ワイルド・ルーザー(2013)

極限のスピードで切り開け

映画『ワイルド・ルーザー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画だけでなく批評やレビューも掲載。
今すぐ『ワイルド・ルーザー』を見るなら動画リンクをチェック。

ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニといったヨーロッパの高級スポーツカーで繰り広げられるストリートレースを描いたスペイン製レース映画。スピードで運命をどこまで切り開くことができるのか。観客を巻き込んだ事故を起こしたため、競技レーサーとしての資格をはく奪されたミゲル。レースの世界からは距離ができてしまい、心に空白ができる。新たな生きる目的を探していた彼の前に、ミステリアスな美女アリが現れ、ミケルは心を奪われる。アリは、窃盗グループのリーダーでストリートレースの凄腕レーサーでもあるナバスの恋人で、アリを通じて違法レースの世界に魅せられたミケルは、新しい世界に気づく。アリを振り向かせ、新たな生きる道を見出すために決死のストリートレースに挑む。

原題:Combustion / スペイン(2013年) / 日本公開:2014年5月17日 / 104分 / 制作: / 配給:ブロードメディア・スタジオ

映画『ワイルド・ルーザー』予告編

(C)ZetaCinema S.L.Antena3 Films, S.L.U

動画
▼動画リンク▼

VOD1【U-NEXT

VOD2【Hulu

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『ワイルド・ルーザー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

白熱の迫力で手に汗握る勝負を描くアクションはそれだけで見ごたえがあります。そんなアクロバティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。ネット配信はメリットも多数。店に行く必要もなく、貸し借りの煩雑な作業もないので、ノーストレス。あまりにも気軽に見れるので、普段は見ないマイナー作品にも手を出しやすいです。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と好きに鑑賞可能。

「費用の負担は抑えたい…」と考えているなら、特定の期日まで無料となるトライアルで、あなたの財布のお金を減らしません。「ねえねえ、映画を無料で観られる方法って知っている?」「そんなのあるわけないじゃん」「実はね…」こんな秘密の裏技でもない、正々堂々の方法が無料お試しという選択肢です。「ニコニコ動画とは大きな違いはあるの?」そんな疑問にもお答えすると、このサービスはオフィシャルなコンテンツだけを公式提供で配信するものなので、誰でも投稿できるサイトのような乱雑さは無し。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。広告というのはサイトの運営に必要で、それがなくなると維持することもできなくなってしまいますから、一概に排除はできません。ただし、それが不正広告なら話は別。個人の重要情報を勝手に奪い取るような身勝手極まりないものは論外です。そのようなよろしくないサイトで流通する動画は、正規の映画本編ではないフェイクやダミーの場合もあります。

「え、あの作品もこの作品も配信されているの? だったらやるしかない!」知れば知るほど迷いは消えていきます。ただし、すんなり登録して動画鑑賞で大満足!というシンプルな着地をさせてくれないVOD。その前の準備運動ならぬ配信動画の特定作業が必要です。「ワイルド・ルーザー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サジェスト機能のように「これで見れますよ」とご案内するこのページは利便性抜群。補足的な作品情報も後半にギッシリ掲載されていますが、単に配信VODを確認するだけの用途で利用することができます。必ずどんな作品でも同じVODを推薦してくるサイトもあり、それは量産型の方法でページが作られています。一方、こちらは全部がオリジナルで個別対応。「え~、なんか今は登録とかする気分じゃない」それでもOK。現時点での配信チェックをして目途をつけておくだけでも良いですし、また登録時に再確認すればいいです。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ワイルド・ルーザー」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。理由もわからずイライラしてしまいがちですが、落ち着いて消去法でひとつひとつ対処です。まずは、無線LANから有線LANに接続して速度が改善するか確認。それで良くなったら無線環境が悪い証拠です。それでも良くならないならルーター自体が古いか、設定の問題かもしれません。

バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「誕生日」「辞書に載っている単語」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「ワイルド・ルーザー」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『ワイルド・ルーザー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ワイルド・ルーザー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ダニエル・カルパルソロ
撮影:ダニエル・アラーニョ
音楽:カルロス・ジーン

★キャスト
アレックス・ゴンザレス、アドリアーナ・ウガルテ、アルベルト・アンマン

★『ワイルド・ルーザー』の評価

IMDbRTMETA
5.8??%??
映画comY!FM
2.1???2.5
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ワイルド・ルーザー』の感想

●FILMAGA 
美男美女がでてきてカーアクションするというお約束のやつ。主人公が強盗団の女なのか、元レーサーの男なのかはっきりせず、彼らの行動も優柔不断で全く筋がないのが、まさにこのジャンルらしい要素。とりあえずカッコいい感じでテンションあげていこうぜ!というノリがよく伝わってくる。元レーサーの男が婚約していた宝石商の女が一番の被害者な気もするが、そこに対する救済なんて考えないのが、こいつらのおもてなし精神なのである。
●シネマトゥデイ
スペインだったのか、作っているの。カーレース的なアクション映画といえば、アメリカ、フランス、イタリアといろいろなとこが作っているけど、流行っているのかな。その点、日本は広くて長いコースがないから、まず撮影もできないし、厳しいんですよね。イニシャルなんとかも実写化はきつそうだし。車を自由に走らせるってフリーダムな企画が通るのも、国によって格差があるのだなと痛感する毎日。そして、今日も交通ルールを守るのです。
●TOHOシネマズ 
ストリートレースを題材にしているがカーアクションは最小限におさえられている。大作映画の派手さはないのでそこに期待してはいけない。聴衆にエキサイティングなレースカー・スリル・ライドを与えることを超えて、ダニエル・カルパソーロ監督は、聴衆をリードキャラクターに関連させて、同時にそれを嫌うように、十分なひねりを加えました。私は外国映画、ハリウッドの方法よりも私に印象を与えることができるものが大好きです。
●SHAREVIDEOS 
このエキサイティングな映画には、スリル、騒がしいアクション、陰謀、壮大なカーレース、三角ラブストーリーが収録されています。この映画が私の期待を吹き飛ばしたと言わなければならない。ここで起こっていることはすべて私が驚いて、私が期待していなかったすべての紆余曲折でした。誰がこれは高速かつ激怒の安価な複製であると言うが死んで間違っている。豪華な車やレースがあることに加えて、シンプルなシナリオが引き立てている。