ラスト サムライ(2003)

トム・クルーズ、侍になる

映画『ラスト サムライ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 混乱しないようにリンクはシンプルです。
今すぐ『ラスト サムライ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Last Samurai(「ラスト・サムライ」) / 製作:アメリカ(2003年) / 日本公開:2003年12月6日 / 154分 / 制作:Radar Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース

ラスト サムライ(プレビュー)

(C)2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ラスト サムライ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

極上ドラマもネットで!
日本を舞台にした海外の作品は独自のタッチと視点で描かれており、面白い魅力があります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのがオススメ。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計も、このサービスの優れている部分も示しています。今ではスマホ以上に普及しているツールはないので、それにバッチリ対応していることは嬉しいものです。ダウンロード機能を使えば通信制限も怖くありません。

「無料」の恩恵にあずかろう!
お金を出し渋る必要はありません。そもそも最初はお金が要らないのです。無料トライアルで一定の間はタダになるのですから。なんとも耳寄りな情報ではありますが、これは初期登録時点から設定された一定の期間、動画視聴を含むあらゆる機能を無料試用できるもので、フリーダムに使えます。「退会した瞬間に無料ではなくなるとか?」という疑念は大丈夫です。解約することは無料期間中でもできますが、その時点でお金が発生したりはしません。解約料はないのでお気兼ねなくどうぞ。

怖そうな理由はこれです
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ラスト サムライ」の視聴はダメです。危険をもたらす手口は巧妙。メールアドレスを入手し、ランサムウェアで乗っ取り要求したり、リモートデスクトッププロトコルで機器自体を支配下に置いたり、ソフトウェアの脆弱性を巧みに突いたり、ただの動画視聴が引き金になることもあり得ます。せっかく便利で有能なフルサービスがあるのですから、自分の足元を腐食させるような存在に乗っかるべきではありません。

配信しているのはコレ!
ジャンルも公開時期も問わないあらゆる映画をミックスさせているこのネット上のレンタル店みたいなVODは最強の存在です。ただし、すんなり登録して動画鑑賞で大満足!というシンプルな着地をさせてくれないVOD。その前の準備運動ならぬ配信動画の特定作業が必要です。「ラスト サムライ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。不明点があればそのヒントを提案するのがこのページの役目です。配信しているか無作為に調べるよりも、こちらのアイコン表示を参考に目星をつけておくことで、お得な時間短縮になります。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。無料ホームシアター級のエンターテインメント体験を家にいながら、もしくはスマホの中で、ネット上でエキサイトできるチャンスです。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、最初に登録した月の最後の日(4月なら30日)となるパターンもありえます。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「トム・クルーズ」を目に焼き付けることすらできません。時間を有効に使うことが求められるので、長すぎるドラマシリーズに手を出せばその間に終わってしまうこともあり得ます。計画に試用しましょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。この新作は以前から関心があったので忘れたくない…。配信を開始したら絶対に見よう…。そんな状況での「自分だけの見たい映画のリスト」が作れます。これでもうメモ帳にノートをとる必要はないです。「Favorite」ボタンを使って簡単に記録。登録から消すならもう一度クリックorタップするだけです。「ラスト サムライ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

俳優好きにも必須
劇場であろうと自宅鑑賞であろうと映画を観るなら俳優で判断する人は多いです。好きな部分というのは個人で違ってきます。「あの人の声がいい。いや、横顔がたまらない。迫真の演技に惚れてしまう…」そんなフラストレーションを作品視聴で解放するのはこのうえない究極のカタルシスです。VODは出演作もバッチリ検索可能。「トム・クルーズ」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

その動画サイトは使える?
「ラスト サムライ」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『ラスト サムライ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月5日時点での『ラスト サムライ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ラスト サムライ』をさらに知る

トム・クルーズ主演で、明治初頭の日本を舞台に時代から取り残された侍達の生き様を描くアクション。製作総指揮はテッド・フィールド、チャールズ・マルベヒル、リチャード・ソロモン、ビンセント・ウォード。かつての南北戦争の英雄、オールグレン大尉は戦争の無意味さに疲弊し、今は酒におぼれるアル中暮らし。そんな彼が、やってくることになったのは全くの文化の違う異国の地。近代化を目指す日本の軍隊の教官として雇われて日本へ渡り、そこで指導にあたるが、日本には時代を生きてきた昔ながらの戦士がいることを知る。国を挙げての近代化の波の中でサムライの生き方を貫こうとする武将、勝元に出会う。古きよき日本の人たちの生活の風景を目の当たりにする中で、オールグレンはその魂を引き継ぐ日本に惹かれていく。

★スタッフ
監督:エドワード・ズウィック(関連作品:『マーシャル・ロー』)
脚本:ジョン・ローガン、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコビッツ
撮影:ジョン・トール
音楽:ハンス・ジマー

★キャスト
トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之、小雪、ティモシー・スポール、ビリー・コノリー、トニー・ゴールドウィン、池松壮亮、中村七之助、菅田俊、スコット・ウィルソン、ウィリアム・アザートン、二階堂智、中村七之助、福本清三

★『ラスト サムライ』の評価

IMDbRTMETA
7.766%??
映画comY!FM
3.5???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ラスト サムライ』の感想

●映画無料夢心地 
武士道をはじめとした日本の文化を、世界中に知ってもらえる良い機会になった作品だと思う。その内容に多少の間違いや誤解があるのは目を瞑りましょう。アクションがやっぱり素晴らしいです。戦闘シーンが圧巻。新式銃の前にサムライ達が無惨に倒れて行くところがやはり何よりの見所。800年続いた武士が、徴兵による即席の農民軍隊に壊滅させられる、歴史的瞬間を描くにおいて不足なしの名シーン。日本人であろうとなかろうと、涙を流さずには…。
●ユナイテッドシネマ  
ラスト30分が痺れた! そこだけでもかなり観る価値はある一作です。渡辺謙などの日本人キャストも魅力。もちろん最後に良いところを持っていくのはトムクルーズなのですが。もし自分が外国人でこの映画が初めて触れる日本文化だったら、確実にジャパニーズサムライに一瞬で惚れる。あと小雪演じるたかを見て、日本の女性に惚れる…それくらいのエキサイティングな世界観です。あらためてなんだか日本って素晴らしいなと思いました。
●DAILYMOTION 
有名作ですが、手を出していませんでした。でも、もっと早くみれば良かった…。ハリウッドが描く、変わりゆく時代の中で日本にいた最後の侍の姿。多少の無理な設定やぎこちなさはあるものの、本当に美しく描かれていてびっくり。純粋な日本への想いを感じました。ちなみにこの映画、CIAの「湾岸戦争に日本から金を出させるヨイショ作戦」だった説を唱える陰謀論者がいるらしいです。そんなことを考えている人は間違いなく日本人の心がないですね。