二重生活(2016)

見てしまった、知らないあの人

映画『二重生活』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『二重生活』を見るなら動画リンクをチェック。

直木賞作家・小池真理子の同名小説を、ドラマ「ラジオ」で文化庁芸術祭大賞を受賞するなど、数多くのドラマやテレビ番組を手がける岸善幸の劇場デビュー作として映画化。エグゼクティブプロデューサーは河村光庸、プロデューサーは杉田浩光、佐藤順子、富田朋子。大学院生が近所に住む既婚男性を尾行することで、他人の秘密を知ることに興奮を覚えていく。大学院の哲学科に通う珠は、担当教授のすすめから、ある行為に集中していくことになる。それはひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する「哲学的尾行」を実践することで、少し世間的には一線を超えるようなものだった。最初は尾行という行為に戸惑いを感じる珠だったが、たまたま近所に住む石坂の姿を目にし、石坂の姿を追うことで、それは始まる。一軒家に美しい妻と娘と暮らす石坂を、珠が尾行する日々が始まった。

原題:二重生活 / 製作:日本(2015年) / 日本公開:2016年6月25日 / 126分 / 制作: / 配給:スターサンズ

『二重生活』予告編

(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Paravi ▼Paravi(登録月無料)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『二重生活』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

社会に潜む影を見る!
人間の内側に潜む欲望や嫉妬が全て表面に現れていくようなストレートな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらも非常に便利ですが、使用感覚が異なるの事前にしっかり下調べしておきましょう。

「無料」を嫌う人はいない!
さあ、本番はここからです。初めての新参者には無料トライアルがゲットできるという1度きりのチャンスがあるのです。登録という記念すべきファースト・デイがあると思いますが、それを起点に特定の期間まで、あらゆる機能を含めて基本は制限もなくそのサービスも体験できるもので、欠点もなし。「そうはいっても好きな時に退会できないと意味ない…」その心配も大丈夫。登録したら解約不可能みたいな悪質なカルト勧誘っぽいことは断じてありません。あなたの自由意思でその場ですぐに止められます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「二重生活」の再生はダメです。怖い話は山ほどありますが、フィッシング詐欺サイトへの誘導を目的とした手口にも使われており、迂闊に個人情報を入力するなどは絶対にしてはいけません。何かしらの通販サイトを装うものもあるので、それが正式に存在するサイトか確認しないと地獄を見ます。口を酸っぱくして忠告してもなかなか届かないものですが、被害を受けた時にはご愁傷様ですとしか言えません。

これに決めた!
「あ~、映画館であの作品を見逃がしちゃったからな~」そう思っている時の助け舟。新作だっていつかはちゃんと配信されます。嬉しい悲鳴にはなりますが、VODを展開する会社の数がとにかく豊富。つまり、どれがどれを配信しているのかが状況混雑しすぎているので、整理が一向に全然追い付きません。「二重生活」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サポート向けに作られたこのページでは視聴可能性の高いVODをピックアップ。掲載情報がゴチャゴチャしていることはなく、アイコンですぐにわかるようになっているので、無駄な時間を浪費しません。世の中にはサイトなど何億何兆とありますが、このフルムビバースは安全かつ対等な動画紹介に特化しており、どんなユーザーも不正広告等には導いたりはしません。なかなか新しい未知のコンテンツに手を出すのは勇気がいるかもしれませんが、利用を助けてくれる情報はネットに溢れているので怖がらなくて大丈夫です。

配信はいつ終わる?
無限に配信され続けていればいつでも見れるので最高な状態なのですが、VODはストリーミング権などの問題から永遠を保障はしてくれません。いつかは配信が終わって消えてしまうので、観れるときに観るというのが鉄則になってきます。その終了日はサイト上で明示されていることもありますが、なかなか見つけづらいので、気づいてすらいない人も多め。やはり当日のチェックが最重要となってきます。「二重生活」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

