識でクレイジーなコメディを作る」という発案にのり、ブレット・ラトナー、ジェームズ・ガン、女優のエリザベス・バンクスら12人の監督が、お下劣でおバカな要素が満載の短編をそれぞれ完成させた。『ムービー43』の製作総指揮はティム・ウィリアムズ、タッカー・トゥーリー、ジェイソン・フェルツ。

★『ムービー43』のスタッフ


監督:スティーブン・ブリル、ピーター・ファレリー、ウィル・グレアム、スティーブ・カー、グリフィン・ダン、ジェームズ・ダフィ、ジョナサン・バン・トレケン、エリザベス・バンクス、パトリック・フォースバーグ、ブレット・ラトナー、ラスティ・カンデッフ、ジェームズ・ガン

★『ムービー43』のキャスト


エリザベス・バンクス、クリステン・ベル、ハル・ベリー、レスリー・ビブ、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、アンナ・ファリス、リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスビル、ジャスティン・ロング、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、リーブ・シュレイバー、ショーン・ウィリアム・スコット、エマ・ストーン、ジェイソン・サダイキス、ユマ・サーマン、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット

★『ムービー43』の評価

IMDbRTMETA
4.34%??
映画comY!FM
2.6???2.8
フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)

★『ムービー43』の感想

●『ムービー43』FILMAGA  
無駄に豪華なキャストで贈るクソ映画が14本も! ハリウッド映画界の監督や俳優の皆さんはお疲れなのでしょうか。いや、絶対にそうですよ。じゃなかったら、こんな頭がオカシイことしないですから。ヒュー・ジャックマンはキンタマがこびりつくし、クロエ・グレース・モレッツは生理に悩むし、もう下ネタがスパークしすぎている。ファンは喜ぶ…のかな。あまりにも下品すぎるというか同じ様な下ネタばかりで、観客の精神力が試されます。
●『ムービー43』ユナイテッドシネマ
この映画にはラジー賞では物足りない。何か別のもっと酷い賞を用意してやらないと、他のラジー賞作品に失礼だと思う。それくらいの最低クラスを更新する歴代最悪作でした。でも決してメタメタに非難するつもりはありません。なぜなら作り手も狙っているのですし、監督も俳優もめちゃくちゃ楽しんでます。嫌だったら出演しないでしょうけど。ここまで真剣にアホなことを全力でするのは楽しいだろうなと、少し羨ましくなりました。
●『ムービー43』DAILYMOTION 
ハリウッドのクリエイターとキャストがよくわからない本気を出して作ったであろう下ネタ&差別&不謹慎のオムニバスコメディ。どう考えてもゴールデンラズベリー賞を狙ってたとしか思えない100%のクソっぷり。凄いのはコメディ俳優だけでなく、豪華な硬派俳優さえもバカをやっていること。黒人をバカにして、障害者をバカにして、エゲつない下ネタをブチ込んでもジョークで許されるアメリカの文化は本当に凄い。このメリハリが強さの秘訣なのか。