ルイスと未来泥棒(2007)

不思議な発明が、見たことのない冒険の扉になる

映画『ルイスと未来泥棒』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画鑑賞で終わらず、さらなる楽しみも。
今すぐ『ルイスと未来泥棒』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Meet the Robinsons / アメリカ(2007年) / 日本公開:2007年12月22日 / 102分 / 制作:Walt Disney Animation Studios / 配給:ディズニー

ルイスと未来泥棒 (吹き替え) – 予告編

(C) DISNEY ENTERPRISES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

動画
▼『ルイスと未来泥棒』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【×】

VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『ルイスと未来泥棒』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

独創的な映像と豊かなアニメーション表現で世界中の人々を夢中にさせるディズニー作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを活用するのがオススメ。ディズニー系の映画は少し扱いが限定的で見放題になっていることはほぼないですが、単体ごとにレンタルしたり購入することはネット上でも可能。そのタイプで扱っているサービスを探してみましょう。

「今、いくらだせるかな」そんなことを考えなくてもいいです。トライアルで無料期間があるのでとりあえず気にせずOK。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「アカウントは具体的に何に使うのですか?」その漠然とした問いかけに答えるなら、VODで見た動画などの視聴状況を把握し、支払いを管理するものです。詳しくは各社サイトをご確認ください。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。「被害なんて実際に起こっているの?」と信じない人もいるかもしれません。もちろん統計的な数値として浮かび上がるほどの具体性はないでしょうが、問題は着実にネット社会からリアルを蝕んでいます。被害報告すら上げづらいことも。毎年大勢の人が人知れずに大損害を受けているので、聞き流すことなく、マニュアルだと思ってオフィシャル一択にしましょう。

映画に偏りはなく古いものから新しいものまでオールド&ニューの両得状態で、オンラインな映画ショップは充実しています。あとは登録して視聴するのみと言いたいところでも、悩みの種になるのが配信作品の流動的な把握しづらさ。1年ごとではなく毎週レベルでの変化なので非常に複雑膨大です。「ルイスと未来泥棒」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩みは放置していると肉体に心理的ストレスを蓄積して良くありません。フルムビバースでスッキリしてください。視聴可能な変化するVODをアイコンで表示。これは執筆時の情報投げっぱなしではなく更新もします。重要なのは何よりも情報のフレッシュさ。少しでも新しいほうが良いに決まっていますし、情報更新が適度になされます。VODヴァージンはこれで卒業しましょう。提案されているアイコンの中に未体験のサービスを発見できれば儲けもの。映画といつでも一緒の人生が始まります。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「ルイスと未来泥棒」の面白さの発見につながるかもしれません。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、そういうものだと思って余裕をもって想定しておくしかないです。「ルイスと未来泥棒」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『ルイスと未来泥棒』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ルイスと未来泥棒』をさらに知る

ウィリアム・ジョイスの絵本「ロビンソン一家のゆかいな一日」をアニメーター出身のスティーブン・J・アンダーソン監督がCGアニメとして映画化。『ルイスと未来泥棒』の製作総指揮はウィリアム・ジョイス、ジョン・ラセター、クラーク・スペンサー。孤児院で育てられ、発明に明け暮れる孤独な少年ルイスは、アイディアを形にするのが得意。幼い頃に生き別れた母の面影を思い出そうと、記憶を取り戻す装置“メモリー・スキャナ”を開発する。これで自分の目的は達成できるはず。だが、山高帽をかぶった謎の男にその装置を奪われてしまう…。

★『ルイスと未来泥棒』のスタッフ
監督:スティーブン・J・アンダーソン
脚本:ミシェル・スピッツ、スティーブン・J・アンダーソン、ジョン・バーンスタイン、ネイサン・グレノ、ドン・ホール、ジョー・マテオ、オーリアン・レッドソン
音楽:ダニー・エルフマン、ルーファス・ウェインライト

★『ルイスと未来泥棒』のキャスト
ダニエル・ハンセン、ジョーダン・フライ、ウェズリー・シンガーマン

★『ルイスと未来泥棒』の評価

IMDbRTMETA
6.967%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ルイスと未来泥棒』の感想

●『ルイスと未来泥棒』無料ホームシアター 
ディズニーらしい飽きの来ないようなアクション、ファンタジー、時間軸を超えた謎が盛り込まれた名作だと感じました。この作品は数あるディズニー系列でもあまり見ている人はいないかもしれないが、でもそれはもったいないといえると思います。展開が予想できず、小出しにされてきた情報が終盤で一気に集結して全体像が把握できるので、伏線回収が優秀。なぜかディズニーの中では有名ではない一作ですが、見逃すのはもったいないです。
●『ルイスと未来泥棒』シネマトゥデイ
あまり認知度は低いみたいですが、この作品が伝えているということは非常にまっとう。最後のウォルトディズニーの言葉にうなずきました。「過去は振り返らず前に進み続けよう。私達は好奇心に溢れている」。人はどうしても昔ああしていたらと振り返ってばかりなのですが、それをしてもいいけど、しすぎるのは考えもの。そんな前向きな一歩をこの作品は歩ませてくれるような。こういう考えを真っすぐに提示するのも時には大切なことだ。
●『ルイスと未来泥棒』イオンシネマ
ディズニー作品ではかなりマイナーな気がするけど、1番好きな作品。ディズニーとは思えないほどぶっ飛び、突き抜けた世界観は、あまりディズニーが見慣れない方にも楽しめるほど多くの面でよくできている。ディズニーランドに是非アトラクションを作ってほしい!と思ってしまうような世界観。映像も過去作にはないほどはじけている。未来の友人ウィルバーの家族のシーンがヤバすぎる。たまに観たくなるので忘れられないのでした。
●『ルイスと未来泥棒』CRUNCHYROLL 
極端な未来感とファンタジー感、狂気じみた家族のノリが合わさって面白怖い。ルイスはとても前向きに生きる少年なので、重苦しさがないようだが、実はすごく壮絶。ディズニーなのに日本だと知ってる人は少ないのが残念だけど、この時期のディズニーはかなり落ち目になっていてヤバかったのでしょうがない。それでもこうやって月日が進んで鑑賞者が増えることもあるのだから、未来の技術も捨てたもんじゃないといえるのではないかな。