遊星からの物体X ファーストコンタクト

恐ろしい存在と初めて接触するときがきた

映画『遊星からの物体X ファーストコンタクト』のフル動画を無料視聴する方法を網羅的な整理をしながら、ベストをレコメンド中。
今すぐ『遊星からの物体X ファーストコンタクト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Thing / アメリカ(2011年) / 日本公開:2012年8月4日 / 103分 / 制作:Strike Entertainment / 配給:ポニーキャニオン

映画『遊星からの物体X ファーストコンタクト』予告編

(C)2011 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『遊星からの物体X ファーストコンタクト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ネット動画でゾクゾク!
平凡な日常が一瞬にして恐怖に変わるホラーはそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なので利用するのに敷居は低く、初心者でも簡単にスタートできます。もちろん店に行く必要もなく、貸し借りの煩雑な作業もないので、自由自在。スマホ、パソコン、タブレット、テレビ、ゲーム機器と好きなように自分に合った視聴を選べるのも支持される理由です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今すぐお金を工面できないし…」とモヤモヤしているなら、フリー体験で最初の導入を助けてくれるので初めは安心です。いそいそとお金を用意する前にまずはお試しを忘れずに。無料です。「へ~こういう作品動画があるのか~これもいいな」という試着気分で体感できるので失望するリスクは最小限に。「最初の10分だけが無料という残念なやつでは?」そんなもったいぶるようなことはしません。配信されているのは冒頭数分でも予告動画でもない、正真正銘の映画本編であり、フル動画なので大丈夫です。「遊星からの物体X ファーストコンタクト」もアリ。

その動画には裏がある?!
なお、巷に溢れる憂慮されているイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「遊星からの物体X ファーストコンタクト」の鑑賞はダメです。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」と。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので関わらないようにしましょう。口を酸っぱくして忠告してもその親切心は無下に扱われてなかなか届かないものですが、被害を受けた時にはご愁傷様ですとしか言えません。

これに決めた!
「関心を持っている映画があちらこちらにあるので前から気になってたのよね」それならばもう気に悩むことはないです。しかし、世の中にはあまりにも映画が多すぎるのが曲者となってしまい、配信状態はまるで為替相場のようにめまぐるしく変化して、目が追い付かないほどです。「遊星からの物体X ファーストコンタクト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「もっと簡単に今の配信中のVODがわかる一覧ページを用意できないか」と考えて作られたのが、この今あなたが見ているコレです。アイコンを視認するだけなのでラクチン。単にVODのリンクを掲載しているだけでなく、視聴可能性の高いものを事前に確認できる二段階ステップを用意しているのが大きな特色です。既存の無料ホームシアター的な体験をさらなるグレードアップさせる、圧倒的なフルサービス体制があるオンライン無料動画のオフィシャル体験ができる機会です。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。映画館だと必ず発生する「字幕派or吹替派」問題ですが、VODは基本的には用意されているなら、両方とも利用できることが多いです。意外な活用方法が英語字幕の利用であり、これを用いて外国語レッスンの教科書代わりに使っている人も。流し聴きしているだけで英語に耳が慣れます。「遊星からの物体X ファーストコンタクト」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、考え方が変わって登録した月の最終日でおしまいですというものも。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「メアリー・エリザベス・ウィンステッド」を雑に流してしまいかねないのです。要するに何か無駄にしたくないのならばあなたは考えるべきです。どの動画を見たいのかを。まずは見てみたい作品を上位10作くらい挙げてみましょう。

表現規制を避けるなら
映像提供媒体というのは誰にそれを見せるのかという問題が論点になってきます。知っている人も多いと思いますが、年齢対象によっては作品ごとに規制が入りますが、具体的には動画内のカットや編集処理が追加されることもあります。また放送の場合は少し尺を縮めるためにフルではないかもしれません。しかし、これで大満足する人は普通はいません。本心は全部を見たいはずです。VODはその配信動画に手を加えませんので、フルコンテンツで楽しめ、作品の素を堪能できることをバッチリお約束できます。「遊星からの物体X ファーストコンタクト」も無規制で。

