西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人

サモ・ハン・キンポーがアクションを監督! 全く新しい西遊記が誕生

映画『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』のフル動画を無料視聴する方法を、画面を覆い尽くす広告表示がゼロ状態でわかりやすくレコメンド中です。
今すぐ『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』を見るなら動画リンクをチェック。

『モンキー・マジック 孫悟空誕生』の続編となるファンタジー・アクション・アドベンチャー第2弾。前作に引き続きソイ・チェン監督がメガホンをとる。アクション監督は、サモ・ハン・キンポー。500年にわたり五行山に閉じ込められていた孫悟空は、三蔵法師によって呪縛から解放されて自由の身にされるが、それは完全な自由ではなかった。頭に金の輪をはめられ、三蔵法師の旅の護衛を務めることになり、結局は不自由な日々をおくる。しかし、永遠の命を得るために三蔵法師の命を狙う白骨夫人の策略により、三蔵法師は捕らえられて連れていかれてしまう。この危機に直面した孫悟空は三蔵法師を救いだすため、白骨夫人の住む洞窟へと向かう。

原題:The Monkey King 2(「ザ・モンキー・キング2」) / 製作:中国・香港(2016年) / 日本公開:2016年8月6日 / 118分 / 制作:Filmko Entertainment / 配給:ツイン

『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』映画オリジナル予告編

(C)2016 FILMKO FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
独創的な設定で観客をワクワクさせるようなビックスケールの大作はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、すっかりメインスタイルとして定着しました。似たようなジャンルの映画を検索して一括表示できるものもあるので、マニアックな作品好きにも嬉しいものです。

「無料」は全て初心者のため!
初利用の人のための親切コースも整備されています。あなたが望むなら無料お試しトライアルを真っすぐ歩めます。これは初めての利用者にとっての優遇プレゼントであり、一定期間に限って通常の利用料が発生しないものです。そのため動画鑑賞などの使用も自由自在にできます。「フル動画ではないなら興味はないけど」という疑念も大丈夫だと断言できます。配信されている動画はフルサイズなのでカットもなく、最初から最後のクレジットまで全部を堪能。お試しといえどもそこは抜かりありません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。再生を開始してもすぐにストップし、広告が表示されたりします。それを消そうとクリックをすると、全く関係ないページに飛び、それもまた消去しても何度もしつこく表示されます。このような嫌がらせ的なサイトは誰でも不快です。あなたに限った話ではなく、全員にとってのベストチョイスは、安全性100%の正規サービスを使用することです。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。しかし、配信の状況はまるで天気のように常に変化。昨日の姿と今日の姿、そして明日の姿は全然違います。それを追いかけるだけでも一苦労で疲れます。「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは視聴可能なVODをこのページで要チェック。いきなり何も考えずに登録するよりも、まずはおおまかな配信状態を認識しておくと「しまった!」と後悔する事態を回避できます。よく見かけるかもしれない他ウェブサイトでは、リンクをクリックすると無意味なサイトに流されて動画が見れないことも多々ありますが、こちらは悪質な誘導は一切しません。「今すぐ登録しろと焦らせるのはちょっとやめてほしい」大丈夫です。急がせません。そもそも配信確認だけならサイトにアクセスするだけで済みます。

古い作品ならもしかして…
言うまでもなく公正な動画サービスを使うべきですが、中にはそれ以外で合法性をともなって動画を無料で視聴可能な事例があります。これは制限されるもので、その対象は昔の作品のいくつかです。具体的にはその映画がパブリックドメインという扱いになっている必要があります。これは法的な知的財産権が存在せず、今は誰の管理下にもない作品であり、ゆえに著作権切れとして扱われます。なので格安DVDが販売されていたりしますが、ネット上でも法律を守るかたちでそのままアップされているものがあるのです。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで外部リンクをクリックorタップしたら「アレっ? 反応なし?」という事態に見舞われて「ポップアップのブロックがどうのこうの」と表示されたことはありませんか? それは原因となっているのは広告ブロック系のツールかもしれません。拡張機能の見直しをしてみましょう。有効を無効に変えると案外簡単に修復できます。こういう困ったトラブルもあるので、余計な拡張機能は極力入れない方が冷や汗をかかずに済みます。「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」の動画を楽しみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」は? ベーシックな基礎は、初回の月または一定期間の支払いが生じないということです。この期間はサービスによって異なり、2週間のものもあれば、1か月のものもあって、さらに登録時から月末までというものも。この月末のパターンでは登録日に注意です。そして他にもポイント制サービス特有の事情として、一定量ポイントが初回時に入手でき、それで作品を無料感覚で鑑賞できるのが定番です。このあたりはしっかり学んでおきましょう。

『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』をさらに知る

★スタッフ
監督:ソイ・チェン
脚本:ラン・ピン、ラン・ジアナン、エルヴィス・マン、イン・イーイー
撮影:ヤン・タオ、チェン・マンポウ
音楽:クリストファー・ヤング

★キャスト
アーロン・クォック、コン・リー、ウィリアム・フォン、ケリー・チャン、シャオ・シェンヤン、クリス・フィリップス

★『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』の評価

IMDbRTMETA
6.0100%??
映画comY!FM
3.5???3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』の感想

●FILMAGA
「モンキー・マジック孫悟空誕生」に続いてのソイ・チェン監督版西遊記シリーズ第2作の登場です。天竺に経典を求める長い旅に身を投じる三蔵一行だが、三蔵は自らの情の脆さ、悟空は自らの傲慢さ、八戒は色気と食い気の弱さ、それぞれの弱さ故に一度は白骨夫人の企みに敗北。一行は一度バラバラになるが、己の弱さに気づいて団結して白骨夫人に立ち向かう展開は、心が熱くなる盛り上がり度MAX。中国は西遊記が本当に好きだなあとわかります。
●TOHOシネマズ 
メインはアクションです。アクション指導をあの知る人ぞ知るサモハンが担当しているだけに、本格的なカンフーアクションとコンピューターグラフィックを組み合わせた最新映像でおくる痛快なアクションシーンの連続、特にクライマックスの巨大スケルトンと分身悟空の怪獣バトルは、怪獣映画のような迫力と痛快さが魅力です。最後の方は、孫悟空がアイアンなんちゃらにしか見えなかったけど、白骨夫人も妖艶で、キャラは良かったと思います。
●イオンシネマ  
西遊記映画が次々生まれているのでどれがなんだかさっぱり混乱してきます。一応、この映画は続編ですが、1作目の続編と言えるのかかなりギリギリのラインなので、あまり気にする必要はなし。映像はさすが中国! ワイヤーアクションとCGの組み合わせが綺麗、加えてモンスターのビジュアルとアクションがかなり好み! 師弟愛というかブロマンスに弱い人は一見の価値ありです! それにしても「ほんとうの西遊記」という宣伝、よく聞くなぁ。