雨女(2016)

恐怖の雨が降り注ぐ

映画『雨女』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画を見た後は作品をさらに深掘り。
今すぐ『雨女』を見るなら動画リンクをチェック。

日本を代表するホラー映画監督として知られる清水崇が、体感型上映システム「4DX」専用に手がけたホラーエンタテインメント。プロデューサーは田中雄之と山田周。雨の日の夜になると、必ずと言っていいほど同じ夢を見る理佳。それは何かを暗示しているのか。その夢では、大雨の中、踏切で電車が過ぎるのを待つ幼い少女の目の前で、女の子を抱きかかえた黒い服の女が電車に轢かれてしまう。無残な死を目の前に突きつけられるのは良い気持ちがしないのは当然。そんな夢を見続け、さらに現実でも恋人との煮え切らない関係に憂うつな気持ちになっていた理佳は、母親の命日に帰省することになるのだが…。

原題:雨女 / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年6月4日 /  / 制作: / 配給:ユナイテッド・シネマ

映画『雨女』予告編

(C)2016「雨女」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『雨女』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使いやすさは抜群!
いつもの日常から少し離れて怖い体験をしたいときに役に立つのが映画であり、それを見やすいのが動画配信サービスなので、どんどん利用できないか検討してみましょう。よくありがちなのがパッケージディスクを手にしてしまったあとに配信に気づくパターンです。それだといろいろな苦労が無駄になってしまうので、時間を有効に使いたいならば、ネット配信をチェックするだけでも大事。ちょっとした手間暇なのでぜひとも目を向けましょう。

「無料」より安いものなし!
さらなる笑顔情報も。関心を持った人の心をグサッと射止めるサービス精神の矢…それが無料体験特典なのです。サービスによっては常設の基本ルールだったり、一時的なキャンペーンだったりと、内容や条件に幅があるので注意ですが、どれであっても原則的に初心者優遇だという事実は同じ。「無料で動画を見られる期間もいつのまにか終わったら嫌だな」そんな不安は払拭できます。期間の終わりがアナウンスされないことはなく、メール通知もあるので、動画に夢中でも安心です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「雨女」の再生はダメです。常にあらゆる手段を悪用してきますが、最近だとビットコインなど仮想通貨で寄付のようにお金の支払いをさりげなく求めてくるものもあり、一度その手にのっかると個人情報を引っこ抜かれ、延々と不正利用のリスクに晒され、落ち着かない怖い状態になります。法律的な問題性を説教されるよりも、こうした身に降りかかる危険の周知の方が行動を変える動機になるでしょう。

使うべきはどれ?
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。注目してください。いきなり何か。それは動画洪水警報です。なにせ動画量は尋常ではなく、普通に漁っていると日が暮れてしまいます。そこで何かしらの支援があると便利なのですが。「雨女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩みは放置していると肉体に心理的ストレスを蓄積して良くありません。フルムビバースでスッキリしてください。視聴可能な変化するVODをアイコンで表示。これは執筆時の情報投げっぱなしではなく更新もします。「何度もリンクをクリックしても全然違うサイトに飛ばされるのだけど…」そんなアクセス稼ぎサイトと違って、フルムビバースは誘導無しの適切な客観的紹介に専念しています。サブスクリプション方式がどうしても嫌だという人はディスク購入するしかないですが、DVDもいつかは壊れるものです。

家族にバレない?
家族でVODをシェアしながら仲良く満喫するのも良い気分ですが、その際に問題になるのは「使い分けできるのか?」という課題。視聴履歴は見られたくない、子どもに見せたくない映画がある、使い過ぎに気をつけさせたい…そんな悩みにもファミリーアカウント機能でバッチリお答え。R指定や成人作品もコンテンツ・フィルタリングでスッキリ消去。視聴した作品が他者に知られないようにプライベート領域を持てます。同時に別場所で別作品を鑑賞可能。気になる人はこの機能を持つVODを最優先にすべきです。

