グランド・マスター(2012)

ハリウッドも驚いた中国アクション

映画『グランド・マスター』のフル動画を無料視聴する方法を見つけやすくレコメンドしています! 混乱しないようにリンクはシンプルです。
今すぐ『グランド・マスター』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Grandmasters 一代宗師(「グランドマスター」) / 中国(2012年) / 日本公開:2013年5月31日 / 123分 / 制作:Block 2 Pictures / 配給:ギャガ

グランド・マスター

(C)2013 Block 2 Pictures Inc. All rights Reserved.

動画
▼『グランド・マスター』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXTで動画を見る 機能充実

VOD2【Huluで動画を見る 高品質

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【-

VOD5【-

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『グランド・マスター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

勢いはいつも絶好調!
ド派手なアクションで洗練された映像美を楽しめる作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのはすでに時代遅れになってきました。今ではネット配信がスタンダードになり、ウェブサイトにアクセスして動画を見るのが主流。スマホにアプリをインストールして、自由自在に視聴スタイルを変更しながら、好みに合った体験ができます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「出費はこりごりです…」そんな鬱憤もこれで爽快。無料のフリートライアルでタダ動画を一定期間楽しめるので親切設計です。家にいながらの視聴が実現できる、言い換えれば無料ホームシアターのようなネット鑑賞は、お試しというには嬉しすぎる最高の初心者ラッキーチャンスです。期間など気になりません。「どうせ自分には上手く扱えないに決まっている」「いつも私は失敗しがちだから不安しかないのだけど」そんな最初からイジケナイでください。びっくりするほどに簡単で、アカウントを作るのも数分で完了し、そのまま待機もなく動画を再生できます。ウォン・カーウァイ監督の「グランド・マスター」もアリ。

それは恐ろしいだけ!
なお、巷に溢れる不吉な証でしかないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでトニー・レオン出演の「グランド・マスター」の鑑賞はダメです。具体的にどのような危険性が検出されるのか、特定のウイルス対策ソフトで一部のサイトを調査してみると、それは嫌というほどにわかるのです。不可解な動作をするプログラムが頻繁に検出され、情報を盗み取るページにアクセスしていることを示すアラートがヤバさを物語ります。広告排除機能を用いてもこの手の動画サイトには通用せず、再生中に差し込まれるアドへのブロッカーにはなりません。

使うべきはどれ?
「VODを毛嫌いしていたけど無料動画で最初は慣れてみるのもいいのかな」そういう関心の出発も良好なことです。しかし、時は移ろい映画も移ろい…そんなわけで配信バリエーションは各サービスでめまぐるしく変化するのがいつもの平常の光景。全容把握は予想外に大変です。チャン・ツィイー出演の「グランド・マスター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。Google検索時にすぐ上部に示されるVODは一部に過ぎずYouTubeばかりを優遇するので意味はあまりありません。このページなら確認作業短縮ができるわかりやすいアイコン表示で全VODをリストアップ中。更新頻度の高さが売りのフルムビバースは記事公開時点の情報も時間がたてば変化していくので、フレキシブルに対応しています。未使用未開拓のVODがポンと目前に提示されているなら素早くタッチしておくと無料動画に直行できます。もちろん熟慮しておいてもOKです。それは初めての新人だけの特権です。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際のベースコストとなる料金の支払い方ですが、チャン・チェン出演の「グランド・マスター」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードが手元になくともそこでおしまいではなく、全然諦めるようなことはありません。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeなどブラウザで動画視聴のために外部リンクをクリックした際に「ポップアップがブロックされました」といきなり表示されて無反応…そういう状況が強制発生する事例が稀にあります。その原因は広告ブロックツールだったりします。ブラウザと広告除去機能が組み合わせによってはエラーとなるケースが、とくにバージョンアップ時にたびたび報告されやすいです。これでは動画の安定視聴さえも阻害されます。マックス・チャン出演の「グランド・マスター」も見れないかも? オカシイと感じたらどんな使用中のブラウザでも同じなのでまずがこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉はどこまでいってもずっと魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。アツいドラマが充満している「グランド・マスター」は? サービス内の作品が全部定額支払いで見られるとは限りません。これは混乱のもとなので入念に説明をしておきます。2種類あると考えてください。見放題系は全く心配ゼロです。全部が観られるのでまさに文字どおりの満喫し放題。問題はそうじゃないタイプです。ポイント系は与えられたポイント範囲内での制限がつくのです。500ptあって1作200ptだとしたら2作品は観れます(実質タダ)。こちらは少ないぶん新作にありつきやすいという利点ありです。

