ボルト(2008)

自分だけのパワーは誰にでもある

映画『ボルト』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画鑑賞で終わらず、さらなる楽しみも。
今すぐ『ボルト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Bolt / アメリカ(2008年) / 日本公開:2009年8月1日 / 96分 / 制作:Walt Disney Animation Studios / 配給:ディズニー

Bolt – Official® Trailer 2 [HD]

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

動画
▼『ボルト』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【×】

VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『ボルト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

世界の子どもから大人までを夢中にさせてしまうディズニーのマジックはそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなアニメーション映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。なかなか見放題というのはディズニー系の作品では難しいかもしれませんが、ネット配信で単体ごとにレンタルしたり、購入したりすることは可能なこともあります。事前にしっかり下調べしておけば損を減らせます。

「お金が消える…」とドヨヨーンと沈んでいるなら、気持ちを再起動しましょう。トライアルは無料ですのでその間は見るのもタダなのです。サービスによっては常設の基本ルールだったり、一時的なキャンペーンだったりと、内容や条件に幅があるので注意ですが、どれであっても原則的に初心者優遇だという事実は同じ。「無料といっても期間が短時間なら意味はない」と心をソワソワしなくても大丈夫。動画を見るうえでも必要である時間以上に、それこそ何作も見られるほどの日にちの余裕があるので吟味可能です。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。最近ではブラウザ側で動画内広告を規制する動きも進んでいますが、たいていの不正サイトはその業界自主制限を回避するずる賢さを持っています。結局のところ大損するのは動画視聴者です。もはや動画の安全性は限られた空間でしか確保されないと考えるべきです。リターンがあるのは公正なサービスの方です。これは優等生的な真面目な対応を促しているのではなく、損得の話でも当然です。

「早く配信にならないかな~」と待っているあなたに朗報。待ちに待った情報をゲットしてお試しにダイブです。あなたはどれだけ多くの企業がVODに参入しているか知っていますか? 片手で数えることはできません。今なお展開は増加しており、その全体図を把握するのは専門家でも至難の技。「ボルト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。かといって手間暇をかけたくもないはず。なるべく作業手順は手短に。そこでこのページ。VODがアイコンでワンページで確認可能。アイコン無しの場合は未配信状態である可能性高めというサインになっています。同類な動画紹介サイトは他にもありますが、ファクト重視のフルムビバースは勝手にVOD紹介を制限せず、全部を等しく掲載。配信の変わり映えっぷりは思っている以上に凄まじく、一挙に数十作品が配信停止になってしまうこともあり、見逃すと大きな痛手です。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「ボルト」の面白さの発見につながるかもしれません。

家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「見せたくない作品があるのだけど使い分けできるのかな?」という諸事情への配慮。例えば小さいお子さんには視聴は適切ではない作品もあるでしょうし、完全な大人向け作品であればコンテンツのサムネイル一覧に並んでいるのも不適切です。また、自分の視聴履歴が他人に見られるのは不快だという人もいます。VODの中には同一料金でアカウント分けができるという親切機能を備えたものもあるので、揉め事を回避して平穏に共有することができます。

『ボルト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ボルト』をさらに知る

フィクションの設定だと気づかず本当にスーパーパワーがあると信じているハリウッドのスター犬の冒険を描いたディズニーの3DCGアニメーション。『ボルト』の製作総指揮はジョン・ラセター、製作はクラーク・スペンサー。人気子役のペニーに引き取られ、撮影スタジオで育ったボルトは、“スーパーパワーでペニーを守る”というTVの設定を現実だと信じ込み、自信満々で自分の功績を自画自賛し、毎日必死でペニーを守る日々を過ごしていた。それは虚像だと知るわけもない。ある日、TVの中でペニーが悪役にさらわれ、ボルトはペニーを救出するためスタジオを飛び出すが…。

★『ボルト』のスタッフ
監督:クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード
製作総指揮:ジョン・ラセター
脚本:ダン・フォーゲルマン、クリス・ウィリアムズ
音楽:ジョン・パウエル

★『ボルト』のキャスト
ジョン・トラボルタ、マイリー・サイラス、スージー・エスマン、マーク・ウォルトン、マルコム・マクダウェル

★『ボルト』の評価

IMDbRTMETA
6.989%??
映画comY!FM
3.7???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ボルト』の感想

●『ボルト』無料ホームシアター
面白い! ストーリーは単純明快でありきたりだが、個性あふれるキャラクターが、とても良い脚色になっている。まずボルト、撮影所で、自分のことをスーパーヒーロー犬だと思いこむように育てられた犬。アクシデントで、外に出てしまい、撮影所に戻れなくなる。もちろん現実にはスーパーヒーロー犬ではないので、勘違いからいろんなトラブルを起こし、だんだん自分でも、スーパーヒーロー犬でなかったことに気づき始める。ユニークな一作だ。
●『ボルト』シネマトゥデイ  
自分の知っている世界が常に正しいとは限らない。常識さえも間違っているかもしれない。こういうことって、まったくの作り話でもなくて、現実社会でもあるような気がした。ディズニー映画なのですが、そのアイディアといい、どことなく従来の王道さを捨てて、トリッキーなストーリーで攻めていこうという挑戦心が見えてくる。なのでこれからどうなるのとハラハラドキドキしながら見守れるので、今までにない新しさを体験できると思います。
●『ボルト』イオンシネマ 
最後には心温まるそれでいてほろっとさせる最高の映画だと思います。自分は悪者を倒す飼い主を強力に補佐する、超能力をもつスーパー犬、ところがそれはテレビ番組の中でのこと、ということを全く気づいていない、という主人公の犬ボルトのシチュエーションが、すべてがテレビの中の人生という男を主人公にしたジム・キャリー主演の私個人的に大好きだった映画「トゥルーマン・ショー」とほとんど同じというところから面白く見ることができた。
●『ボルト』CRUNCHYROLL 
まだこのときのディズニーは低迷状態から抜け出せずにいたころです。それでもなんとか事態から脱しようと捻りだしたアイディアをちょうどピクサーとの吸収によってブラッシュアップしたのが今作。CGについてはまだまだ当時の技術発展途上を感じてしまうので、そこで引っかかるとマズいのですが、物語自体はフレッシュでした。単純にあの事実をどう受け止めるかという話ではなく、そこからどう自分らしく生きるかという流れも気持ちいいです。