広告ブロックに気をつけて
何事もなく動画が視聴できれば万々歳ですが、見たいと思ったときに予想外のトラブルにてんやわんやすることもあります。稀に起こる現象といえば、「ポップアップのブロック」が見境なく突発する事態です。これはブラウザによるエラーなのですが、根本的な原因は拡張機能などで導入されている広告ブロックツール。本来は広告を排除するものですが、サイト動作に必要なプログラムまで妨害するという致命的問題がレアケースで報告されています。「雨女」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「雨女」を観終わって解約するのもアリ。ときおりニュースで別業界商品での解約トラブルが報じられますし、警戒しておくのも正しい対応です。でもVODの退会システムはシンプルで実質アカウント削除と同じものなので、極端な煩雑さはゼロ。専用の解約ページにいき、数クリックの手順を踏むだけで完了します。本当に大丈夫かと不安になるならば実際にそのページにアクセスして実在するか確かめるといいでしょう。脳内整理しておけばいざという時にもすぐに終わらせることが可能です。準備は抜かりなく。

表現規制を避けるなら
動画にあるモザイクを消せますかという質問がごくまれに寄せられることはありますが、それは提供先が配慮したものであるのならば、原則的に規制を除去することはできません。その規制があるからこそ動画が公開されているのです。しかし、極力規制の少ないかたちでの視聴はできます。そのためにはテレビではなくVODをチョイスするしかありません。TV業界は自主規制が激しい(誰でも見れるので)ですが、VODはユーザーを選択できるのでその考慮に対応しやすいのが規制低減の後押しとなっているのです。「雨女」も規制なしでどうぞ。

『雨女』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『雨女』をさらに知る

★スタッフ
監督:清水崇
脚本:清水崇
撮影:ふじもと光明
音楽:遠藤浩二

★キャスト
清野菜名、栁俊太郎、高橋ユウ、みやべほの、奈緒、田口トモロヲ

★『雨女』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.3???2.5
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『雨女』の感想

●FILMAGA
映画館での4DXは初めてでビックリしました。怖い中にもほっこり暖かくなる部分があったり、考えさせられたり、リピってしまいました。それにしても4DXというもの自体をよく理解せずに映画を見に来た人もいてどうなってるのでしょうかね。「雨女」ってタイトルなんだから、そりゃあアメ降りますよ。水、落ちてきますよ。どしゃぶりでズブヌレですよ。予想しようよ。そんな映画一般利用者にショックを与えた映画といえるのかな。
●シネマトゥデイ 
展開と演出の具合が絶妙です。降り注ぐ雨は勿論のこと、滴り落ちる血や踏み切りの緊迫感等々、これでもかという恐怖体験に翻弄されること請け合い。ただそれとは別に、謎めいた恐怖の正体は、意外にもしっかりとした背景があって、短い中にも和製ホラー特有の悲哀をしっかりと感じることも出来るのが印象的です。上映時間も40分とかなり短めなので、怖いのが苦手な方も大丈夫かな? それでも怖いは怖いのですけど。雰囲気の問題です。
●DAILYMOTION
これ、見た人はどう思うのかな。でも、長編だと勘違いしている人がいるみたいですね。そこは自己責任です。あと4DXといっても乗り物感はないのでそこは期待しないでください。唯一驚いたのは冒頭で若干嫌悪感すら感じる真後ろの女客共の叫び声だったというオチ。いや~、ホラーはいつもリアルのほうがドラマがあるのが面白い。この手のホラーは体感型の相性の良さもあって、今後さらに作られていくのかもしれませんが、人気は…。
●MOVIX
カメラとか主人公の目線の動きに座席が連動して恐怖を煽るという斬新さ。こんなに動いてくる能動的な恐怖も珍しい。なので映画ではない。完璧にお化け屋敷。ストーリー35分は、やはり短すぎて伏線回収出来ず投げっぱなし感がハンパ無い気がしますが、作り手もこんな時間じゃ無理だと思ったのだろう。最初から捨てている。清野菜名という鑑賞目的があれば、それでもノープロブレム。私には最強のモチベーションがついているのだった。