その動画サイトは使える?
圧倒的なアートアクションである「グランド・マスター」を無償で視聴する手段や無料鑑賞サイトを探す気持ちは理解できます。「dailymotion」でもいいですし、「BiliBili」「Pandora」「Miomio」などの中華動画大手も存在感があり、「cloudvideo」「clipwatching」「openload」「mixdrop」「vidia」という次から次へと新参が登場する動画サービスもしつこく残っています。しかし、それらはスルーすべきです。仮に紹介されていたら十中八九、それは不正誘導と考えられるでしょう。検索ページだけでも本質は変わりません。どちらにせよそれでは良質動画は見られないのです。

『グランド・マスター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月23日時点での『グランド・マスター』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『グランド・マスター』をさらに知る

ウォン・カーウァイ監督が初めてカンフーを題材に取り上げ、ブルース・リーの師匠としても知られる伝説の武術家イップ・マンの物語を描く。『グランド・マスター』の美術はウィリアム・チャン。その圧倒的な美技に酔いしれるのは難しくはない。1930年代の中国。引退を決意した北の八卦掌の宗師(グランドマスター)・宮宝森(ゴン・バオセン)は、一番弟子の馬三(マーサン)と、南の詠春拳の宗師・葉門(イップ・マン)を後継者の候補と考えていたが、それは単純にはいかずに思わぬ候補も出現する。バオセンの奥義を受け継ぐ娘の宮若梅(ゴン・ルオメイ)も自ら名乗りを上げる。しかし、野望に目のくらんだマーサンがバオセンを殺害。権力をめぐる闘争は暴力にまみれていき、人間たちはますます過激になっていく。ライバルでもあるイップ・マンに惹かれていたルオメイは、その思いを封印して父の復讐を誓い、後継者争いと復讐劇は予測できないほどに複雑に絡みあっていく。

★『グランド・マスター』のスタッフ
監督:ウォン・カーウァイ
脚本:ウォン・カーウァイ
撮影:フィリップ・ル・スール
音楽:梅林茂、ナサニエル・メカリー

★『グランド・マスター』のキャスト
トニー・レオン、チャン・ツィイー、チャン・チェン、マックス・チャン、ワン・チンシアン

★『グランド・マスター』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.9???3.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『グランド・マスター』の感想

●『グランド・マスター』シネマトゥデイ  
本作を観るまでは、ウォン・カーウァイ映画はどれも美的な面では掛け値なしに素晴らしいけれど劇中の情動や機微が何ひとつピンと来ないというのが欠点…と思っていたのだが、これは個人的に琴線に触れる大好きな物語だった。トニー・レオンの黒い飴玉のような瞳も、白薔薇のチャン・チェンも良かったけど、これは間違いなくチャン・ツィイーの映画。圧倒的な存在感とキャラクター的な魅力が映画の全てを牽引する。俳優あっての作品でした。
●『グランド・マスター』BILIBILI  
ビジュアルのとおり、ウォン・カーワァイ監督のまさかのカンフー映画。中国の北部と南部のカンフーの交流と興亡を伝記映画として描きます。戦いは本気度マックスの激しいジェットリー映画とは違い、姿勢の整ったお手本のようなビシっと決まったカンフーです。中国お得意のワイヤーアクションを交えつつも、様式美を大切にしている感じ。高速に走り抜ける列車の間際で格闘するシーンなど、サスペンスもじゅうぶん。なかなかの良作です。
●『グランド・マスター』TOHOシネマズ
結構個性の強い作品である。アクションシーンもスローモーションやカットを多用しており、ブルース・リーやジャッキー的な「俳優の身体能力・スタントを楽しみにする」というエンタメ一直線なスタイルではないため、アクション映画として方向性が異なる点は留意が必要だろう。物語の始まりは南北の武術の統合がテーマであり、舞台となる妓楼では武術家たちが歓談と格闘を行ない、華やかさと武骨さが巧みに同居しているのが気に入った。