ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

新シリーズ第1弾。新たな魔法の世界が始まる

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のフル動画を無料視聴する方法を、可能な限り最新情報を反映しつつ紹介しています。
今すぐ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them(「ファンタスティックビースト1」) / アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年11月23日 / 133分 / 制作:ヘイデイ・フィルムズ / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億8000万ドル / 興行収入:6億8600万ドル / 次作:『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』新映像
Go Behind the Scenes of Fantastic Beasts and Where to Find Them (2016)

(C) 2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED


▼『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】安定再生
VOD2【Hulu】字幕or吹替
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画をシリーズで見るためにも!
世界的に大人気な壮大スケールのファンタジーワールド作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、どれも基本は同じです。ウェブサイトにアクセスするだけでOK。家にパソコンやテレビがない人でも安心。スマホを使えば好きな時に自由に見れて、画質もDVDと遜色のないハイクオリティです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「でもカネを要求するでしょ?」と思っているならまだまだ無知です。これには無料お試しというリーズナブル価格サポートがあるのです。映画館は1作品あたりに何も割引を受けなければ1800円もかかりますが、そんなコストも大幅にカットできてしまいます。動画配信サービスは複数作品がまとまって数百円レベルの見放題系のものもあり、それが無料お試しならさらに嬉しいです。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。デビッド・イェーツ監督の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」もアリ。

闇の魔法のような怖さ!
不正な動画ウェブサイトはまるで暗黒に陥る魔法のように人生を破壊するので適法性・実用性の二点で非推奨。エディ・レッドメイン主演の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」もダメ。広告が消えないだけでは済まないのです。動画の劣化だけが厄介でもないのです。あなたが最も重視すべき本当の恐怖は見えないところにあります。個人情報(パーソナル・データ)は気づかず誰かもわからないような悪意ある者の手に渡り、不正の踏み台に悪用され、あなた自身が犯罪者になってしまうことも。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

いちはやくウォッチ!
ムラムラと沸いてくる観たいという欲望を我慢するのは体によくありません。スッキリしてしまいましょう。ストレスにするくらいならさっさと観ましょう。ところが「無料ホームシアターサービス感覚で観たい作品を視聴だ!」という熱意を興ざめにしてしまいかねない難点があり、それがどれで配信しているかの判断問題です。キャサリン・ウォーターストン出演の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。どれだけ他に同様サイトがあれど、ひたすら同じVODを勧めるページばかり。こだわりのフルムビバースは品質と鮮度が違います。新作はできれば映画館での鑑賞で爆音上映とか4DXとか最高体験をしたい…そういう切実な、でも確かに当然思ってくる要望ならばVODはサポート可能なものもあるので要注目です。

あなたはどっち派?
海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。その対決は何も価値をもたらすものではないのです。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。VODはまさにどちらの需要にも答えられるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。アリソン・スドル出演の壮大な世界観が魅惑的でドツボにハマる「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生のスムーズで快適な安定度は気になる部分ですが、真っ先に気にするべきはユーザーの通信環境の影響も大きいという事実であり、結局は環境の見直しなのです。ダン・フォグラー出演のマジックワールドを満喫できる「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の動画がスムーズに再生できない、頻繁なストップで読み込みが終わらない、そうしたケースは多発するならば、考える必要があります。一体何が大きな問題の原因になってしまっているのか。通信環境の最大の悪影響は無線電波の範囲。ルーターはどこにあるでしょうか。もしそれが遠いのなら近づけてみましょう。有線にするのもアリです。回線速度を計測するアプリを使ってみると具体的な数値でわかるので状況をグッと理解しやすくなります。

ホームシアターのススメ
映画館が最高クオリティだと思っていた人はさらなる高みを知らないだけです。ホームシアター空間の異次元は映画に対する認識を激変させます。それは値段が高いものという印象も少しずつ変わり、お買い得になってきました。これも欠かせないプロジェクション・テクノロジーの普及のおかげです。エズラ・ミラー出演の子どもも大人もハマっている「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

その動画サイトは使える?
サマンサ・モートン出演の大人気シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を無料で見る場合のよくある質問がこれ。「dailymotion」で見つかりますか?「Miomio」で探しているのだけど?「openload」で教えてください?「vidia」の動画はある?「clipwatching」の動画は発見できますか?「mixdrop」の動画を提示して? あらかじめ忠告しておきますがそういうものは意図がどうであれ極めてブラックに近い行為ですのでこちらは関与もしません。本サイトは合法かつホワイトなサイトオンリーでの紹介です。動画は健全なものに限ります。そのことはしっかり肝に銘じておいてください。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月1日時点での『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』をさらに知る

世界的人気を誇る大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされるシリーズの第1作。原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけ、実際に発売もされたホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる大冒険を描く。製作はデビッド・ハイマン、J・K・ローリング、スティーブ・クローブス、ライオネル・ウィグラム。未知の幻獣を求めて世界中を周り、卓越した知識を持ちながら、少し人付き合いの苦手なニュート。ニューヨークにたどり着いたニュートは、ある目的があった。ところが、魔法のトランクに詰め込んでいた危険な魔法動物たちが逃げ出してしまい、その失態を責められたことで魔法省から追われることになってしまう。何とか探しだそうとするが、うっかり魔法族ではない普通の人間にまで見られてしまう。さらに、魔法省壊滅を目論む謎の組織も現われ、事態は思わぬ方向へ転がっていく。

★『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のスタッフ
監督:デビッド・イェーツ(関連作品:『ターザン:REBORN』)
脚本:J・K・ローリング
撮影:フィリップ・ルースロ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★キャスト
エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジェン・マーレイ、フェイス・ウッド=ブラグローブ、コリン・ファレル

★『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の評価

IMDbRTMETA
7.374%??
映画comY!FM
3.7???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の受賞
第89回アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞。

★『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の感想

●無料ホームシアター 
ハリー・ポッターは出てこないけれど、ちゃんとハリー・ポッターの世界観でした。やっぱりJ・K・ローリングの魔法は最高! あのリアルな人間社会にふっと魔法ワールドが出てくる瞬間の感動といったらない。これがこのシリーズの魅力ですよ。とくに今作は魔法生物にスポットがあてられているので、いろいろな魅惑的な動物たちだけを見るのでも楽しいし、そこにミステリアスなストーリーが加わって面白い。まだ第1弾、これからが楽しみ!
●シネマトゥデイ 
動物が大好きなニュート・スキャマンダーがすごく可愛い。これからも彼の活躍を見ていきたいです。子どもではないので、ある程度大人向けにも耐えられるつくりになっていますが、ニュート自体はそこまで成熟した大人でもないので、子どもも共感しやすいでしょう。それにしても映像の進化が凄いですね。あの終盤の敵となる脅威とか怖いほどのインパクト。最後はあの俳優の登場でサプライズがあるのですが、どうなってくるのかワクワク。