アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅

シリーズ第2弾。またもや不思議世界へ

映画『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無駄なリンク集の寄せ集めは無いです。
今すぐ『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Alice Through the Looking Glass(「アリスインワンダーランド2」) / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年7月1日 / 113分 / 制作:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、ロス・フィルムズ、ティム・バートン・プロダクションズ / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:1億7000万ドル / 興行収入:2億5000万ドル / 前作:『アリス・イン・ワンダーランド』

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』予告編

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

独創的な設定で観客をワクワクさせるようなユニークな摩訶不思議ワールドを描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用するのがオススメ。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも便利。スピーディに動画を観れます。家にパソコンやテレビがない人でも安心。自由にスマホが使えるので、ちょっとした時間の空いた隙に映画世界に浸るのも良いでしょう。

知らないとは言わせません。そんな鬼気迫る威圧感で詰め寄りたくなるほど無料体験は初回利用者必須の選択です。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「初めは登録させておいて、後に解約させづらいという狙いでは?」と警戒モードにならなくてもOK。退会はあなたの好きな時間にいつでもでき、ネット上の簡単作業で、変な条件もなく、済ませられます。「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」もアリ。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」の視聴はダメです。他人不信になる必要はなくともネットの大きなワールドはあらゆる思惑がひしめきあっており、警戒するに越したことはありません。セキュアなソフトサポートでもその危険は防げないことも頻出し、動画が視聴できない以前の深刻な怖さを体験させられてしまうこともあります。これだけ危ないとわかっているなら利用する方が愚かです。人生をクラッシュさせたくなければ道はひとつです。

スクリーンデビューした映画もデジタル配信でのカムバックは意外に早いので、自分の頭にメモして狙い撃ちをしましょう。しかし、世の中にはあまりにも映画が多すぎるのが曲者となってしまい、配信状態はまるで為替相場のようにめまぐるしく変化して、目が追い付かないほどです。「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページにアイコン画像が表示されてはいないでしょうか。それは配信中の可能性が高い(確認が一時的にとれた)VODです。つまりすぐに無料動画に移れるかもしれないのです。なければお預けですが。YouTubeは無料動画ですが、品質の低いものが雑多に混じっています。フルムビバースは不純物なしの優良動画のみをセレクトしています。新作はできれば映画館での鑑賞で爆音上映とか4DXとか最高体験をしたい…そういう要望ならばVODはサポート可能なものもあるので要注目です。

外国語映画(英語など)を見るなら、視聴者は「字幕」か「吹き替え」の二者択一を迫られます(もちろんオリジナル音声でOKな語学力のある方は別)。それぞれは一長一短で、どちらも捨てがたいものです。字幕独自の俳優演技重視、吹替独自のユニークな翻訳の妙、両方とも面白いです。できれば2種類を楽しむために2回鑑賞してほしいといいたいところですが、そうもいかなかったり。VODではしっかり対応済みの作品なら2パターンを見れて、ダブルで「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」の動画が頻繁にストップする、再生が安定せずに始まりすらしない…そういう状態ならばネット環境を改善すると良いかもしれません。とくに無線LAN(WiFi)を利用している端末ならば、通信電波が弱いゆえにどうしても速度が出ないことが多々あります。まずはルーターに近づいて良くなるか確認です。他の電波を出す機器と競合していないかも調べると良いでしょう。

『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』をさらに知る

ティム・バートン監督が「不思議の国のアリス」をもとに描いた大ヒットファンタジー『アリス・イン・ワンダーランド』の続編。悲しい過去にとらわれたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼる旅に出るアリスの姿を描く物語。製作はジョー・ロス、スザンヌ・トッド、ジェニファー・トッド、ティム・バートン。ワンダー号での3年におよぶ航海を終えてロンドンに戻ったアリスは、自分の家族の苦境を知る。母が生活苦から元婚約者のヘイミッシュに自宅の所有権を譲渡する契約を結んでしまったことに怒り、理不尽さに不満を持つ。これではあまりにも一方的だった。ヘイミッシュは「ワンダー号を譲渡すれば自宅の権利を返す」と残酷にも告げるが、父から譲り受けたワンダー号を手放したくないアリスはそんな選択肢をとることもできず、返答に窮した。そこに、蝶になったアブソレムが現れてマッドハッターの異変を伝え、アリスは再び不思議な体験をしたアンダーランドに向かうことに…。

★スタッフ
監督:ジェームズ・ボビン(関連作品:『ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー』)
脚本:リンダ・ウールバートン(関連作品:『マレフィセント』)
撮影:スチュアート・ドライバーグ
音楽:ダニー・エルフマン

★キャスト
ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ミア・ワシコウスカ、リス・エバンス、ヘレナ・ボナム・カーター、サシャ・バロン・コーエン、アラン・リックマン

★『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』の評価

IMDbRTMETA
6.230%??
映画comY!FM
3.4???3.5
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』の感想

●無料ホームシアター 
豪華絢爛な映像と、才色兼備な役者たち。アリス・イン・ワンダーランドといえばやっぱりこの世界観ですね。この200%増しで豪華絢爛になって意味不明なくらいの派手さと奇抜さで展開していく世界観。理屈なんてはるか奈落の底に捨ててしまったような、常識外れの連続。キャラクターだって普通という言葉ではとても表現できない奴らばかり。そんな個性豊かな面々と一緒にいることで、なんだかテーマパークに来たような気分になれました。
●シネマトゥデイ 
ジョニー・デップも最高ですが、ミア・ワシコウスカの可愛くも、凛々しい佇まいに虜になりました。今作はより強さが増して魅力アップです。原作に沿いつつファンタジーでミステリアスな独特の世界観がしっかり2作目らしくバージョンアップしているのもいい。字幕でもいいのですが、個人的には吹き替えも良いと思います。やっぱりジョニデの声はこうじゃないとね。今作はかなりクレイジーさが増しており、何してるんだ感マシマシですけどね。
●DAILYMOTION
映画だけど実はオリジナルに忠実。物語はかなり原作寄りで細かいところ(双子が大鴉に捕まるところとか、チェリーパイのくだりとか)まで細部まで触れられていたし、ただ既存の物語をなぞるのではなく原作の世界観を意識した構成はファンほど気づけるでしょう。王道なアドベンチャーファンタジーを求めるならば、奇妙さの方が上回って困るかも。今作の監督はティム・バートンではないですが、1作目を弾きづりすぎたかもしれません。