その動画サイトは使える?
「遊星からの物体X ファーストコンタクト」を完全に無料で見る合法的方法を見つけたいなら、動画サイトの選別は失敗してはいけません。ヨーロッパ発の動画共有サイト「dailymotion」、マニアなユーザーを獲得する「Pandora」、中華コミュニティも絶大な「Miomio」「BiliBili」、リンクシュアに特化した「openload」。こういうタイプのものを紹介する情報サイトを見かけるかもしれませんが、それは信用すべきではないです。なぜならこれらは違法性がかなり高く、自己責任をいくら忠告しようとそれらを紹介すれば明確な違法誘導。リンクは無視すべきです。

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月23日時点での『遊星からの物体X ファーストコンタクト』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『遊星からの物体X ファーストコンタクト』をさらに知る

ハワード・ホークス製作の『遊星よりの物体X』、ジョン・カーペンター監督の『遊星からの物体X』と2度にわたり映画化されたジョン・W・キャンベル・Jr.の短編小説「影が行く」の3度目の映画化作で、カーペンター版の前日譚となる物語。製作総指揮はJ・マイルズ・デイル、デビッド・フォスター、ローレンス・ターマン、ガブリエル・ネイマンド。南極大陸の氷の中で太古の生命体が発見されるが、それは危険極まりない存在であることを誰も知らない。人間の体内に侵入して人間になりすまし、自らの生存のため人間同士を戦わせる性質をもった宇宙生命体だったことで、緊迫した状態になる。敵は誰なのか。考古学者のケイトと調査隊の隊員たちは、顔なじみの仲間を信じられなくなり、誰が乗っ取られているのかもわからない状況に疑心をつのらせていくなか、生命体に襲われていく。

★スタッフ
監督:マティス・バン・ヘイニンゲン・Jr.
脚本:エリック・ハイセラー
撮影:ミシェル・アブラモビッチ
音楽:マルコ・ベルトラミ

★キャスト
メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョエル・エドガートン、アドウェール・アキノエ=アグバエ、ウルリッヒ・トムセン、トロンド・エスペン・サイム、エリック・クリスチャン・オルセン、カーステン・ビョーンルンド、ヤン・ガンナー・ロイズ

★『遊星からの物体X ファーストコンタクト』の評価

IMDbRTMETA
6.235%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『遊星からの物体X ファーストコンタクト』の感想

●映画無料夢心地
続編ではなく、「物体X」の前日の話。なので、この映画の終わりはちゃんと物体Xの冒頭に繋がってます。やっぱりクリーチャーの造形は最高ですね。時代が過ぎてCGを使った迫力あるグロいクリーチャーの映像は気持ち悪いの極み。テクノロジーの発展はこういうビジュアル的恐怖に大きくプラスしてくるのでいいですね。その代わり、だんだんと映像慣れもしてくるので、次を驚かせるのが難しくなるのは欠点ですけど。時代が進むとチープに見えるし…。
●TOHOシネマズ  
一作目を見てませんが普通に楽しめました。それもそのはず、前日譚なんですね。南極で謎の構造物と氷塊に閉じ込められた未知の生命体を発見し、調査する事に。だが、調査のために取り出されたエイリアンは眠りから目を覚まし、襲った相手に擬態し増殖する為にどんどん人間を襲って行くという話。どこの誰の体に侵入したか分からなくて、隊員同士が疑心暗鬼に陥っていく恐怖、緊張感があって物語が進むにつれどんどん引き込まれました。
●DAILYMOTION  
1982年版「遊星からの物体X」の前日譚。氷塊に閉じ込められた未確認生命体を発見したノルウェー南極観測隊が体験する未曾有の恐怖を描いた作品。前作より30年進んだVFXの出来は言うまでもなく素晴らしいはずなのに、前作でやり尽くしたグロVFXを超えるのは障がいも多かったのだろう。キャストの数の多さも然る事ながら、顔と名前が一致する前に次から次へと餌食に。前作のラストに繋げるには基地での生存者ゼロが必須条件だし、こうなるよね。