シャドウハンター(2013)

未知なる地下世界で悪を狩れ

映画『シャドウハンター』のフル動画を無料視聴する方法を、画面を妨げる広告表示がゼロ状態でわかりやすくレコメンド中です。
今すぐ『シャドウハンター』を見るなら動画リンクをチェック。

全米ベストセラー小説「シャドウハンター 骨の街」を映画化したアクションアドベンチャー。製作総指揮はボブ・シェイ、マイケル・リン、マーティン・モスコウィック。ニューヨークに暮らすごく普通の少女クラリーは、ある事件をきっかけに、この世には吸血鬼や人狼、妖魔といった地下世界の住人=ダウンワールダーが存在することを知って、新しい世界に驚く。そうしたダウンワールダーを狩る「シャドウハンター」の美少年ジェイスと出会ったクラリーは、母のジョスリンもまた、ハンターであることを知らされる。衝撃の事実に困惑しながらも運命を感じる出来事。特殊能力を授けると言われる聖杯を闇の存在から守っていた母が反逆者にさらわれてしまったことから、クラリーは母を救い、聖杯を探すため戦う決意をする。

原題:The Mortal Instruments: City of Bones / 製作:アメリカ・ドイツ(2013年) / 日本公開:2014年4月19日 / 130分 / 制作:Constantin Film Produktion GmbH / 配給:プレシディオ

映画『シャドウハンター』予告編

(C)2013 Constantin Film International GmbH and Unique Features (TMI) Inc.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『シャドウハンター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
独自の設定で観客をワクワクさせるようなユニークなファンタジーはそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのがオススメ。レンタル店で求める作品のDVDやブルーレイを見つけるのはもう時代遅れ。今ではネット配信がスタンダードで、スピーディに動画を観れます。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更できます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「私はお金の余裕が…」と思っているなら心配は捨ててください。無料トライアルで特定期間はタダになります。できればコストは削減したいと思うのは、別にお金に厳しい人でなくてもみんなが思うこと。どうせならその前にいろいろな機能を試せるほうが良いに決まっています。「料金もなしに無料で動画を見るって合法的なの?」という当然の問いかけもあるでしょうが、これは公式提供なので自信をもって推奨することができます。動画は手招きしてあなたを呼んでいます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツの利用はただちに停止すべきです。それで「シャドウハンター」の鑑賞はダメです。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは自殺行為です。

配信しているのはコレ!
旧作ばかりの古臭い顔ぶれではないです。比較的新顔な新作や準新作もありますし、劇場公開されなかった作品も陳列中です。ところが、ラインナップのメンバーが1日単位で変わってしまうのが困りもの(1週間で大きく変化することが多いです)。その全容をキャッチするのは結構骨が折れます。「シャドウハンター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そういう悩みに対してはこのページを活用してください。個別のサイトで全部チェックするのは大変です。これならば配信アイコンを確認するのみなので、作業を短縮できます。同類サイトは山ほどありますが、フルムビバースでは情報更新の勢いがあり、こまめに対応しているので密度が違います。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「シャドウハンター」の面白さの発見につながるかもしれません。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、使い始めた月の最終日(30日・31日など)までというルール設定もあったりします。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「リリー・コリンズ」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。

動画はフルの方がいい
あまり意識が向いていない人もいますが、TVでの映画放映は話題になりがちですが、それはフルではなくカットされていることが多々あります。中にはかなり重要なシーンがバッサリ削除されていることもあるので、映画本来の面白さを体験できません。VODは標準でフル動画を視聴可能。一方で長々としたエンドクレジットを見たくないなら、それを見ずにさっさと次の動画に移ることもできます。「シャドウハンター」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。一度登録したらそう簡単に解約できないような仕組みになっている…そんな悪質詐欺みたいな恐怖は味わいたくありません。でもさすがにそこまでの酷いものはないです。もしあるのだとしたらとっくのとうに行政上の注意や警告を企業が受けています。安心してください。専用ページで「契約を解除する」を選択するだけで完了。時間にすれば1分もかからないでしょう。ページ画面の仕様は変更になりうるので公式サイトの「よくある質問」等を要確認です。

『シャドウハンター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『シャドウハンター』をさらに知る

★スタッフ
監督:ハラルド・ズワルト
脚本:ジェシカ・ポスティゴ・パケット
撮影:ガイア・ハルトリ・アンドレセン
音楽:アトリ・オーバーソン

★キャスト(キャラクター)
リリー・コリンズ(クラリー・フレイ)、ジェイミー・キャンベル・バウアー(ジェイス・ウェイランド)、ロバート・シーハン(サイモン・ルイス)、ケビン・ゼガーズ(アレク・ライトウッド)、レナ・ヘディ(ジョスリン・フレイ)、ジェマイマ・ウェスト、ケヴィン・デュランド、ゴッドフリー・ガオ

★『シャドウハンター』の評価

IMDbRTMETA
5.914%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『シャドウハンター』の感想

●シネマトゥデイ  
アクションと魔法的な要素があるファンタジーで、しかも吸血鬼とか妖魔とか人狼とか出てきて好きな人はドハマりする系ですね。ゴシック感ある世界での美男美女は映えます。クラリがリリーコリンズっていうのも素晴らしいキャスティングだけど、ジェイス役の方がものすごくかっこよくて、2人が兄弟ということになんだか無性に凄く涙してしまった…。頭を使わずに、世界に浸れる、ちょうどいい湯加減のライトな映画なんじゃないでしょうか。
●ユナイテッドシネマ  
私にとっての見どころは序盤のリリー・コリンズの超ミニスカと絶対領域。これは譲れない。そんな戯言はおいておいても、安定に可愛いのは事実。ダークファンタジーとしてはベタ。ただ、伏線が回収されていないところが多々あり、疑問が残ったのですが、これは続編ありきのお話なのかな。なんでも「シャドウハンター 骨の街」という原作1作目の映画化らしいので、これはシリーズ化狙いと見て間違いなさそう。だったら続きを早く!
●イオンシネマ  
ハンター系は飽きる程既出ですが、それでもありそうでなさそうな設定にまず惹かれます。人間社会に適応しつつシャドウハンターにしか見えない世界が確かにそこにあるというリアルとファンタジーのミックス。当たり前の様に日常が過ぎ行く中でシャドウハンターと妖魔の死闘が人間には気付けないまま繰り広げられていく。実に中二病好みのノリです。劇中、実はあのバッハもシャドウハンターだったとか、面白いリンクをさせる捻りもあります。