パスワードは大事
バリエーショナルなVODは魅惑的ですが、その利益を享受する前にアカウント作成しないといけません。そして絶対に決めることになるのがパスワード。あなたは毎回深く考えにパスを決定していませんか。それだと最悪な事態になるかもしれません。アカウント乗っ取りのたいていの原因は、粗雑なパスワードが理由であり、使い回しをしていた人も多いです。まさか誕生日などを使っている人はいないと思いますが、辞書に載っている単語すらもダメです。独自の羅列にしましょう。安全な「二重生活」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料動画サイトとの違い
ネットが産声をあげて動画というコンテンツで私たちの日常を支配し始めた時期。その頃から業界の先陣で頑張ってきたのは動画共有サイトです。しかし、その膨大な動画の山もすっかり課題ばかりが手づかずで放置されるようになっていきました。ユーチューバーで埋め尽くされた状態は嫌だという人もいるはず。また、再生して見れば取るに足らないテキストだけのガッカリ動画というのも頻繁に存在します。そこでVODは新しい時代の上位版動画サイトです。既存の欠点を克服した、「二重生活」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「二重生活」を1度だけで満喫できたと思えますか? まさか途中までしか見ていないという人はいないと思いますが、全部観ても意外な見逃しがあるものです。伏線は至る所にあり、オチを知ってから見ると違った印象になることも。映画は噛めば噛むほど味が出るガムになる場合もあるのです。かといって映画館は複数鑑賞のコストがバカになりません。数千円のお金がサイフから消えるのは嫌です。そこでVOD。たった数百円の料金であらゆる映画を何十回と視聴できます。

『二重生活』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月2日時点での『二重生活』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Paravi」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『二重生活』をさらに知る

★スタッフ
監督:岸善幸
脚本:岸善幸
撮影:夏海光造
音楽:岩代太郎

★キャスト
門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、河井青葉、篠原ゆき子

★『二重生活』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『二重生活』の感想

●無料ホームシアター 
門脇さん、長谷川さん、リリーさん。それぞれの持ち味が生かされた役に気付いたら引き込まれていました。ストーリーなどなにも期待していなかったのが良かったのかな。久しぶりにいい映画を見たなぁという感じです。すごく色々考えさせられるけど、見終わった今不思議と納得&スッキリした気分に。最後の横断歩道のシーンは「え?」てなったけど私の中では門脇さんの妄想てことで処理されました。
●FILMAGA
駅でさりげなく元彼と行き違うのはなにか意味あるのかな? あと長谷川さんと門脇さんがラブホから出てきたところを見てたのは結局誰??やっぱりリリーさんかな。映像もすごく好みでした。ストーリーの先がわかると思いながら、それでも最後まで飽きずに見てしまったのは、まさにこの映画のパワーでした。長谷川博己さんにもう一頑張りして欲しかったところなのかもしれませんが、構成として門脇麦さん一点に目が行くのは仕方ない気もします。
●BILIBILI
BGMもひっそりした感じで内容に合っていて。静か〜な感じなんだけど、尾行とかベッドシーンとか、意外とやってること大胆で。2時間少しと長い映画なんですが、スリリングで飽きずにずっと観ていられました。実は門脇麦ちゃんの出ている映画は初めて観たのですが彼女が出ている作品をもっと観てみたいなと思わされました。門脇麦、菅田将暉、長谷川博己、リリーフランキー、それぞれが本当に色気があり個性があり私はすごく好きな作品でした。
●MOVIX
これはトリッキーで一筋縄ではいかぬ作品を観てしまった。工夫を凝らしながらそこへ上手い具合にアイディアがぶち込まれていき、人間の魅せぬ裏側を見せていく上手いテクニック。これを輝かせるのも役者のパワーなのだろう。すっかりこちらもハマってしまった。観られているのか、観ているのか。それは観客も同じだ。安心して席に座っているなら油断するなかれ。もうあなたは監視されているのだから。